へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 イコライザー 」< ネタバレ あらすじ > 元CIAのホームセンター作業員は人を救うため再び悪を退治する!

 

イコライザー [SPE BEST] [Blu-ray]

 

監督=アントワーン・フークア

 

ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)

テディ(マートン・ソーカス)

アリーナ/テリー(クロエ・グレース・モレッツ)

プーシキン(ウラジミール・クリッチ)

スラヴィ(デヴィッド・ムニエ)

ラルフィー(ジョニー・スカーティス)

 

< ネタバレ あらすじ >

       イコライザー

 

スポンサーリンク
 

ホームセンターの作業員ロバート・マッコールは気さくで優しく誰からも高感度を持たれています。

体型がぽっちゃりで警備員の試験を控えるラルフィーのために時間が空いている時にはトレーナーを務め食事も管理してあげます。

深夜になるとダイナーの端っこの席で本を読むのがマッコールのルーティーンとなっています。客には少女娼婦が多く、仲良くコミュニケーションをとるが彼女たちの心の痛みを感じ取り力になりたいと思っています。

 

ある日、娼婦テリー(本名アリーナ)が寂しそうに話し掛けてきました。

歌手になりたい夢を持つアリーナの顔には殴られた痕がありました。励まされるアリーナは「奥さんに死なれた人をたくさん見た。途方に暮れている目をしている」とマッコールを見て言います。

言葉を交わすうちに友情が芽生えるが殴ってきた客に反撃した事でロシア系マフィアのスラヴィに連れて行かれました。

助けようとするとアリーナは「大丈夫だから」と遮ります。スラヴィから「女と遊びたかったらいつでも」と名刺を受け取ったマッコールは黙って見送ります。

しかしアリーナは激しく暴行され病院のICUに運ばれてしまいました。

助けられなかったと後悔したマッコールはスラヴィがいるアジトに行き9800ドルやるからアリーナを解放しろと要求しました。

スラヴィが受け入れなかったのでマッコールは敵の数と近場に凶器になりそうな物を頭にインプットしどうやって全員を始末するか頭の中でシミュレーションし「16秒だな」と口にします。

そして黙って引き下がろうと相手を油断させ一気に全員を始末するが「19秒」かかりました。

 

元KGBテディはボスのプーシキンに命じられボストンに飛び内通するボストン市警の刑事と合流します。

テディはどこのマフィアも殺しには関与していない事が分かり接点のない者の犯行だと思います。

その頃、マッコールはラルフィーが辞職したので話を聞きに行くと母親の店が汚職刑事にゆすられ借金を抱えた事で店を手伝うために辞めた事を知ります。

マッコールは汚職刑事を半殺しにし「ゆすり取った金はすべて返し謝罪すれば証拠は表に出さない」と要求しました。

ラルフィは無事に試験に合格し警備員となりました。

 

マッコールは事情聴取にやってきたテディが警察なのに名刺も持っていない事を警戒します。

現金で払い予約もしていないのに何故自分が店にいた事が分かったのか質問するとテディは「我々の仕事だから」と言い去っていきました。

テディはマッコールのすべてがひっかかり経歴を調べるが平凡そのものでありデタラメだと疑います。

マッコールはCIAエージェントだったが妻の死から引退し偽りの葬儀まで行われ新しい人生を歩んでいたので今の経歴を調べても正体は分かるはずないのです。

かつての同僚を訪ねるとテディのボスは東海岸を牛耳り資金と政治に力を持つウラジミールだと分かります。

 

マッコールはボストン汚職刑事を拷問しウラジミールのマネーロンダリングの拠点を吐かせます。

何も知らずに働いている者に金を配って帰らせ、数ある拠点を次々と壊滅させて通報しウラジミールの大金を失わせていきます。

ビジネスと組織を1つずつ潰していくマッコールはテディに会いに行き「ボスに活動を停止するよう伝えろ」と要求します。

 

石油の取引さえも失ったプーシキンはテディに激怒します。

事態を収めるまで戻ってくるなと叱咤されたテディは「くたばれ、偉そうに」と思いながらもラルフィや作業員を人質に取りホームセンターにマッコールを呼び付けます。

マッコールは携帯の自動転送で居場所を偽り、ホームセンターでの地の利を活かしてテディ率いる組織を全員始末。あっさりと人質を救います。

マッコールはすぐにロシア・モスクワに飛びプーシキンの屋敷に侵入して電流が流れるように仕込み始末しました。

 

マッコールにアリーナが訪ねてきます。

アリーナは退院して普通の仕事をしていました。退院する時に私物の中に1万ドルと街を出るチケットが入っていました。

アリーナは感謝を伝えに来たのです。

マッコールはCIAには戻らないが人を救いたいと思い広告サイトで助けを求める人に「力になる」とメッセージを送りました。

 

blog.netabare-arasuji.net