PR

「愛なんて、ただそれだけのこと」7話~10話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

中国ドラマ「愛なんて、ただそれだけのこと」作品概要

 

あらすじ

ウー・レイ&チョウ・ユートン共演、年の差カップルの恋愛模様を描く!!

2023年3月から中国で配信された本作は大手レビューサイトdoubanのユーザーレビューで10点満点中8.2点の高評価を獲得!!

大手スポーツメーカーで副社長の特別補佐を務める32歳の梁友安は、選手発掘のために訪れたバドミントンチームの22歳の宋三川を見て彼こそが本物の有望選手だと気付くがライバル選手の策略により三川は引退に追い込まれ友安も騒動の責任をとり退職することに・・・

ひょんなことからテニスクラブのマネジャーに就任することになり、弱小チームを立て直すために三川をテニスに転向させる。クラブのマネジャーとして、選手として、立場は違えど同じ目標に向かって奮闘していく中で2人の間には特別な感情が生まれる

スポンサーリンク

 

キャスト/ウー・レイ&チョウ・ユートン共演

宋三川(ウー・レイ)
1999年12月26日誕生、「長歌行」「星漢燦爛」など
年下ワンコ系男子、天才と称されるほどの実力を持ちながらメンタルの不調から控えに回っていた22歳のスポーツ選手
梁友安(チョウ・ユートン)
1994年9月21日誕生、「華麗なる契約結婚」「愛すべき私たちへ」など
弱小テニスクラブのマネジャーになった32歳のキャリアウーマン
安従(トゥー・ソンイエン)蒋焦焦(シァ・ハオラン)羅念(ジャン・ペイヤオ)蒋傑(ジュ・ヨントン)金翌(ガオ・ミンチェン)

 

ネタバレ感想

7話8話9話10話のネタバレになります。

全話あらすじ一覧はこちら

 

7話/俺たち、もう会えなくなるの?

バドミントンの選手権準々決勝で宋三川はトラウマを克服して雄たけびを上げると見守っていた梁友安は笑みを見せます。

しかし宋三川が勝利を収めようとした時、足を滑らせて倒れ込んだ金翌が駆け付けたマスコミに易速の靴に替えてから何度も捻挫しそうになっていたと発言します。

欠陥製品を提供させられたと業界中に広まり、もし欠陥製品なら販売部に責任があるが負けた言い逃れだとしたら金翌を選んだ蒋傑(副社長)の責任となります。

靴のデーターを届ける梁友安はすべて基準をクリアしている、あれは敗北の責任逃れだと訴えます。副社長が金翌を選んだのは自分が強く推薦したからだと告げ責任を取って辞職すると社長に告げると人選ミスを何で認めたんだと副社長に激怒されます。

スポンサーリンク

宋三川は荷物の整理をする梁友安を手伝いに行き、俺がついているから元気出してと励まします。お前のせいで失業した人がいるんだと金翌を殴るが私的なスポーツ活動で金を稼ぐのは規定違反だとアルバイトを告発され選手を引退します。

宋三川は手術を終えた梁友安のお見舞いに行くとトラウマを乗り越えたからもう大丈夫ねと言われ困惑します。

(梁友安の父親は生活に困っているようだが梁友安が子供のころに離婚して離れているのに援助を求めてるの?女手一つで育てられ頑張ってきた梁友安からしたら確かに呆れるでしょうけどお見舞いの品ぐらい受け取ってやりなよ。ちょっとかわいそう。にしても金翌はクズだけど上達しないのでは?この副社長の下では働きたくないね)

 

8話/心拍数、毎分108回

留学の時に実父から学費を借りていた梁友安は今まで援助していた分を引いて完済します。そして腹違いの妹・梁桃を就職させるために同僚を紹介すると、この先あなたがどうなっても私と母さんには関係ないと実父に電話します。

懸案事項を片付けた梁友安は親友・羅念とご飯を食べに行きすべて解放されたと話します。

息子・蒋焦焦のテニスの大会があると妻から電話を受ける副社長は小さな大会だろうと告げ会議があるからと電話を切ります。

 

宋三川が働く子供体操教室には羅念の娘も通っており、羅念は新しい先生がイケメンだから必ず自分が送り迎えすると梁友安に話します。

そんな梁友安は一カ月ゆっくりしていたのでとりあえず友達の伝手で犬の散歩のアルバイトを始めます。体力がなく犬に散歩させられているようになり、てこずっていると偶然にも宋三川と再会します。

