へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「ウェディング・プランナー」< ネタバレ あらすじ >仕事で一流の彼女は自分の恋愛を忘れていた!ジェニファー・ロペス

 

ウェディング・プランナー [DVD]

ウェディング・プランナー [DVD]

 

 

監督 (アダム・ジャンクマン)

脚本 (パメラ・フォーク)

         (マイケル・エリス)

 

◆メアリー(ジェニファー・ロペス)

◆スティーヴ・エディソン(マシュー・マコノヒー)

◆フラン(ブリジット・ウィルソン)

◆マッシモ(ジャスティン・チェンバース)

◆ペニー(ジュディ・グリア)

◆サルヴァトーレ(アレックス・ロッコ)

 

< ネタバレ あらすじ >

ウェディング・プランナー

 

結婚式をプロデュースするウェディング・プランナーのメアリーは幼い頃から憧れていた職に就いたが5年前に結婚式前日に浮気されて別れてからは恋愛には無縁でした。

仕事の方ではサンフランシスコで一流のウェディング・プランナーとなり有名人のプロデュースも手掛けていました。

 

視野が広く指示も的確であり悲しむ花嫁のパパやマリッジブルーに陥った花嫁には話し掛け元気付けます。

仕事は完璧で有名なウェディングプランナーだが長く続かないカップルを言い当てる能力も持っていました。

 

父親のサルヴァトーレは幼馴染であるマッシモとのお見合い結婚をすすめるがメアリーには嫌な思い出しかなく勘弁してよとその場を後にします。

ある日、大手食品会社の社長令嬢フランが正式契約の前に仕事を見たいと連絡がありました。

契約をまとめて全米のマスコミに流せば話題となります。メアリーはフランの結婚がうまくいったあと共同経営者にするよう要求しました。会社を守ってきたのはメアリーの能力であり社長は渋々承諾しました。

 

メアリーはハイヒールがマンホールにハマり事故に遭いそうになったところ小児科医のスティーヴ・エディソンに助けられます。

病院に付き添ったペニーは機転を利かせ公園のクラシック映画会に誘い用事があると言ってメアリーとスティーヴを2人にさせます。

メアリーはスクラブル”文字遊び”が趣味でした。両親はイタリア移民であり英語を学ぶために遊んでいたがメアリーは母親が死んでパパの相手をするため始めたのがきっかけでした。

変わった趣味だねと言ったスティーヴは着色剤を嫌がり色付きのチョコレートを捨て茶色だけを食べていました。

映画を観終わった2人は良い雰囲気になりキスしようとするが急な雷雨に邪魔されます。

 

恋をしたメアリーはダンス教室に行くとフランと偶然会います。

フランに急な仕事が入り婚約者の相手をしてほしいと頼まれるがなんと相手はスティーヴでした。

ダンスしながらメアリーはフィアンセがいるのに酷い男だと罵ります。

 

スポンサーリンク
 

 

式場視察のためフランはメアリーとスティーヴを呼び付けます。

「公園でデートした男に恋してたけどどうなった?」

スティーヴは驚いて事故りそうになり「鹿がいた」と誤魔化しました。

メアリーは「担当する結婚式の花婿だった」とスティーヴを睨みつけながら言いました。

式場に到着すると何故かマッシモがやってきてメアリーはフィアンセだと言いました。周囲があまりにも喜ぶためメアリーは否定するタイミングを失いスティーヴは「まさかフィアンセを隠していたとはね」とニヤッと笑います。

 

マッシモが婚約が決まったとサルヴァトーレに報告してしまいます。

気の進まない男を押し付けないでとメアリーは言うと「ママとはお見合い結婚だった」とパパは言います。

最初は互いに嫌いだったが看病されてから感謝が尊敬に変わり、そして愛が芽生えたと言いました。

それでもマッシモと結婚はあり得ないと思ったメアリーはパパに勝手に報告した怒りをぶつけると”分かった、仲の良い友達になろう”と言われます。

 

フランが出張のためメアリーはスティーヴと2人で結婚式で使う花を選びに行きます。

そこでメアリーは元婚約者とばったり会ってしまい結婚式前夜に浮気した女性と結婚して幸せな生活を送っている事を知ります。

メアリーは酔い潰れてしまいスティーヴに送ってもらいます。帰る際、スティーヴはデートしたとき最高に楽しかったと言いました。

メアリーは「フランはあなたを愛している。素晴らしい人であり後は式服の寸法をはかるだけよ」と言いスティーヴを帰らせます。

 

フランが訪れ「目が覚めた、知りたくなくて目をつぶってた。式を中止する」

メアリーは自分が原因だと思い誤解だと説明しようとするが話を聞いているうちにただのマリッジブルーだと気付きます。

いつものようにメアリーは優しく語りかけ元気付けました。

家に帰るとマッシモからプロポーズされます。

マッシモが作った家の模型の部屋にはママの遺影も飾られ指輪もありました。マッシモは幼馴染でママが言っていた言葉を話すときもありメアリーは優しい気持ちになる事がありました。

よく考えたメアリーは机の上にあったスクラブルを「OK」にして返事をしました。

 

メアリーは同じ日に結婚式を挙げるためフランとスティーヴの結婚式をペニーに任せます。

「本当に僕を愛しているなら迷わず式を挙げる。本当に僕を愛してる?」

スティーヴは言うとフランは「ええ…だけど…結婚をやめる」と言いました。

2人は大学時代から付き合いダラダラと関係を続けてきたが互いに結婚は違うと思っていたのです。

式を任されたペニーはどうしようとパニクります。

スティーヴはメアリーの結婚式が行われるとペニーから聞いて急いで車で向かいます。

その頃、

メアリーの結婚式での誓いの儀式。

「結婚に意義のある者は名乗り出よ」

自分が望んだ結婚でありメアリーの目を見ていて胸が痛んだサルヴァトーレは「意義あり」と名乗り出ました。

スティーヴが到着するとマッシモとサルヴァトーレと出くわします。

「メアリーが愛しているのは君だから邪魔はしないよ」

喜んだスティーヴはサルヴァトーレに挨拶を済ますとマッシモが運転する原付バイクの後ろに乗りメアリーがいる公園に行きました。

色付きのチョコレートを捨てていたメアリーはスティーヴを見て驚きます。2人はめでたく結ばれダンスを踊りました。

 

「 まほろ駅前多田便利軒 」< ネタバレ・あらすじ >多田便利軒を営むバツイチの多田と居候するバツイチの行天!!瑛太×松田龍平 -

 

「僕の彼女はサイボーグ」< ネタバレ・あらすじ > 過去の自分を守るために送り込んだ人造人間の彼女は心を感じる事ができるのか!