PR

「愛なんて、ただそれだけのこと」11話~14話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ「愛なんて、ただそれだけのこと」作品概要

 

あらすじ

ウー・レイ&チョウ・ユートン共演、年の差カップルの恋愛模様を描く!!

2023年3月から中国で配信された本作は大手レビューサイトdoubanのユーザーレビューで10点満点中8.2点の高評価を獲得!!

大手スポーツメーカーで副社長の特別補佐を務める32歳の梁友安は、選手発掘のために訪れたバドミントンチームの22歳の宋三川を見て彼こそが本物の有望選手だと気付くがライバル選手の策略により三川は引退に追い込まれ友安も騒動の責任をとり退職することに・・・

ひょんなことからテニスクラブのマネジャーに就任することになり、弱小チームを立て直すために三川をテニスに転向させる。クラブのマネジャーとして、選手として、立場は違えど同じ目標に向かって奮闘していく中で2人の間には特別な感情が生まれる

スポンサーリンク

 

キャスト/ウー・レイ&チョウ・ユートン共演

宋三川(ウー・レイ)
1999年12月26日誕生、「長歌行」「星漢燦爛」など
年下ワンコ系男子、天才と称されるほどの実力を持ちながらメンタルの不調から控えに回っていた22歳のスポーツ選手
梁友安(チョウ・ユートン)
1994年9月21日誕生、「華麗なる契約結婚」「愛すべき私たちへ」など
弱小テニスクラブのマネジャーになった32歳のキャリアウーマン
安従(トゥー・ソンイエン)蒋焦焦(シァ・ハオラン)羅念(ジャン・ペイヤオ)蒋傑(ジュ・ヨントン)金翌(ガオ・ミンチェン)

 

ネタバレ感想

11話12話13話14話のネタバレになります。

全話あらすじ一覧はこちら

 

11話/デートしないか?

テニスで再起を目指すことにした梁友安は宋三川の何がそんなに気に行ったのかと艾利克斯に聞かれ、基本的なデーターと直感だと告げます。

梁友安はクラブに優秀な新しいコーチを招きたいと相談するが今のコーチの年俸よりも倍だったので困惑します。

易速に入社して1カ月の梁桃は正社員への登用は確実だと上司に言われるが退屈で日々に嫌気がさし退職願を出します。紹介してしまった梁友安は謝罪の電話をかけるなか、梁桃はインフルエンサーのマネジメント会社で研修し配信だけで食べていくと宣言します。

スポンサーリンク

バドミントンの試合で梁友安がクビになったので負い目を感じていた宋三川だが彼女が以前から会社を辞めたがっていたことを知ります。テニスへの転向は彼女の夢への第一歩なのかと直接聞くと利用されたと思うなら謝ると言われます。

今は駒でも三か月後は男として見てもらいたい、残留が決まったらデートしようと誘います。

梁友安はクラブ改革のための新しい経営方針に王コーチのやり方は合わないと告げ新しいコーチの人選は済んでいると告げると王コーチは納得し退きます。

梁友安は社長に直接訴える機会なので予算をもぎ取るためにパーティーに出席します。

(副社長・蒋傑さんよ、何しに来たって冷たい態度ですな。相変わらず権力争いの事しか頭にないのね。そもそもテニスクラブの経営はあんたが謝罪と言いながら彼女を呼んでお願いしたことでしょうよ。親も親なら子もめんどくさい性格だww)

 

12話/これから俺が君の自信になる

易速のパーティーに出席した梁友安は予算の申請に来たと社長に告げます。遅れてやってきた宋三川は梁友安が酒を飲まされていたのでもっと早く来るべきだったと思います。

毎年恒例の椅子取りゲームで飛び入り参加した宋三川は優勝すると社長から希望をいえと言われます。宋三川からマイクを渡される梁友安はテニスクラブの予算増額を願うと認められ拍手がおこります。

酒に酔う梁友安は宋三川に抱きかかえられて帰宅するが暗証番号をうまく押せずになかなか部屋に入れません。代わりに押してと耳元で伝えると宋三川は心揺さぶられながらロックを解除します。そんな様子を見ていた羅念は翌朝、宋三川も脈ありに見えたけど知り合いなら言ってくれと告げます。

 

蒋焦焦が格下相手に負けたので王コーチを辞めさせたからといってスリーとが練習をサボるのかと梁友安は激怒します。辞めたいなら協力してやるとテニスラケットを叩きつけその場を去ると真心で接してみたらどうかと宋三川から助言を受けます。

メンバーを食事に誘いラケットを叩きつけたことを謝罪し、王コーチがいなくなっても教わったことがあるはずと訴えます。

宋三川は目標を語ると俯いていた蒋焦焦は優勝して父親を見返すと告げます。

(副社長、急に笑顔で喜んでいたのは椅子取りゲームで決勝の相手が権力を争う営業部だったかね。今まで気楽にやっていたテニス部の予算が削られていたのは当然よね、みんなやる気がないんだもの。この食事会でちょっとはよくなるはずだけど実際はこんな簡単な問題じゃないよな)

 

13話/宋三川は 私が好き?

梁友安は宋三川は自分の事が好きなんだと思うと親友・羅念に話します。10歳も自分の方が上だしマネージャーとして秩序を乱すわけにはいかないと告げるが枯れ木に花が咲いた気分じゃないのかと聞かれ認めます。

スポンサーリンク

新しいコーチの張岩が一向に姿を現さず助手2人の厳しい体力トレーニングに選手たちは不満を募らせついに宋三川だけが練習に取り組むようになってしまいます。見兼ねた梁友安は張岩を訪ねると明らかに二日酔いであり素人は黙ってろと言われてしまいます。

歓迎会がある日に張岩がやってきたので練習試合の候補と選手データーをまとめてもっていくが既に上海での試合を決めていると言われます。

上海遠征での滞在先はボロホテルであり金持ちの焦焦たちが実費で別のホテルに泊まろうとしたので梁友安は無断でチームを離れたら退部だと忠告します。晩御飯を食べに出かけようとすると張岩が懐中電灯を手に出て行ったので何となく尾行するとセキュリティーチェックをしていました。

(張岩、なにか過去に遭ったのかな?セキュリティーチェックしていたのを見て梁友安は見直したようだが性格がめんどくさいなwwわざわざ誤解されるような言動行動とらなくてもよくない?)

 

14話/テニスへ導いてくれてありがとう

遠征では散々な結果に終わり張岩は選手たちに、二カ月後に自分のサービスゲームをブレイクした者を主将とすると告げます。

参加資格はないと言われた宋三川はどういう意味かと尋ねると元バドミントン選手が来た理由はマネージャーとできているからだろうと言われます。その中傷は度を越えていると梁友安は訴えると経営に本気で向き合っているのかと責められます。

自分は経営初心者であっても宋三川は仕事をかたずけてから毎日誰よりもハードに練習に励んでいるんだと苛立つが自分が黙らせてみせると宋三川に止められます。

宋三川は指導の様子を見ながら夜遅くまで1人で練習に励みます。

 

インフルエンサーの梁桃はマネジメント会社からアクセス数を稼ぐためカップルで配信するよう勧められます。真剣に練習をする姿を見て驚くが蒋焦焦は忙しそうだったので会社側が手配した青年と仕方なくカップルアカウントを作り配信を開始します。

二か月後、全員がサービスゲームをブレイクできないなか宋三川は自分に取られるのが怖いのかと挑発し挑戦権を得ます。

(いつの間にか宋三川は皆から応援されてますね、その前にみんな追い抜かれていたことに気付いて練習に励むべきよww勝負はまだ終わってないけど勝てそうね)

15話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想