同僚から電話を受ける梁友安は金翌の問題行動が明るみになり所属チームから除名処分を受けたと聞かされ有望選手として宋三川を推薦すればいいと告げます。

試合後に彼は引退したと聞かされ驚くと副社長から呼び出され料亭に向かいます。謝罪されたので詫びはいらないし多くを学んだので感謝していると告げると力を借りたいと言われます。

 

梁友安は娘を迎えに行ってほしいと羅念に頼まれると宋三川が先生だったので笑みを浮かべます。犬散歩の仕事は向いているんだと告げると体力がなさすぎると指摘され翌朝から一緒にトレーニングしようと誘われます。

(副社長、梁友安に対しても謝罪のために呼びだしたと言いながら頼みごとかよ。嫌いやわぁww自分が失脚させられるところだったが部下が辞職したことで助かったと思っていたくせに・・・)

 

9話/私たち、うまくいくかも

テニスクラブの経営を副社長から打診される梁友安は易速とはもう関わらないと告げるが資金を提供するだけで口出しはしないと言われます。

魅力を感じて引き継ぐことを決意しテニスクラブに顔を出すと設備は完璧で喜びます。しかし資金難の上に資金調達のために易速への申請が毎月必要で給料も毎回遅れる状態だと知ります。

資料を読むと副社長の息子・焦焦は金持ちだからプロでいられるレベルで交通費ほどの賞金も稼げず、陳哲の実力もアマチュアレベルで根性なし、代奕は真面目で練習に励むがプロを目指しているわけではない状態でした。

スポンサーリンク

梁桃は慰労会の記念品を託され安従のカツラ店を訪ねます。最高級品を500個注文したいと告げると安従は喜び太い客が来たと宋三川に告げます。

梁友安は資金調達に行くと副社長の補佐している時とはうって変わって冷たい態度を取られるので困惑します。決済の話が全然進まず自分に話をもってきた副社長も息子がいるから口出しできないと言います。

黒字転換のために所属選手が強くなれば新規会員数も増えると考え改革を試みるが現状に甘えていたコーチと選手なので誰も受け入れようとはしませんでした。

スカウトが必要だと思う梁友安はすぐに宋三川が脳裏に浮かび一緒に挑戦したい、バドミントンからテニスに転向しないかと声をかけます。

(面倒事を押し付けられただけなのよね、まぁ~打開するのでしょうけど副社長は謝罪で呼び出し押し付けたあとは俺は知らんって態度、最低よ。そして社員は何でみんな性格悪いのか?副社長の補佐でなくなったとたんに挨拶は無視、冷たい態度、ちょっと理解できん。怖いもの知らずの新人である梁桃が何かと仕返ししてくれてるけどさww)

 

10話/あなたは人の心に火をつける

22歳の転向は世界的にも例がないが宋三川は梁友安の説得でバドミントンからテニスに転向する決意を固めます。

正式に易速テニスクラブに加入しサポート役をこなしながらテニスの基礎を学ぶが選手やコーチは冷たい態度を取ります。

あからさまに敵対心を示す蒋焦焦からバドミントンでは優秀かもしれないがここではボール一個の価値もないから転向は諦めて雑務に専念しろと言われます。

 

易速で働く梁桃は本職はインフルエンサーだと自我しており秘書に頼んで普段入れない場所の写真を撮ります。配信中に不快なコメントを送ってきたのは以前パーティーで会ったきざな男で父親は易速の重役であることを知ります。

お金持ちのおぼっちゃまである陳哲は自主練なのに宋三川の上達があまりに早いために強敵だなと蒋焦焦に告げると不機嫌となってしまいます。宋三川にテニスのノウハウを教える陳哲はバドミントンの時は1日8時間練習していたと言われ驚きます。

代奕の母親がコートに入って球拾いまでして支えていたが母親が苦労する姿に負担を感じていると分かる宋三川は干渉しないよう

(副社長がお遊びは止めろと息子に訴えていた時に酷いなと思ったけど、これじゃ叱責するわな。バドミントンの金翌もしょうもない奴だったけど実力はあったよ。代奕も陳哲も教えだしてくれてるし宋三川が追い抜くのも時間の問題かな・・・)

11話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想