へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「ロング・キス・グッドナイト」 < ネタバレ あらすじ > 記憶を失った女は暗殺者だった

 

ロング・キス・グッドナイト [Blu-ray]


 
◆ サマンサ・ケイン(ジーナー・デイヴィス)
ケイトリン(イヴォンヌ・ジーマ)
ミッチ・ヘネシー(サミュエル・L・ジャクソン)
◆ティモシー(クレイグ・ビアーコ)
◆ネイサン・ウォルドマン博士(ブライアン・コックス)
◆パーキンス(パトリック・マラハイド)
◆ルーク=ダエダルス(デヴィット・モース)
 
 

< ネタバレ あらすじ > ロング・キス・グッドナイト

スポンサーリンク
 

町興しでクリスマスパーティーが行われ馬車に乗るサマンサ・ケイン。
サマンサは8年前ニュージャージーの海岸で倒れているのを発見されたのだ。
それ以前の記憶がまったくなくポケットの中には見知らぬ鍵が入っていていつも手首にブレスレットと一緒に身に付けている。
夫のハルと幸せに暮らしているが8歳になる娘ケイトリンの父親は誰か分からない。
 
交通事故を起こしてしまったサマンサは、
血を流した鹿が苦しそうにしているのを発見し無意識に仕留めた後意識を失う。
意識が戻った時には病院にいたが、
夢の中でチャーリーと名乗った自分にそっくりな人にあう。
家に帰ったサマンサは人参を切っている時にリズムに乗ってくると、
見事な包丁捌きになり自分は昔シェフだったのではと思うのだ。
驚くハルだったがサマンサが急に狙いを定めて包丁を投げると小さな的に突き刺さり言葉を失う。
 
「チャーリー探したぞ、俺の片目を返せ」
ピストルを持った男が現れ激しい暴力を受けるが無意識に殴り返し首を一瞬にしてへし折った。
 
このままでは夫と娘が危ないと思い家を出て探偵のミッチ・ヘネシーと過去を調べる事にした。
ケイトリンがいつも抱いているパーキンスと名付けたクマのぬいぐるみに鍵付きのブレスレットをかけ手首に巻いている包帯に携帯番号を書いた。
 
ヘネシーはサマンサが借りていた部屋に婚約者からハガキが届いていたから会いに行こうと言う。
サマンサの私物にはネイサン・ウォルドマン博士からチャーリー宛に送られた本が見付かり、
ネイサンに電話をかけると正式な名はシャーリーン・エリザベス・ボルティモアだと分かる。
ニュージャージーのチェスターマン、セントラル駅でネイサンと会う約束する。
 
ホテルに泊まったサマンサは、
旅行カバンの底の布をめくり見知らぬ物を発見する。
しかし一部を手に取ると無意識に部品を繋ぎ合わせライフル銃が完成したのだ。
またヘネシーは7年前までアトランタの警官であり、
押収物件を処理していたが金庫の債券を盗んだことがばれて解雇されていたことが分かる。
 
ネイサンに会いに行くが、
数人から銃を乱射されヘネシーとサマンサは逃げるが行き止まりになってしまう。
サマンサは咄嗟に窓ガラスを銃で粉々にして飛び降りるとネイサンが運転する車が現れなんとか逃れる。
 
サマンサはネイサンが訓練した政府の暗殺者だった。
父親はアイルランドの軍人で1975年に殺害され、その後、パーキンスの養女になり特殊任務に採用された。
1988年に、武器商人デダラスとティモシーの暗殺を命じられるが失敗し敵が雇った殺し屋に8年前狙われたのだ。
しかしサマンサとヘネシーは待ち合わせ場所で襲われたことでネイサンを信用することが出来ず車を奪って逃走する。
 
婚約者から届いたハガキに書かれている住所に向かう。
ルークという男に抱き締められるが思い出すことができないサマンサ(チャーリー)を見てしばらく2人にするヘネシー。
離れると後ろからネイサンに銃を突きつけられ仕方なく説明すると、
あれは婚約者ではなくデダラスだと言われ急いで戻るが彼女は捕まってしまった。
 
水車に縛られ拷問されるサマンサ(チャーリー)。
水の中にはネイサンの死体があり記憶を取り戻したチャーリーは、
ネイサンの服の中から銃を取り出し水から上がったと同時にデダラスを撃つ。
ヘネシーを助け出し逃走するが翌日のニュースには農家に死体が散乱していたことが報道されていた。
 
チャーリーはCIA局長パーキンスに電話をかけ8年前の任務を完了したことを告げた。
また相手を知るために1度抱かれたティモシーがケイトリンの父親だと気付く。
チャーリーは自分は「サマンサ」ではなく子供もいないと思い込み、
すべて忘れようとヘネシーに抱かれようとするが、
「子供に電話の一本でも入れてやれ」と言われるのだ。
 
チャーリーは家に誰もいない時に入り、
クマのヌイグルミから鍵付きのブレスレットを手にする。
この鍵はバッファロー銀行の金庫の鍵だと思い出し偽造パスポートを作り国を出ようと考えていた。
 
しかし、子供を誘拐したとティモシーから電話があり「サマンサ」も本当の自分だと気付くのだ。
 
電話局を襲撃し逆探知させるとナイアガラからだと分かる。
チャーリーはデダラスが言っていた「ハネムーン作戦」の準備のためにナイアガラにいるのではと感付く。
8年前、パーキンスからティモシーの暗殺も命じられていたがティモシーとパーキンスは繋がっていたのだ。
 
大統領から予算をカットすると言われたパーキンスは、
CIAの対テロ予算を増額させるためテロに支援をしていたのだ。
「ハネムーン作戦」とはクリスマスで賑わっている街に爆弾を仕掛けたタンクローリーを突入させイスラム過激派のせいにすることだ。
 
ヘネシーとチャーリーはケイトリンを助け出しテロから街を守りティモシー等を倒す。
チャーリーは裁かれヘネシーはヒーロー扱いされちゃっかりとテレビに出演する。
 
チャーリーはバッファロー銀行に預けてあったお金で国を出て、
「サマンサ・ケイン」としてハルとケイトリンと幸せに暮らすのでした(終)