韓国映画「悪魔を見た」ネタバレあらすじを感想を交え結末まで/イ・ビョンホンの復讐劇

作品情報/キャスト

冷徹な復讐者イ・ビョンホンvs凶悪な殺人鬼チェ・ミンシク

国家情報院の敏腕捜査官スヒョンは婚約者ジュヨンを殺害され悲しみと怒りにとらわれる。

独自に犯人を追うと中年男ギョンチョルが快楽のために殺人を繰り返していると知るが捕まえることはせずGPSを飲ませて解放する。

犯人に生き地獄を味わわせようと計画を練るスヒョンと反撃の機をうかがうギョンチョル、完全なる復讐は成功するのか・・・

スヒョン(イ・ビョンホン)ギョンチョル(チェ・ミンシク)ジュヨン(オ・サナ)チャン(チョン・グクァン)オ課長(チョン・ホジン)セヨン(キム・ユンソ)など

 

 

ネタバレ感想/悪魔を見た

 

犠牲となった婚約者

国家情報院の敏腕捜査官スヒョンは婚約者ジュヨンから電話を受けます。

雪道で車がパンクしたらしくレッカー車を呼んだと知り話し相手になるが捜査中で行かねばならず、レッカー車がくるまでドアを開けるなと告げ毎年誕生日に仕事で申し訳ないと謝罪します。

ジュヨンは塾生送迎車から降りてきたギョンチョルにハンマーで襲われます。意識が戻ると裸で圧縮袋に詰め込まれており、お腹に赤ちゃんがいるから助けてと必死に訴えるが包丁を振り落とされます。

土手で遊んでいた少年から人間の耳を発見したと通報を受け大捜索が行われると川の中から後頭部が発見されます。

現場に駆け付けたスヒョンは悲しみで震えながら涙を流し言葉を失います。

 

犯人を特定

スヒョンは婚約者の父親・チャン班長に会いに行くと重犯罪課の刑事だったのに娘を守れなかったと悔やんでいました。

怒りと悲しみにとらわれたスヒョンは半月の休暇をもらい音声付きのGPSを後輩に手配してもらいます。犯人の疑いがある4人の捜査資料をチャン班長から入手しさっそく容疑者の部屋に侵入するとビデオを見て楽しんでいたので襲い拘束します。

拷問にかけるがどう考えてもバラバラにできるような人ではないと思い股間にハンマーを振り落として去ります。

 

1人目の容疑者は過去の女子高生誘拐事件に絡んでいたため股間をつぶされ自首します。スヒョンはバイクで信号待ちにしていた容疑者に車で突っ込むがこいつでもないと空振りに終わります。

そのころ、犯人ギョンチョルはバス待ちの女性に声をかけて快楽を楽しんでいました。スヒョンは保険会社に扮して調査のために来たとギョンチョルの実家を訪ねると親も子も捨てたやつが家族名義で保険など笑わせるなと言われます。

ギョンチョルの息子サンウォンに父親はどこにいるのかと聞き、部屋に侵入すると鍵がかかった引き出しには女性物の鞄と下着、そしてハイヒールが大量に詰め込まれていました。

 

生き地獄

警察はギョンチョルを連行しようとするが彼はすでに突き止められたと察知しており前から狙っていた塾生の1人を拉致し快楽を得ようとしていました。

ギョンチョルを待ち構えていたスヒョンは名前を呼んで決闘し、その間に塾生徒は逃げ出します。

スヒョンはギョンチョルが息を引き取るまで殴り続けようとするが気を失っている彼を目にしGPSを飲ませます。そして捕まえることはせず封筒にお金を入れてその場を去ります。

 

ギョンチョルは山道でタクシーをひろい、GPSを追うスヒョンは山道でタクシー運転手の死体を発見します。

ギョンチョルは町医者に駆け込み若い看護師に目を付け、脅して口に突っ込むが背後から消火器でスヒョンに殴られます。

スヒョンはたっぷりと殴ったあと片足のアキレス腱をナイフでえぐり「まだまだこれからだ、もっと残酷になっていくから覚悟しろ」と言い放ち解放します。

 

警察も追っているしそろそろ手を引けとチャン班長から連絡を受けるスヒョンは返事をして電話を切ろうとすると義理の妹が電話に代わり「犯人にどんな罰を下してもお姉ちゃんは生き返らない」と言われます。

ギョンチョルは民宿を営む昔の知人を訪ね見知らぬ者に執拗に追われていることを話すと「俺たちと同じように狩りを楽しみ、わざと逃がして楽しんでいるんじゃないのか」と笑われます。

GPSで盗聴していたスヒョンはギョンチョルと同じように頭のイカれた奴がもう一人いるのかと驚き今にも女性が被害に遭いそうになっていたので突入して助けます。

拘束して手の甲にナイフを突き刺すとギョンチョルがライフルを手に部屋に入ってきたので窓ガラスを突き破り脱出し、すぐに外壁をよじのぼって二階から侵入します。

スポンサーリンク

 

結末・裁きではなく復讐が目的

スヒョンは鉄パイプが折れるほどギョンチョルをボコボコに殴り車で連れ去ります。通報を受け民宿に急行する警察は悲惨な光景を目にしスヒョンまで頭がイカれたのかと心配します。

 

スヒョンは治療してギョンチョル解放するがGPSや婚約者の話を聞かれていたので「おい、聞こえているだろう?どこにいる。お前の女はヨニ町に住んでいたジュヨンだな」と耳に届きます。

「お腹に赤ん坊がいるから助けてとか言ってたな」

スヒョンはGPSを追うがギョンチョルは下剤を飲んでGPSを体内から出し清掃業者に飲ませていたので居場所が分からなくなってしまいます。

ギョンチョルは自首すると告げ、その前にジュヨンの家族を始末しに行きます。スヒョンは民宿の男からギョンチョルの性格を聞き出しギョンチョルの狙いはチャン班長だとオ課長に連絡し車を走らせます。

 

スヒョンが現場に到着するとすでに警察は到着しておりチャン班長はタンカに乗せられ運ばれるところでした。義理の妹は布団にくるまれ捨てられているところが発見され、完全に頭に来たスヒョンは車を飛ばし自首しようとするギョンチョルの前にスピンをかけながら突っ込み車に乗せます。

じわじわと痛めつけるスヒョンは相手が一番苦しみ涙を流しながら必死に許しを請うところでロープを咥えさせその場から去ります。ギョンチョルは絶対生きてやるとロープを必死に加えるが帰宅した両親と息子がドアを開けるとロープは引っ張られギロチンが落下しました。

 

感想・悪魔を見た

犯人は頭のいかれた奴だったが大事な人を消された遺族側は冷酷な復讐者になってもおかしくはないよね。

意識が戻るたびに街中に捨てられ、快楽を得ようとするとスヒョンに襲われるのは徐々に神経がやられていくもんだが頭のいかれた奴なんでそういったダメージはなさそうだったね。

ただ計画性がまったくない犯人だったから婚約者が被害に遭うまえに何で逮捕できなかったのか不思議よw引き出しにしまっていた女性の私物を見るだけでも何人を葬っているのやら。家族に罪はない・・とまでは言えないが最後に両親と息子の前で首をちょん切るとは、かなり冷酷でした。