韓国ドラマ「悪魔判事」全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで

作品情報/キャスト

チソン主演、正義に対するメッセージを伝える韓国法廷ドラマ

正体不明の疫病が広がり国家的災害事態が2年を経て収束した韓国。

政府は国民が直接審判を下す史上初の公開裁判の準備を進めていました。

全国民が投票で裁判に参加できるライブ法廷ショーで裁判長として法廷に立つことになったカン・ヨハンは公正な判決を下すことを宣言。

正義を具現化し容赦ない追及をすることで知られているヨハンだが最初の裁判を前に怪しい動きを見せ、陪席裁判官のキム・ガオンは疑いを抱き始める。

スポンサーリンク

 

カン・ヨハン(チソン)チョン・ソナ(キム・ミンジョン)キム・ガオン(ジニョン/GOT7)ユン・スヒョン(パク・ギュヨン)オ・ジンジュ(キム・ジェギョン)など

 

韓国ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全16話で紹介

 

ネタバレ感想/悪魔判事

 

1話・神殿

前代未聞の疫病が蔓延し多くの人が路頭に迷ってから放火やテロが勃発したが2年経ちようやく収まります。

全国民が陪審員として参加する裁判の司法計画の準備が進められ罪人を許さないことで有名なカン・ヨハン判事は司法権を委任された自分が公正な判決を下すことを報道陣の前で宣言します。

 

示範裁判部陪席裁判官のキム・ガオンは師である大法官ミン・ジョンホのもとに顔を出したあと上司となるカン・ヨハン裁判長、そして同僚となるオ・ジンジュに挨拶します。

退勤しようとするとチュ会長 (JUケミカル会長)の断罪を求む者が運転するバスが突っ込んできたので横断する幼稚園児を救うために駆け付けると発砲を受けたバスが横転しました。

発砲したのはヨハン裁判長だったので驚くがガソリンが漏れている事に気付き運転手を救い出すと直後に爆破しました。

帰宅すると幼なじみのユン・スヒョン刑事が訪ねてきて大富豪で悲惨な事故の生き残りだからヨハンの人気にあやかれるんじゃないのかと言われ缶ビールを渡されます

 

ヨハン裁判長は最初の公開裁判にチュ会長の事件を扱うことに推します。バスの運転手を拘束すると知ったガオンは運転手の娘はJUケミカル事件で命を落としており母方の祖母は自殺しているため動機に酌量の余地があると進言するが受け入れられませんでした。

同事故による被害者は治療中の方を含めると47名おり、胸を痛めるガオンは記録庫の鍵がほしいと大法官にお願いするとギョンヒ(法務長官)が政界に進出したときの後援会長がチュ会長だと知ります。

社会的財団理事長の秘書チョン・ソナはギョンヒを訪ねると国事に逐一口出しするなと言われたので「長官が使う椅子や通勤用の車など財団からの支援金で購入されたことをご存じで?今後は刑務所も財団が造ることになる。国事に携わるのはどちらでしょうね」と告げ出て行きます。

 

スヒョン刑事から盗聴器を借りるガオンはギョンヒから電話を受けたヨハン裁判長を尾行するとチュの弁護士イングクと会っていました。

公開裁判が行なわれると国民はテレビやスマホを通して注目します。工場から流れ出た有毒物質が河川を汚したのが原因だとされる事件で弁護士は浄化施設が損傷した事故だと訴えます。

裏山の石垣が崩れたのは最初の死者が発生した翌日の夜でありジンジュはすごい偶然ですねと口にすると証言台に立つ博士は食材や化粧品にも含まれるので化学肥料や除草剤の影響もあると告げます。

しかしガオンがそれらの影響を除き河川に流出した最も多い物質は何かと聞くと博士は渋々、青酸カリと答えました。

 

着席する博士が水を飲もうとしたのでヨハンは「それは河川のサンプルだ」と告げると慌てて吐き出しました。

工場の管理者は排水が流出していたので速やかな措置の必要性を訴えたが会長に工場移転の話が決まっているから無駄金だし被害を受けるのは年寄りだ、十分生きたからもういいだろうと言われたと証言します。

国民の投票が有罪95%になるのを目にしたチュ会長は動揺し流出量も限定的でこんな自体になるとは思わなかったと業務上の過失を認めました。

業務上過失致死で5年の判決が妥当だがヨハンは「被害者の数に応じ量刑を合算できる」として被害者47名に対する量刑を合算し禁錮235年の判決を下しました。

(ヨハンは最後においしいところを持っていきますね。ガオンが主役でもおかしくない感じ、そんなガオンの両親は詐欺に遭って亡くなったらしいがそれも後々出てくるのかな?チュ会長の弁護士イングクも仲間っぽいしヨハンの過去にも何かありそう)
スポンサーリンク

