へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 レヴェナント:蘇えりし者 」< ネタバレ あらすじ >生き甲斐である息子を殺害された孤独な毛皮ハンター・復讐は神の手に委ねる

 

レヴェナント:蘇えりし者 [Blu-ray]

 

監督

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

 

◆ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)

◆フィッツジェラルド(トム・ハーディ)

◆アンドリュー・ヘンリー(ドーナル・グリーソン)

◆ジム・ブリッジャー(ウィル・ポールター)

◆ホーク(フォレスト・グッドラック)

 

 

< ネタバレ あらすじ >

レヴェナント:蘇えりし者

 

1823年。アメリカ北西部の極寒地帯でバッファロー狩り一団のガイドとしてヒュー・グラスは息子ホークと共に同行していました。

白人はバッファローだけでなくインディアンを殺して土地を奪っていました。

バッファロー狩り一団は先住民族アリカラ族の襲撃を受け犠牲を払いながら持てるだけの毛皮を持ち川を下っていました。

アリカラ族は族長の娘パワカが一団に拐われたと思い襲撃してきたのです。グラスは船を捨て陸路から砦に向かうべきだと進言するとヘンリー隊長は承諾します。

しかしグラスの息子ホークはアリカラ族の敵である絶滅したポーニー族とのハーフでありフィッツジェラルドはグラス達が気に食わないでいました。

フィッツジェラルドに人種差別を受け怒り出すホークをグラスは止めに入り「白人はおまえの声を聞かない。命が惜しければ透明になれ」と言い聞かせます。

 

一団が野営している時に1人周辺を偵察にでたグラスは子連れの熊に襲われ噛み付かれます。

死んだふりをすると熊が離れます。グラスは力を振り絞ってライフルで撃つが熊には効かず再び襲われます。

ナイフを取り出し必死に格闘したグラスはクマと共に丘を転げ落ち死んだ熊の下敷きとなりました。

仲間に発見され傷の手当てを受けるが出血が酷くフィッツジェラルドは息の根を止めて楽にさせてやるべきだと言いました。

いつ死ぬか分からないグラスを担架で運びながら砦に向かうのは体力を消耗するだけであり仕方なく目に布を掛けヘンリー隊長は撃とうとするが出来ませんでした。

ヘンリー隊長は毛皮会社から2名に70ドルずつ出すからグラスの最期を見届けるよう言いました。息子ホークとブリッジャーが残ることになるが若者2人では心配なためフィッツジェラルドにも残るよう命じました。

300ドル出すと言われたフィッツジェラルドは残る事を承諾し最期を見届けたら埋葬するよう言われました。

スポンサーリンク
 

300ドルあれば仕事を辞めテキサスに土地を買ってのんびり暮らそうと目論むフィッツジェラルドは埋葬するため早速穴を掘り始めます。

「お前との世話で一団との距離が開く一方だ。このままだと息子を迫ってきているアリカラ族に殺されてしまうから息を止めてやろか。」

息子のためだと言われグラスは分かったと合図を送ります。

口を塞がれ悶えるグラスだが異変に気付いたホークが駆け付けフィッツジェラルドを後ろから殴り付けます。ブリッジャーに助けを求めるがホークはナイフで刺され死んでしまいます。

フィッツジェラルドはホークの死体を隠しアリカラ族がいると嘘をつき今すぐ逃げるよう伝えます。

ブリッジャーはホークを探すが「もう殺された」と言われ急いで支度をしてグラスを運ぼうとするがフィッツジェラルドはあらかじめ掘っていた穴に落とし土を被せました。

アリカラ族が迫っていると言われ冷静な判断が出来なくなったブリッジャーは「ごめん」と告げ水筒を置いて逃げ出しました。

 

ヘンリー隊長に追い付こうと先を急いだブリッジャーだがアリカラ族はいなかった事に気付きグラスを置き去りにした罪悪感からフィッツジェラルドを始末しようとするが逆にライフルを奪われ引き金を引かれます。しかし弾は入っていませんでした。

自力で這い上がったグラスはホークの死体を見付けそばにいると誓い一晩過ごします。

翌朝グラスは這いながら移動し毛皮を見付け身体を温めバッファローの骨についたわずかな肉をちぎりながら口にし川の水を飲みます。

なんとか木の棒で支えながら歩けるようになったグラスだがアリカラ族が迫っているのに気付き川の流れに乗って逃げ出します。

 

フィッツジェラルドとブリッジャーはヘンリー隊長に合流しグラスを埋葬したがホークは襲われ救えなかったと報告しました。

フィッツジェラルドは報酬を受け取り満足そうだったがブリッジャーは罪悪感でいっぱいでした。

グラスは川から這い上がり丘を登るとポーニー族の男が狩ったばかりのバッファローを食っていました。飢えに苦しむグラスは近付き催促すると生の肉を貰うが口にしました。

男はグラスの身体中にできた傷に気付きます。グラスは熊の爪を見せて「仲間に見捨てられ息子が殺された」と訴えました。

男もスー族に家族を殺されておりポーニー族に合流するため南に向かっていました。

男は「心は痛むが復讐は創造主の手に委ねる」と言いグラスを後ろに乗せて馬を走らせます。

 

グラスは何度も力尽きそうになるがポーニー族の男がその度に助けてくれました。グラスは目覚めると木の枝と毛皮でしっかり覆われていました。

しかし男が宙吊りにされて殺されているのを目撃しグラスはフランス人の野営場に潜入し馬を盗もうと試みるがそこでパワカが乱暴されているのを目撃します。

グラスはパワカを救出して逃し馬を盗んで他の馬も放します。

うまく逃走したグラスだったが今度はパワカを探すアリカラ族から襲撃され崖から転落してしまいます。

グラスは寒さをしのぐため死んでしまった馬の内臓をすべて取り出し身体の中に入ります。

 

ブリッジャーは助けを求めにきたフランス人がグラスの水筒を持っている事に気付き何処で手に入れたのか聞きます。ヘンリー隊長はグラスが行きていると思い仲間たちと捜索に出掛けると今にも力尽きそうなグラスを発見します。

砦に連れて帰ったヘンリー隊長はフィッツジェラルドを探すが有り金を持ってテキサスに逃走した後でした。

ヘンリー隊長はブリッジャーを殴り付けるが、グラスはブリッジャーはフィッツジェラルドに騙されただけでホークが殺されたのも知らないと庇いました。

 

馬とライフルを用意してもらいグラスはヘンリー隊長と共にフィッツジェラルドを追います。

手分けして探すが先に見付けたヘンリーは砦へ連れ戻し殺人の罪で裁くと告げるがフィッツジェラルドに射殺されてしまいます。

銃声を耳にしたグラスはヘンリーの死体を発見し馬に乗せます。フィッツジェラルドの位置からは2人が丸見えであり砦に戻るグラスを狙撃して確認しに行きます。

しかしフィッツジェラルドが狙撃した者はヘンリーでした。

グラスはフィッツジェラルドを追い詰めるが川の反対にアリカラ族がいるのに気付きます。

「復讐は創造主の手に委ねる」とポーニー族の言葉を思い出しグラスはフィッツジェラルドを川に放り投げました。

アリカラ族は流れてきたフィッツジェラルドを捕まえ処刑しました。

アリカラ族はグラスの目の前までやってくるが通り過ぎ去っていきました。その中にパワカがいるのにグラスは気付きました。

もう何も失うものはないグラスは膝から崩れると妻の幻覚を見て目に涙を浮かべました。  

 

blog.netabare-arasuji.net