へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「天空の蜂」< ネタバレ あらすじ > テロリストが遠隔操作でヘリを奪取!中には取り残された子供が!!犯人の目的は?原発の恐怖

 

天空の蜂 [Blu-ray]

 

 

原作 東野圭吾

 

湯原一彰(江口洋介)  赤嶺淳子(仲間由紀恵) 雑賀勲(綾野剛) 

湯原篤子(石橋けい) 佐久間=福井県消防課長(光石研)

今枝=福井県警警備課長(佐藤二朗) 湯原高彦(竹野谷岳=田口翔大=向井理)

三島幸一(本木雅弘)

 

< ネタバレ あらすじ >天空の蜂 原作 東野圭吾

 

軍用ヘリコプター”ビックB”の開発者の1人錦重工業技術者・湯島一彰は納入式の立会いに妻・篤子と息子の高彦を連れて行きました。

”ビックB”は全長34メートル総重量25トン、日本最大のヘリコプターである。

 

高彦(一彰の息子)と山下恵太(技術者の息子)が見学している時に操縦席に誰もいないビックBのエンジンがかかり高彦だけが取り残され空高く舞い上がり福井県敦賀市にある高速増殖原型炉”新陽”の上空でホバリングした。

 

”天空の蜂”と名乗る者からFAXが届く。

ビックBには大量の爆発物を積んでおり燃料がなくなれば稼働中の原子炉建物に墜落する。

日本の原子力発電所をすべて破壊し発電不能にすれば危機を回避できる。

ただし「新陽」だけは停止してはいけない。 

スポンサーリンク
 

ビックBはAFCS(自動飛行制御装置)を搭載しているため事前にプログラムすれば遠隔操作が可能になる。

一彰はビックBを操縦するにはマニュアルモードでの操縦経験とAFCS構造の詳しい知識が必要だと警察に述べました。

 

原子力発電所の技術者達は安全性を否定することになり稼働停止だけは避けなければと考えている。

警察はおそらく予定になかった子供が乗っていることをマスコミを通して発表し”天空の蜂”に直ちにヘリを移動し子供の命を助けるよう呼びかけました。

また科学技術庁原子力局は仮に爆発しても安全装置は何層にも重なっているため大量の放射性物質が放出されることはないと発表しました。

 

新陽の総合設計を担当した三島は、

高速増殖炉の燃料は数千年の原子炉燃料を確保できるため未来のエネルギー機器のためにトライアンドエラーを繰り返す必要があると説明した。

もしビックBが墜落し放射能が漏れると半径250キロに避難勧告を出し数百年捨てなければならない。

消防課長は避難する場所がないなら部下に待機命令など出せないと述べると三島は原子炉格納容器ならジャンボジェット機が直撃しても破壊されないと言いました。

 

新陽を除くすべての原子力発電所を停止させ、

救出者はビックB内部に入ってはいけない、そして生中継することを条件に”天空の蜂”は救出の許可をだしました。

 

高彦がモールス信号を勉強している事を知った一彰はライトでメッセージを送ると高彦は気付きました。

内部に何かあるか聞くと木箱だと返事があり爆発物の可能性があるため必ず助けるから絶対に触るなと送りました。

 

軍用ヘリはビックBの貨物室の入り口の後ろにホバリングして高彦と連絡取るため飛びます。

救出方法を書いたメモをロープの先に付けて発射させ高彦はワイヤーをセットしクレーンを操作させ内部には入れない自衛隊はビックBの貨物室入口まで辿り着きます。

パラシュートで降りるため孝彦が近付いた時、突風に煽られ落下してしまうが自衛隊は空中で高彦に追い付き見事にパラシュートを開き救出に成功しました。

 

”天空の蜂”から停止している原発を破壊しろと連絡があります。

ビックBが墜落した場合、原子炉が破壊されるのを防ぐために犯人が確認できないことで新陽を停止させることを思い付きます。

しかし”天空の蜂”は赤外線カメラを設置しており新陽の温度の図が送ってきたことで、原子炉が止まれば水温が下がり温度差に変化が出ることで停止することが出来なくなります。

 

<  結末・犯人  >

元航空自衛隊の佐竹恭平はビックBの開発プロジェクトにも参加していた1人でありクーデターをぶち上げて国から捨てられ雑賀勲として原子力発電所で働いていた。

警察に追い込まれ家ごと爆破させ逃走をはかるがビックBのコントローラーを持ったまま路上でトラックに轢かれ死んでしまいます。

三島はビックB管理室に入るために記入する管理表を総務課の赤嶺淳子と恋愛関係にあり書き換えるよう頼んでいました。

雑賀の友人が原発の仕事で急性白血病で亡くなり、

原発に関わる仕事をしていた三島の息子は反原発運動している息子から虐められ自殺しました。

ところが自殺してしまった事により今度は原発は必要だと反原発者が酷い虐めに遭っていたのです。

労災がおりずに被害者の会が設立され、そこで三島と雑賀は出会いました。

雑賀はラジコンの技術がありビックBで原発を破壊することを計画し、原発が必要なのか分からなくなった三島は沈黙する群衆に分からせるため計画に乗ります。

 

国の政府は命など考えていない。

原発を停止したように見せかけただけで、どの原発にもある訓練用のシミュレーターの映像を流しただけだった。

現場にいる者達なら簡単に分かることだが誰も本当のことは言わない。

政府は原発政策に影響がでるため決して原発を止めようとはせず人命より電気の方が大事なんだと三島は証明させた。

 

それでも一彰は命をかけて高彦を救出してくれた人達のためにもビックBを墜落させてはならないと思いました。 

エンジンが止まっても電気系統が生きているため雑賀が持っていたコントローラーを持って一彰は軍用ヘリに乗り込みビックBの真下200メートルに位置します。

新陽を停止させ作業員は格納容器に避難するとビックBのエンジンが停止し爆発して落下し始めます。

一彰がコントローラーでビックBの位置を少しだけ変えていたことでギリギリ新陽の横の海に落下しました。

 

新陽を選んだのは放射能が漏れるのを防ぐためである。

総合設計を担当した三島はこれぐらいでは”新陽”は破壊されない事を知っていたのだ。

 

沈黙する群衆に原子炉を忘れさせてはならない。

人類に対して微笑むこともあるが牙をむくこともあるのだと三島は伝えたかったのだ。

刺されてから初めて蜂の恐ろしさを知る。

もし破壊出来るぐらいのダイナマイトを積んでいたら日本の面積の半分は避難勧告が出されるのだ。

 

数年後、

高彦は航空自衛隊で3.11・被災地での救助にあたっていました。

この国に命をかける価値はあるのかと一彰に言われた高彦は”ここにある”と答えました。

 

「危険なビーナス」(東野圭吾) < ネタバレ あらすじ > 複雑な家庭環境で育った伯郎の前に突如現れた女性の正体とは? -

 

「レイクサイドマーダーケース」<ネタバレ・あらすじ>~子供受験のために殺人を隠蔽?~ -