 

2話・狩りの始まり

ヨハンにディナーを誘われるジンジュ判事は食事を楽しむがガオン判事は自分の家庭環境まですべて知っていたので気分を害し席を立ちます。

帰宅途中、老人が轢かれそうになったので介抱するとスポーツカーを運転する者(法務長官の息子)ヨンミンは笑みを浮かべ走り去ってしまいます。

判決に納得出来ない法務長官ギョンヒは大統領を訪れると多くの財界人を容赦なく刑務所に送ってきた人がチュ会長を失うと個人的なダメージがあるのかと言われます。

嫌みを言われたギョンヒは社会的財団理事長ジョンハクのもとに押し掛け裏切ったのかと激怒するとチャン・ソナ秘書から与党の支持率が上がったので悪いことばかりではないと言われます。

 

ガオン判事はスジョン刑事と食事をしていると危険な運転を繰り返すヨンミンのスポーツカーを目にします。

ガオンは前に老人を轢きそうになってた奴だと言いスヒョン刑事のパトカーの助手席に乗り込むと振り切られてしまうヨハンが運転する車が追跡していくのを目にします。

激しいカーレースでヨンミンを強引に止めるとヨハンはゆっくりおりてトランクからハンマーを取り出し彼のスポーツカーをボッコボコにしました。

ガオンとスジョンが呆然と見守るなか、ヨハンは薬物を押収して黙らせ電車で帰れと命じました。

 

チャリティーファッションショーに招待されるジンジュはヨハンにドレスを買って貰い上機嫌になり報道陣から質問責めにあうヨハンは正義が息づく世界を作るために戦うと宣言します。

ガオンはスヒョン刑事から連絡を受けヨハンの幼少期を知る神父に会いに行くと転校生としてやってきたヨハンは無口であり迷いこんで教室に入ってきた鳥を殺した事で怪物と呼ばれるようになったと知ります。

また怪物と罵る裕福な子の物ばかり紛失しだすと貧困家庭の子と争うようになり、それを見ていたヨハンが嬉しそうで悪魔のようだったと聞かされます。

ガオンは盗聴器を回収しに行くと「やはりこれか?」とヨハンに手渡されるが危険を察知し危ないと声をかけると爆破し二人は吹っ飛びます。

(皆様のセリフが回りくどい、苦笑。裁判は立証をかけたゲームだと考えるヨハンをガオンは否定するが今に二人はわかり合うのだろうと予想できる。チャン・ソナ秘書もヨハンとは何か繋がりがありそうね。それとヨハンいわくガオンは誰かに似ているらしい)
スポンサーリンク

 

各話あらすじ一覧/悪魔判事

1話・2話(ページ内にジャンプします)

韓国で国民参加型の裁判が行なわれようとしておりガオン判事はヨハン裁判長が怪しい動きを見せていることに気付き盗聴器を仕掛け証人に偽証させていた可能性を探る。ヨハンは法務長官の息子の麻薬を没収しガオンはヨハンの幼少期を知る神父に会いに行く

3話~8話

3話4話5話

爆破テロに巻き込まれたヨハンは次の公開裁判は法務長官ギョンヒの息子だと前で訴えます。公開鞭打ちを命じたヨハンはガオンに残酷だと言われ兄も殺したのかと訴えられる。10年前の火災事件を知り社会的責任財団に対するヨハンの怒りに共感するガオン、そんな中、検察が物理的去勢を求める裁判が・・・

6話7話8話

ヨハンを浚ったソナは社会的責任財団を邪魔するなと警告する。証人を買収していた可能性があることを訴えられるヨハンだが公開裁判で逆に権力者たちの闇を暴くと情報提供を呼びかける。追い詰められたソナは理事長ジョンハクを殺して罪を着せ理事長の座を継ぐ。ガオンは両親を死に追いやったヨンチュンと面会するが別人だと気付き・・・

9話~14話

9話10話11話

両親を死に追いやったヨンチュンの居場所を突き止めたガオンは怒りをおさえ捕える。秘密組織の部屋を訪れたヨハンは竹槍団のチュンシクを公開裁判にかけると法務長官と法務部院長に告げる。ギョンヒは息子を名誉を回復させるためにソナを挑発するが逆に騙され追い込まれ・・・

12話13話14話

ヨハンがガオンを犯罪に加担させていたことを知ったジョンホは裁判部を解体すべく動きだすが大統領に利用され襲われる。ソナに仲間を殺されたヨハンは新ウイルスだとでっちあげ貧困民や協力者が強引に護送されているのを生中継するがガオンが心配で駆け付けたスヒョンが銃撃されて命を落とす。

15話~

更新中