スポンサーリンク

「天使のナイフ」(薬丸岳)ネタバレ・あらすじ / 少年法・かつて妻を殺した三人が狙われ復讐かと疑われる!江戸川乱歩賞

薬丸岳 薬丸岳-原作

 

作品情報 天使のナイフ「薬丸岳」

少年法をテーマにしたミステリーです。

主人公、桧山の妻を殺した13歳の少年3人!!

少年法により罪に問われる事はなかったが4年後その少年2人が殺され復讐じゃないか?と疑われる

桧山は3人の生活を追う中で次々と真実を知る事になる。

妻の過去や少年3人、弁護士・・・その繋がりのある人・・・・・。

ストーリーとしては二転三転したり面白い、オススメです(江戸川乱歩賞)

被害者・加害者の気持ちの戦いを描いた小説で犯罪者が多いがやがて1つに結びつきます!

 

ネタバレ・あらすじ 

 天使のナイフ 薬丸岳

 

4年前、桧山の妻、祥子は生後五ケ月の娘を守るように覆いかぶさるかたちで殺されていました。

まもなく犯人が見つかったが13歳の少年3人だった為に 刑事責任能力がなく少年法により保護の対象になってしまいます。

自宅はあらされた形跡などなかったが500万引き出した通帳が見つかりました。

やがて法律が変わり妻を殺した犯人の名前を知る事になる。

少年A 八木将彦  少年B 沢村和也  少年C 丸山純

 

コーヒーショップ(アルバイト4人)のオーナーでもある桧山貴志は、

4歳の娘、愛実と一分でも長くそばにいて少しでもあの記憶を薄めようと暮らしていました。

桧山は中学時代の塾仲間が保育士(早川みゆき)をしている保育園に愛美を送ってから出勤していました。

ある日、いつものように出勤すると刑事がきていて昨日の行動を聞かれます。

理由を尋ねたところ少年B、沢村和也が殺されたらしい。。

4年前、マスコミからしつこい取材に追われていた桧山はテレビの前で、

「国家が罰しないのなら自分の手で犯人をころしてやりたい」と発言していた事で疑われたのです。

スポンサーリンク

 

桧山は事件後の三人が更生していたかどうか追っていたところ、

少年A、八木将彦から連絡を受け、面白いもん(ビデオテープ)を見せてやるからと待ち合わせをする事になるが現れませんでした。

後で八木が殺されたと警察から知らされます。

また少年C、丸山純は命は助かったが駅のホームで突き落とされ家に引きこもりになっていました。

 

2人が殺害された場所、また丸山が駅で突き落とされた場所、すべて桧山の近くで起きていました。

祥子が殺されたのは本当に遊ぶ金欲しさだったのだろうか?

あの引き出された500万は??

自分の知り合う前の妻はどんな人物だったのだろうか?

 

祥子は幼いころ仲良かった子が殺されたのを目撃していました。

その時の祥子の証言「手に大きなアザがあった」により当時15歳の男が警察に捕まった事を知る桧山だったが祥子は中学生の時に一年間女子刑務所にいた事を知ります。

 

中学時代の塾仲間と言っていた愛実の保育士、みゆきに真実を教えてくれと迫りました。

 

中学時代、祥子とみゆきはナンパしてきた男達と遊んでいました。

テレクラで呼び出した男の財布をナンパしてきた男達が盗み驚いて逃げようとしたがみゆきだけが捕まってしまいます。その時、みゆきを助ける為に祥子はもみ合っているうちに殺してしまい刑務所に入る事になったのです。

 

犯人は?

殺された男の娘は当時いじめられっ子だった少年C、丸山と付き合っていました。

この2人が祥子、そして少年2人を殺した犯人!!

そしてこの娘の名前は仁科歩美・・・桧山がアルバイトで雇っている1人でした。

 

仁科歩美は先天的病気を抱え闘病生活を送っていたが一千万の寄付により移植して命が助かりました。

そこに一通の手紙、、、

「おまえの父親を殺した犯人は桧山祥子でまったく反省せず楽しく生活している」

この手紙により歩美の復讐心を知った丸山がビデオを録って脅して祥子を殺せればいいと思いつくのです。

八木は日頃から悪く、沢村と丸山は普通の少年と評判だった事と少年法で守られる事を知っていた為に思いついたのです。

 

結末・天使のナイフ

丸山は八木と沢村と一緒に幼い子をさらってナイフで傷付けました。

それを歩美は遠くからビデオで撮り、そのビデオテープをネタにして少年3人に祥子を殺させたのです。

沢村が4年後ビデオテープの事を警察に話そうとしたために殺し八木も呼び出して殺しました。

また自分だけ殺されないのはおかしいと思った為、自ら電車に飛び込み突き落とされたと証言していたのです。

すべて桧山の近くて起こったのは行動をアルバイトの歩美が監視していたからです。

 

歩美に祥子が犯人だと手紙を送ったのは誰なのだろうか?

 

祥子は自分が人を殺してしまった時に担当弁護士の手のアザを見て幼い頃仲良かった友達を殺した人だと気付いたのです。

出所した祥子は殺してしまった男の娘が病気で苦しみ移植に一千万必要だと知ります。

自分で払う事を決意するが500万足りなかったので過去の事を黙ってるからと伝えお金を出させていたのです。

被害者家族に謝罪に行けと言われた弁護士がこの先の自分の人生が台無しになるのを恐れ歩美に手紙を送り付けたのです。

歩美は祥子が500万を払ってくれた事、また反省していた事を知り許しました。

 

テキストのコピーはできません。