読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

虚ろな十字架(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>(前篇)娘が殺され、そして別れた妻が殺された!犯人に望むことは!?

 

完全ネタバレですのでご注意ください 

 

虚ろな十字架

虚ろな十字架

 

娘が殺され死刑にならず・・・。

妻と顔を合わすと幸せだった事を思い出し辛くなるので離婚するが11年後に別れた妻が殺されてしまう。

自分と別れてから妻が何をしていたのか調べるうちに犯人にたどり着く。

償いとは何なのか?自分は犯人に何を望むのだろうか?

反省していない人の死刑は意味があるのか?難しいテーマにぶちあたります。

 

<ネタバレ・あらすじ>虚ろな十字架 東野圭吾(前編)

スポンサーリンク
 

広告代理店に勤めている中原道正は、

大事な会議の打ち合わせ中に小学2年になる娘の愛美が殺された事を妻の小夜子から報せを受ける。
警察署に行くといきなり事情聴取が始まるが道正だけでなく小夜子や両親まで取り調べのような事情聴取があり疲れ果てていた。
 
小夜子が帰宅すると部屋は荒らされておりトイレの床に愛美が横たわっていたのだ。
犯人は仮出所していた蛭川和男といい持っていた1万円から小夜子の指紋が見付かり履いていた靴は中原家に残されていた足跡と一致した。
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けていた蛭川が仮出所中に強盗殺人をまた犯し、死刑になるのは当然だと思った。
もし死刑にならなければさっさと刑務所から出せばいいと思っていた。 
「私が殺すから」と言った小夜子に道正は「俺も一緒にやるよ」と答えた。

 

検察の冒頭陳述を聞いて道正は蛭川を睨みつけた。
死刑が当然のような内容であったが何度か繰り返すうちに殺す気はなかったと言い出したのです。
一審の判決では無期懲役となったが死刑判決が出るまで闘う事を決意しもし死刑判決が出なかった場合は裁判所の前で死ぬ覚悟だった。
検察側が新たな証拠をいくつか提出しそれが決め手となって長い裁判は最終的には死刑判決となった。
死刑が確定してから2ヶ月、
道正と小夜子は互いの顔を見ると幸せだった頃を思い出し辛くなるので早く立ち直って欲しいと互いに思い離婚し道正は動物の葬儀屋に転職した。 
 
愛美の事件から11年が経っていたある日、
仕事中に愛美の事件で担当していた警視庁捜査一課の佐山から電話がかかってきたのだ。
小夜子が道端で倒れているところを発見され病院で亡くなった事を知る。
 
もし離婚していなければ、また遺族になるところだった。

離婚してから一度も会っていない小夜子について聞かれても何も分からなかった。
小夜子が刺殺されてから翌日、町村作造という男が出頭してきた。
金目当ての反抗だったが佐山は小夜子の服装から金持っていそうにも見えず狙う相手としてはまず選ばないと思っていた。
また町村には娘がいて、その旦那は大学病院に勤めていて経済的には余裕があり援助を受けていた事で金には困っていないはずだ。

通夜で手を合わせた道正は遺影の写真の小夜子が笑顔だったので離婚してから笑える事があったのだと思います。
だが小夜子は殺人事件で家族を失った人の相談に乗ったり支援したりする「遺族の会」に入会しており、ある殺人事件の裁判で死刑判決が出た時の写真だった。
小夜子は愛美の事件から立ち直ってはおらず誰かが死刑になる時だけ笑顔になったのだと母親の里江から聞かされた。
 
小夜子は同級生だった日山千鶴子に仕事を紹介してもらいライターの仕事をしていたようだった。
取材をしていた井口沙織も葬儀に来ており近いうちに小夜子が書いた万引き依存症についての記事が出る事が分かった。

早くに母親を亡くした沙織は父子家庭で育ち自殺未遂を繰り返していた。
美容師を目指していたが手が震えるため諦め水商売で生計を立て結婚するが家庭内暴力がひどく離婚した時に父親を事故で亡くした。
生きている価値ないと思い自分を虐めるために万引きをするようになった。
小夜子は万引きは精神疾患であり刑罰ではなく治療が必要だと書いていた。
それは殺人を犯した人間を刑務所に入れるだけでは何も変わらないと言いたいのだろうなと道正は思ったのだ。
 
愛美の裁判が終わったすぐあとに被害者遺族が被告人への質問が出来たりする被害者参加制度が認められていて、
検察とは別に死刑を求刑できると言う事で小夜子の両親は被害者参加人になる事を決意した。
山部弁護士から証言台に立ってほしいとお願いされた道正は、
小夜子の私物であるパソコンの中から「死刑廃止論という名の暴力」と題された原稿が見付かり読んでいた。
取材した人の中に愛美を殺した蛭川の弁護人、平井肇の名前もあったので訊ねてみると死刑廃止はどちらかと言えば賛成だという。 
それは蛭川が死刑を刑罰ではなく運命だと諦め反省することがなかったから死刑は無力だと思ったのだ。

小夜子は死刑廃止論者には被害者達の姿がまるで見えていない事を指摘してしている。
死刑判決が出ても生き返るわけではないので遺族にとって癒される事もないが死刑でないのなら何故生きる権利が与えられたのかと悩むのです。  
人を殺せば死刑という制度にしておけば愛美は殺される事はなかったのだ。 
 
小夜子が取材をしていた井口沙織の部屋には青木ヶ原の樹海の写真があり出身地は富士宮だと聞く。
実家の小夜子の部屋にあった写真に青木ヶ原の樹海が映っており、
小夜子を殺した町村作造の娘の夫で慶明大学医学部附属病院に勤務する仁科史也も富士宮出身だと山部先生から聞いていた事を思い出す。
更に小夜子の私物の本に「慶明大学医学部附属病院」の案内状が挟まっていた事を思い出し偶然では済ませられなかった。
文也は小夜子の両親に詫びの手紙を書いてきたがいつでも縁を切れる義理の間柄の人間が詫びの手紙を書くのは不自然ではないかと思った。
 
 
<後編>