へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「トンイ」< ネタバレ・あらすじ > ④生きていたトンイは義州から都へ / 感動の再会 / 承恩尚宮に任命

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>はこちら

「トンイ」< ネタバレ・あらすじ > ③仁顯王妃の地位剥奪!王子を出産し地位を上げ禧嬪となるオクチョンの本性 - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

 

f:id:netabare1:20161223163818j:plain

 

< ネタバレ・あらすじ >   トンイ ④ 

 

トンイに刺客をおくってから大分経つ王妃(チャン・オクチョン)だが、仁顯前王妃を陥れた罪をトンイによって暴かれる夢を見て魘されていました。

王様が側妻に溺れ糟糠の妻を追い出したという小説が市場を中心に出回り民が惑わされるのを見過ごしていたオ・テソクやオ・ユンを責め捕盗庁大将チャン・ヒジェ(王妃の兄)が回収にあたります。

 

ソ・ヨンギやチャ・チョンスは行方が分からないトンイを探すため清国へ女を売る一団に襲撃をかけるが見付けられないでいました。

ソ・ヨンギは目立たないようにと職を解かれ粛宗王からトンイを探すために発兵符(王が兵の動員を命じる札)を賜っていたので兵を呼ぶことが可能でした。

 

トンイは義州で有名なピョン商会の主に助けられ店で働いていたが綺麗で頭も良い事で出て行かないように都に書いた手紙を知らない間に阻止されていました。

手紙が出されていない事に気付いたトンイは都に帰ろうとするがヒジェを目撃し流刑にされた両班(貴族的階級)のシム・ウンテクと共になぜ義州にいるのか探ります。

 

義州で最も有名な妓楼にシムは通訳官として偽ると清国と密約を交わし世子の承認を急がせようとしている事を知ります。

大事な話を聞いた通訳官は始末するようヒジェは命じていたが妓楼の主ソリ(トンジュの恋人でありトンイを掌楽院に預けた)に助けられます。

国を守るために他国に絶対に見せてはいけない謄録類抄(国境の軍の配置記録書)をヒジェは差しだそうとしていました。

スポンサーリンク
 

チョンスは平安道にあるトンイが書いた石手紙を見付け義州にいる事が分かりヨンギと共に馬で向かい発兵符を使いました。

一方、トンイはヒジェの悪事を早く伝えなければならないと思い夜に脱走を試みるがヒジェに生きている事がばれてしまい捕まってしまいます。

偶然役所にいたヒジェは因縁のあるシムの手紙を見付け中身を確認するとチョンス宛に書かれたトンイの手紙があったのです。

 

トンイは殺されそうになるがシムが謄録類抄の隠し場所を教える変わりに釈放されました。

トンイはソリと共に義州を船で離れようとするが王様から流刑されたシムはその場に残りました。

トンイは本物の謄録類抄を受取りヒジェの陰謀を暴きシムを解放する事を約束します。

偽物とは知らず清国に謄録類抄を渡したヒジェはヨンギが発兵符で全軍を召集したと知り宮殿に急いで帰ります。

トンイが生きている事を南人派に知らせ都に入れないように警備を強化します。

 

王妃は王様が前王妃の件を再び追求している事を知り容疑が事実だと皆に見せ付けるため新蚕礼(王妃主宰の養蚕を奨励する儀式)で自らの茶に毒を入れるよう女官に命じ前王妃の仕業に見せかけます。

 

都に戻ったヨンギは内密に用意した家で王様と会い義州でヒジェがトンイを捕らえていた事を報告します。

王様は武芸に優れるチョンスがヨンギと一緒に行動していると知って安堵し令牌よんぺ(王の命令で動いていることを示す札)を授けます。

一方トンイはソリの協力を得てソリの親友である妓楼で身を隠し都まで来ていました。

ヨンギが職を解かれチョンスもいなくなったと知り、宮廷に入るために仕事がきつくて人手不足である水汲みの仕事に志願し監察府のチョン尚宮、チョンイム女官と涙の再会を果たします。

しかし前王妃とやり取りし王妃の命を狙った濡れ衣を着せられた2人は連行されてしまい急いで宮廷を出ました。

 

ソリからトンジュの遺品でもある奚琴ヘグムを渡されたトンイはお忍びの王様と来た酒場で弾いてみると、王宮で聴き覚えのある音色につられて王様が現れます。

再会を果たし涙を流すトンイを粛宗王は抱き締めました。

 

トンイが得た内需司(王室の財産を管理)の横領の証拠(前王妃の事件で証言して処刑された医官に王室の土地が渡っている)は王様に手渡された。

内禁衛(王室の警護を担当する親衛隊)の大将に任命されたソ・ヨンギは新蚕礼での事件を再調査します。

王妃の服装には解毒作用がある緑豆の汁が付いており前王妃を陥れるために芝居をした可能性が出てきました。

 

朝廷を掌掴するのは南人であり抵抗されるのを予想した王様は偽物の内需司の帳簿が土の中から発見された情報を流し書庫に保管します。

刺客を送り盗みに入ったカン署長、そして命令したヒジェを捕らえました。

 

王妃は王宮別邸にいるトンイに刺客を送るが読んでいた親衛隊に捕らえられます。

一方、仁顯前王妃を訪ねていたトンイは王様が自分に想いを寄せている事を知り気持ちが嬉しいならしっかり受け入れるよう進言されます。

 

ヒジェを助けるためオ・テソクや南人の重臣は女官ごときが用意した証拠など認められないから取調べするため引き渡すよう言います。

王様は宮廷でトンイを守るために承恩尚宮(王の寵愛を受けて尚宮になった女官)に任命し取調べを許可します。

国から追われる剣契の娘だと気にするトンイだが王様の想いが本気だと知り許されるなら心を受け入れ心を授けると王様に伝えました。

 

王妃に睨まれるのを恐れずチョン尚宮とチョンイムが仕えると名乗り出てくれますが観察府の柱であり遂げるべき志を妨げたくないのでトンイ(承恩尚宮様)は断りました。

トンイがいる宮殿で疫病が出始め世子がいる東宮殿にまで広がってしまいます。

世子の命が脅かされ怒った王妃は疫病の原因解明のため発生場所を閉鎖して徹底的に調べるよう命じます。

病は罪ではないので義禁府に連れて行かれた女官を帰すようトンイは堂々と王妃に会いに行きます。

命を懸けて原因解明をすると約束し女官を守ったトンイは疫病が女官だけに広がっている事を不審に思うが原因を見付けられないでいました。

 

続きこちら

「トンイ」< ネタバレ あらすじ >⑤トンイの消せない過去/チャン・オクチョンの王妃剥奪/仁顯王妃の復権/懐妊したトンイ淑媛/剣契の再結成 - へぇ~♪そうなんだ~♪