読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「トライアングル」< ネタバレ・あらすじ > ④結末・ドンウ(ヤンハ)のためにも兄二人の決断!!復讐を終え新たに!

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>はこちら

「トライアングル」< ネタバレ あらすじ > ③ドンスがシネと協力し弟二人を見付ける・テジョングループ理事となるヨンダル! - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

< ネタバレ あらすじ > トライアングル ④ 

 

コ・ボクテ会長は釜山を仕切る暴力団のミョンジェに頼みヨンダルに手を引かせようとします。

要件を聞き入れずにいるとジョンヒが拉致されてしまうが、

ドンスやマンボンから狙いは理性を失わせる事だと言われ心理戦で負けないようにミョンジェからの電話に動揺せず”女がどうなろうと関係ない”と言います。

ドンスがアジトを調べマンボンが襲撃を掛けると既にヤンハによってジョンヒは助けられていました。

 

違法カジノ店に出入りしている事を知りイカサマで大損させジャンスの父親の金融会社に誘導させてミョンジェが持つ担保を手に入れます。

ヨンダルの予想通り借金を一気に返済しようとミョンジェはテジョンカジノVIPで金を注ぎ込み30億負けて地元に帰って行きました。

 

f:id:netabare1:20160916173938j:plain

ヨンダルは最大手の仲介会社と接触し中国人客誘致のための契約を取ろうとしていたがヤンハと内通してる者がおり横取りされます。

ヤンハが手柄を立てた事で前から権力争いで邪魔な存在だと思っていたヒョン(シネと離婚)は、

縁談相手でもあるカジノ財閥ハンチャングループ会長の娘ソン・ユジンにヤンハはディーラーのジョンヒに惹かれていると告げ口します。

その事を知ったヨンダルはユジンに近付き、全契約解除させました。

ユン会長は身元も分からない子を育てたのは失敗だったと思うようになります。

 

ユン会長とコ会長を倒し夢(ジョンヒと幸せに暮らす)が叶う日も近いと思っていたがヤンハが弟だと知らされます。

ヤンハ(ドンウ)のために過去の悪縁は伏せ復讐は止めるべきだと言われどうしたらいいのか分からなくなり心配してくれるジョンヒにすべて話しました。

スポンサーリンク
 

ミン社長に多額の借金があるカン・ソンテはテジョングループとチャンジン建設のロビー資金や政治資金を洗浄していた証拠を持っていました。

話を聞いたヨンダルはミン社長の借金の変わりに出頭させすべて話すよう伝えました。

しかし検察の取調べにユン会長はヤンハを行かせようとしたのでヨンダルは”おまえの本当の名前はチャン・ドンウで俺の弟だ”と告げ出頭するなと説得します。 

だがヤンハが真実を受け止められず検察の取調べに行ってしまったのでヨンダルはアン会長に検察を止めさせミン社長には刑務所にいるソンテを口止めさせ捜査を打ち切らせました。

ドンウ(ヤンハ)が出てきて嬉しいが父親を殺し兄弟を引き裂き人を道具として扱うユン会長を思うと2人は怒りが込み上げます。

ドンウに会いに行き、兄弟の縁を否定しても父親ジョングクだけは否定するなと伝え、

これから先、幸せになれるならどんな道を選ぼうと尊重するがユン会長だけは手本にするなとお願いしました。

キム専務から真実を知ったユン会長は兄弟同士の争いを楽しんでいるだけでした。

 

ユン会長から頼まれたヒョンによって意図的な事故でアン会長は危篤状態になります。

臨時株主総会でヨンダルを解任するはずだったがアン会長はテジョンの大株主としての議決権をヨンダルに譲る遺言を残していたため持ち株の割合から解任は不可能になります。

 

ヨンダルの違法行為を探すため関係者がコ・ボクテによって全員ガサ入れに遭います。

またヨンダルはヒョンに頼まれたコ会長の部下に車で轢かれそうになるがヤンハ(ドンウ)から計画を知らされたジョンヒが間に合い助かります。

 

近所の男の子と一緒に写る幼い頃の写真を大事に持っているジョンヒは、その男の子がドンチョルだと知ります。

ヨンダルはジョンヒの祖母から母親は産後鬱病で苦しんでいたと知らされ、すべて許して息子だと名乗ろうとするが膵臓癌で亡くなった報せが入ります。

 

f:id:netabare1:20160927211250j:plain

 

ドンウ(ヤンハ)が出棺の日に現れた事で少しづつ変わってきているから急ぐのは止めるべきだと考えます。

しかしテジョンの後継者を狙うヒョンがコ会長と手を組みヨンダルより先にユン会長から見放されているヤンハを始末しようと企ているのを知り呼び出します。

ヤンハは話を聞こうとしなかったが、

駐車場で背後から刃物を持って襲ってきたところをヨンダルは助けました。

 

ヨンダルはアン会長の資金を使って意図的に買い集め白地小切手の支払いを一斉に要求するようミン社長にお願いしました。

コ・ボクテは600億の資金確保に追われ危機を乗り越えたらすべて買い戻すつもりでテジョンの株をすべて売りました。

コ会長の株を手に入れたヨンダルはアン会長から譲り受けた株を合わせテジョンの筆頭株主となりチャンジン建設は残り70億集められず不渡りを出しました。

 

コ会長はヨンダルを殺す計画をヒョンに話すと、先にヤンハを殺して精神的に追い込むべきだと言われます。

盗撮していたヨンダルはドンス、そしてマンボンの組織の連中と供に駆け付けるがヤンハは刺されてしまいます。

”兄貴、兄さん、・・・・ずっと寂しかった。

父親を2度も失いたくないから・・復讐は止めて”

ヤンハはそう言い残し息を引き取りました。

 

ドンスとドンチョルは父親を殺したユン会長を許したくはないが、

弟であるドンウ(ヤンハ)の育ての親であり、ドンウの最後の言葉を受け止めます。

ユン会長の元を訪ねたドンスは、すべては欲のためだけに父親を殺したのが原因であり罪を認め出頭すればドンウの願い通り会長を許すと話すがユン会長は受け入れなかった。

 

ヨンダルが盗撮していたのが証拠となりヒョンとコ会長は逮捕されました。

ヒョンは信用出来ないユン会長の裏金ファイルを検察に渡し、すべてを失ったコ・ボクテは今まで依頼された事件の数々をすべて警察に打ち明けました。

 

”会長が必死に守ってきたものは、

本当に人の命より価値があるものか?”

最後にヨンダルは伝えるがユン会長は最後まで変わらず警察が逮捕状を持ってやってきたところ銃で自分の頭を撃ち抜きました。

 

テジョン代表理事に就任したドンチョルは皆さんの問題を供に解決出来るよう全力を尽くすと挨拶しました。

今まで世話になったミン社長が株主になれるよう恩を少しずつ返すことを告げマンボン兄貴にはすべてを返済しました。

 

アメリカへシネと一緒に旅立つドンスにドンチョルはジョンヒを連れて見送りに行きました。

”おまえが兄弟で良かった”

ドンスとドンチョルは抱き合いました。 (終)

 

「ヒーラー ~最高の恋人~」<ネタバレ あらすじ>(前編)人殺し以外はなんでもやる便利屋~23年前の疑い - へぇ~♪そうなんだ~♪ 

 

「匂いを見る少女」<ネタバレ・あらすじ>(前半)両親を殺害した者から逃げる際に事故に遭い意識不明・同姓同名の少女が殺害された! - へぇ~♪そうなんだ~♪