読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「わたし出すわ」< ネタバレ あらすじ >お金を与え続けた先にあるもの!正しく使えば幸せは見えてくる!主演・小雪

 

わたし出すわ [DVD]

わたし出すわ [DVD]

 

 

◆山吹摩耶(小雪)

◆道上保(井坂俊哉)

◆道上かえで(小山田サユリ)

◆魚住サキ(黒谷友香)

◆川上孝(山中崇)

◆保利満(小澤征悦)

◆平場さくら(小池栄子)

◆平場まさる(ピエール瀧)

◆天草大二朗(袴田吉彦)

◆川上たみ(藤田弓子)

◆摩耶の母親(甘光真弓)

◆記者(北川景子)

◆溝口雅也(仲村トオル)

 

監督・脚本 森田芳光

「ハル」以来13年ぶりのオリジナル作品

 

”できるだけ儲けて、

できるだけ貯めて、

できるだけ与えなさい”

ジョン・ウェスレー

 

”富は海の水に似ている

それを飲めば飲むほど

のどが渇いてくる”

アルトゥル・ショーペンハウアー

 

< ネタバレ あらすじ >  わたし出すわ

スポンサーリンク
 

東京から生まれ育った街、函館に戻ってきた山吹摩耶は引越し業者2人に10万ずつ御礼として渡した。

「有効に使って良い思い出作ってください」

 

函館では民家に金塊が投げ込まれるニュースが話題となっていました。

 

路面電車を運転する同級生の道上保と再会。

”摩耶、そんなの聴いて面白いのか”

世界路面電車巡りの旅に行くのが夢と語った保に摩耶は一千万のお金を送り付けました。

〜妻のかえでがホストに貢ぎ遊ぶようになってしまいます。

 

玉の輿に乗り裕福に暮らす同級生の魚住サキと再会。

”摩耶、ライバルと思っていい?”

高校の文化祭、美人コンテストで摩耶に負けたサキは心の狭い人間だと思われたくなくて友達になったのです。

サキは誰よりも綺麗になり誰よりもお金を持って誰よりも高価な物を持ち自分がどれくらい価値ある女か考えていた。

〜夫が多額の横領でマスコミに追われストレスから倒れそのまま亡くなりサキは水商売に逆戻り。

 

駅伝ランナーをしている同級生、川上孝と再会。

”摩耶、走ってみろよ、嫌なこと忘れるよ”

孝の心臓は普通の人の半分で活動できる特殊体質で長距離ランナーに向いていたが怪我のため悩んでいた。

チームにも会社にもお金がなく治療代がなかった。摩耶は治療代を出しました。

〜完治した孝は実力を出せるようになり取材が殺到しました。

 

結婚して主婦となった同級生、平場さくらと再会。

”摩耶は東京にむいてるよ”

さくらはとくに欲しいものはなかったが”なんでもいいよ”と摩耶が言うと洗濯機を選んだ。

また消費者金融をしているさくらの夫・まさるが箱庭協会の会長権利を買いたいと言うので摩耶はお金を出しました。

 

魚の研究をしている同級生、保利満と再会。

”摩耶、俺は魚の気持ちが分かる男だ”

海にも魚が反応する電波のようなものが流れていると仮説している。人が作り仕掛ける事が出来れば国の漁業水域が無に等しくなる。

無認可でローカルでやるか国家規模でやるか悩んでいた利満に、

摩耶はローカルでやるためにお金を出すが研究資金を出したいと思っている人は多く利満では対処出来ないだろうと心配します

〜摩耶はヘッドハンティングしてくる者をうまく追い返します

 

 

摩耶は寝たきりの母親の看病のため函館に戻ってきました。

施設には莫大なお金がかかり、株で儲けている摩耶には楽なことだが母親はそれだけでは治りません。

摩耶は人生に大きな影響(言葉)を与えてくれた友達に幸せになって欲しかったのです。

そして人生をリセットしたかったのです。

 

妻がホストに金を使い込み借金までした事で路面電車巡りが出来なくなった保に摩耶は更にお金を出そうとします。

好意を無駄にしてしまった保は金を受け取らず退職金を前借りしてでも外国に行きたいと思うようになり自分がしたい事に気付いた。

 

サキはお金を持っている摩耶のスポンサーは誰なのか気になっていた。

摩耶はサキを家に招き入れ男もいないし部屋に何もないことを見せてあげました。

摩耶は1キロの金塊を5個サキに”愛の重さ”だと言ってプレゼントしました。

しかし、

サキは玉の輿に乗ることしか頭になく、それに全力を注いでいました。

サキは、かえでが貢いでいたホストに殺され、

かえではナイフを持って摩耶の自宅に押し掛けたところ聞き込みで来ていた警察に殺人未遂現行犯で捕まりました。

 

摩耶から10万貰った引越し業者は、あれからタイに旅行に行き出会った美人と結婚して仕事も順調だと喜んでいました。

孝は駅伝の練習に励み利満は地道に頑張ることを決意しました。

 

世間を賑わせていた金塊事件はさくらでした。

宝クジで1億当たったが人生の罠だと思いゴールドバーにかえて関係ない人に配ったのです。

さくらは宝クジで当たった1億より摩耶から貰った1万の方が嬉しいと言いました。

 

摩耶は東京に戻るため施設に行くと、摩耶の声に反応した母親は「ありがとう」と言いました。

 

「オリヲン座からの招待状」< ネタバレ あらすじ > 映画館を守り続けた純粋な本物の愛の物語! - へぇ~♪そうなんだ~♪ 

 

「ミリオンダラー・ベイビー」< ネタバレ あらすじ >ボクサーを育てる映画かと思ったら・・・衝撃的な結末!! - へぇ~♪そうなんだ~♪