「赤い指」(東野圭吾)ネタバレあらすじと感想結末/認知症の母親が被害に

スポンサーリンク

 

作品情報とキャスト

累計部数135万部を超えた東野圭吾「加賀シリーズ」で新春ドラマ特別企画で映像化された作品。

人形町が舞台となった阿部寛さん主演のドラマ「新参者」に出てくる加賀恭一郎(阿部寛)と同一人物であり人形町に赴任する2年前の話です。

どこの家でも起こる事かも知れない。少女の遺体が住宅街で発見され恭一郎は捜査の結果、認知症の老人がいる平凡な家族に行き着きます。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。犯人に間違いないと確信するが「この家の中で本人たちの手によって明かさなければならない」と思います。

加賀恭一郎(阿部寛)青山亜美(黒木メイサ)松宮脩平(溝端淳平)前原昭夫(杉本哲也)前原八重子(西田尚美)田島春美(富田靖子)前原政恵(佐々木すみ江)など

 

ネタバレ・あらすじ

赤い指 東野圭吾

練馬西署に勤める加賀恭一郎と捜査一課から派遣されてきた松宮修平。

この二人は従兄弟であるが恭一郎の父・隆正が入院中であるのに恭一郎が一度もお見舞いに来ないので松宮は反感を抱いています。

 

息子が少女を・・・

前原昭夫は妻の八重子から急いで帰ってきてほしいと連絡を受けます。

認知症の母親と八重子の関係は悪くグチグチ文句言われるのでわざと遅く帰っていたが連絡が来るなんて珍しいと急いで帰宅します。

すると、中学生になる息子の直巳が首を絞めて殺してしまった少女の遺体を自宅の庭で発見します。

さっさと自首させようとするが・・・

八重子は親の責任であり自分達の人生も息子の将来も終わりだと怒鳴ります。

仕方がなく昭夫は八重子の提案を受け入れ遺体を箱に入れ自転車で近くの公園の公衆便所まで運び遺棄しました。

確かにどこの家庭でも起こってしまう事なのかも知れませんが隠蔽しようとするでしょうか。どうも読んでいて息子を自主させるなら私も死ぬとか何かあるとヒステリックになり、あーすればいいこーすればいいと口にしているだけで本人は何もしない八重子にストレスを感じます。

 

母親に罪を・・・

遺体には芝生が付着しており現場にはタイヤ痕を足で消したような跡がありました。

前原家の庭の芝生と同じであり泥だらけの自転車が置いてある事で恭一郎は何回も前原家を訪れると認知症の昭夫の母親・政恵がはめている軍手から異臭を感じました。

何回も訪れてくる恭一郎に対してもはや誤魔化す事は不可能だと感じた昭夫。

恭一郎が訪れている時に部屋の中で認知症の政恵が暴れているかのように見せかけ、人形を壊された事で怒った政恵が少女の首を絞めて庭に遺棄してしまったので自分が公園まで運んだと説明しました。

恭一郎は母親の看病をしにきている昭夫の妹、春美に話を聞くと母親が暴れるのはあり得ないと言います。

認知症になった時に実家を追いだすのはかわいそうだと思い自分が看病しに行くからそのまま実家にいさせるようにお願いしたのです。

そんな事もあり昭夫の話を聞いた恭一郎は政恵に近付くと政恵の手に赤い口紅が塗られている事に気付き、また政恵の目を見た時に何かを必死で訴えているようにみえました。

スポンサーリンク

 

認知症ではなかった

”母親の政恵を逮捕すると留置所にいく事になります。

高齢の方にはとても辛く大変な場所です。そこへ母親を送りこんで良いのですね?”

仕方ないと答える昭夫だが 政恵が持っていた杖には小学校を卒業する直前にプレゼントした名札がついていました。

それを見た昭夫は崩れ落ち母親は犯人ではありませんと白状しました。

 

政恵は認知症ではなかったのです。そして春美だけがそれを知っていて携帯で連絡を取っていました。

赤い口紅が手に塗られていたのはこの手で少女の首を締めたら口紅が付着しているはずだと警察なら気付きますよと息子へ向けたメッセージだった。

遺体を運んだ時に使用した軍手を警察の前でわざと見せたのも現場はここだと訴え息子に正しい事をしてほしかったのです。

前原家には家族の絆も何もなく自分の殻に閉じ籠る事しか出来なくなった政恵は認知症のフリをしていたのです。

昭夫は春美にひっぱたかれるまでそれに気が付きませんでした。

 

結末

母親とは特別な存在なはずです。それなのに認知症だからたいした罪にならないと罪を着せる事にするなんて読んでいて苦しいです。 ましてや政恵は認知症ではなかった。息子の計画を目の前で聞き政恵はどんな気持ちだったのでしょう、怒り、悲しい、情けない・・。

事件が解決した後、隆正は病死します。恭一郎は一度も顔を出さなかったがそれは父親との約束を守る為でした。

刑事だった隆正は家庭の事をほったらかしだったために恭一郎の母親は孤独死しました。

その時に自分も一人きりで死のうと決めたのです。 入院中、隆正は看護婦と将棋をするのが楽しみであったが実はその相手をしていたのは恭一郎でした。

看護婦と恭一郎がメールでやり取りをしていたのです。

恭一郎は隆正が握りしめる「桂馬」の駒を将棋盤の上に置き「親父の勝ちだ」と言いました。

少女の事件は政恵が本当にかわいそうで悲しいですが恭一郎と隆正の関係にはほっこりさせていただきました。前原家は本当にしょうがない人達でしたね、刑事の方の話がうまくまとまっているだけに残念です。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました