へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

虚ろな十字架(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>娘が殺され、そして別れた妻が殺された!犯人に望むことは!?償いとは何なのか?!

 

完全ネタバレですのでご注意ください 

 

 

虚ろな十字架 (光文社文庫)

 

 

娘が殺され死刑にならず・・・。

妻と顔を合わすと幸せだった事を思い出し辛くなるので離婚するが11年後に別れた妻が殺されてしまう。

自分と別れてから妻が何をしていたのか調べるうちに犯人にたどり着く。

償いとは何なのか?自分は犯人に何を望むのだろうか?

反省していない人の死刑は意味があるのか?難しいテーマにぶちあたります。

 

 

<ネタバレ・あらすじ>

虚ろな十字架 東野圭吾

 

中原道正は会議の打ち合わせ中に小学2年になる娘の愛美が殺された事を妻・小夜子から報せを受けます。

小夜子が帰宅すると部屋は荒らされており愛美が横たわっていました。

犯人は仮出所していた蛭川和男。
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けていた蛭川が仮出所中に強盗殺人をまた犯し死刑になるのは当然だと思うが死刑にならないのなら「この手で殺してやる」と思っていました。
検察側が新たな証拠をいくつか提出しそれが決め手となって最終的には死刑判決となるが2ヶ月後、道正と小夜子は互いの顔を見ると幸せだった頃を思い出し辛くなるので早く立ち直って欲しいと互いに思い離婚しました。 
 
愛美の事件から11年が経っていたある日、仕事中に愛美の事件で担当していた警視庁捜査一課の佐山から小夜子が道端で倒れているところを発見され病院で亡くなった事を知らされる。
 
もし離婚していなければ、また遺族になるところだった。

離婚してから一度も会っていない小夜子について聞かれても何も分からなかった。
小夜子が刺殺されてから翌日、町村作造という男が出頭してきた。
だが作造には娘がいて旦那は大学病院に勤めており援助を受けていたから金目当ての反抗というのは疑わしいものでした。
通夜で手を合わせた道正は遺影の写真の小夜子が笑顔だったので少し安堵します。しかし小夜子は殺人事件で家族を失った人の相談に乗ったり支援したりする「遺族の会」に入会しており、ある殺人事件の裁判で死刑判決が出た時の写真だったと知ります。
小夜子は愛美の事件から立ち直ってはおらず誰かが死刑になる時だけ笑顔になっていたのです。
小夜子は同級生だった日山千鶴子に仕事を紹介してもらいライターの仕事をしていました。取材をしていた井口沙織も葬儀に来ており小夜子が書いた万引き依存症についての記事が出る事をしります。
早くに母親を亡くした沙織は父子家庭で育ち自殺未遂を繰り返していた。
目指していた美容師は諦め水商売で生計を立て結婚するが家庭内暴力に悩み、離婚した時に父親を事故で亡くした。
生きている価値ないと思い自分を虐めるために万引きをするようになった。
小夜子は万引きは精神疾患であり刑務所に入れても変わらないので治療が必要だと書いていた。

スポンサーリンク
 

愛美の裁判が終わったすぐあとに被害者遺族が被告人への質問ができる被害者参加制度が認められ、検察とは別に死刑を求刑できる理由から小夜子の両親は被害者参加人になる事を決意した。
山部弁護士から証言台に立ってほしいとお願いされた道正は小夜子の私物であるパソコンの中から「死刑廃止論という名の暴力」と題された原稿を見付け読んでいた。
取材した人の中に愛美を殺した蛭川の弁護人、平井肇の名前もあったので訊ねてみると蛭川が反省をしなかったから死刑廃止は賛成だと言いました。 
小夜子は死刑廃止論者には被害者達の気持ちが無視されていると指摘しています。
死刑判決が出ても生き返るわけではないが死刑でないのなら何故人殺しが生きているのだと悩むのです。  
人を殺せば死刑という制度にしておけば愛美は殺される事はなかったのです。 
 
小夜子が取材をしていた井口沙織の部屋には青木ヶ原の樹海の写真があり出身地は富士宮だと知ります。また町村作造の娘の夫で慶明大学医学部附属病院に勤務する仁科史也も富士宮出身、更に小夜子の私物の本に「慶明大学医学部附属病院」の案内状が挟まっていた事を思い出し単なる偶然ではないと道正は疑います。
 
仁科史也と小夜子が取材していた井口沙織は中学時代、恋人関係だった。
まだ若かった二人は自宅の風呂場で出産したあと赤ちゃんの口と鼻を塞ぎ殺しました。
誰にも知られないように青木ヶ原の樹海に埋めると半年足らずで2人の交際は終わりました。
 
史也は21年間どうしたら償えるのかずっと考え、多くの命救いたいと思い小児科医となっていました。
毎年供養のため樹海に行っていた史也は5年前に妊婦である町村花恵が自殺するため森に入っていく姿を目撃し声をかけた。
父親である作造は働きもせず外には女がいて、母親が病死したあと家を出た花恵は子供も授かりこれでやっと幸せになれると思ったら相手は詐欺師で金銭トラブルで自殺しました。
話を聞いた文也は花恵のお腹の子と殺してしまった子を重ね合わせ自分の子として育てる決意をしたのです。
 
沙織が自殺未遂を繰り返して21年間苦しんで生きてきたのは自分の子を殺してしまった事が原因でした。診療クリニックを通じて取材にきた小夜子と出会い沙織は初めて打ち明けます。
沙織の告白を聞いた小夜子は生まれたばかりの子供であっても人の命を奪ったことに変わりはないと自首を勧めた。
罪と向き合い償ってないから万引き依存症になり自分の事も大切に出来ないのだと説得すると共犯である史也に迷惑がかかるから独断では無理だと言いました。
小夜子は仁科史也を調べると慶明医学部附属病院の小児科医と分かり会いに行くが患者の容態が急変し会えませんでした。しかし花恵が自分に話して欲しいとお願いするので史也が殺人者である事を伝え夫婦で相談してほしいとお願いした。
 
話をたまたま聞いてしまった作造は自分に援助してくれる本当の理由を知り娘と孫の幸せを奪われないのを阻止するため小夜子を殺したのです。
そして沙織の住所を探し小夜子を殺したから21年前の事は誰にも話すなと脅しました。
殺した事を伝えると自分も自首するから一緒に自首しようと言われるが娘を幸せにしてやってほしいと頭を下げると花恵も一緒になって頭を下げました。
そして史也は嘘を背負っていく責任の取り方を選んだのです。

すべての真相を知った道正は、
医師として多くの命を救いながら重い十字架を背負う生き方と刑務所でただ過ごすのとどちらが償っているのか分からなくなった。
史也と沙織は二人揃って自首するが埋めた場所からは何も発見されず立件は難しいと予想された。
また小夜子の両親は死刑を望んでいるが道正が真相を明らかにしたことで作造の刑期が短縮される可能性が出てしまいます。
 
”遺族にとって動機など関係なく殺していい理由なんて何もない。
殺人者の自戒などただの虚ろな十字架でしかない”