韓国ドラマ「アリス」ネタバレ感想・12話~14話あらすじを詳しく紹介

作品情報キャスト

チュウォン主演の時空を超えた韓国ヒューマンサスペンス

2050年、人類はタイムトラベルに成功したが終末を記した予言書の存在が噂され、運営するアリスのテイとミンヒョクは1992年に行き予言書を入手。

しかし、元の世界に戻る直前にテイの妊娠が発覚し彼女は1人で1992年にとどまってソニョンと名乗り息子のジンギョムを出産する。そして2010年ソニョンはジンギョムが高校生のころに何者かによって命を落とす。

2020年、ジンギョム刑事は捜査中に死んだ母親とまったく同じ容姿をしたテイという物理学の教授と知り合う。母が残した謎のカードの調査を依頼するがそれから次々と不可解な出来事が頻発しタイムトラベラーの存在が明らかになる。

スポンサーリンク
パク・ジンギョム(チュウォン)ユン・テイ/パク・ソニョン(キム・ヒソン)ユ・ミンヒョク(クァク・シヤン)キム・ドヨン(イ・ダイン)など

 

「アリス・運命のタイムトラベル」の全話あらすじ一覧

全16話で紹介

 

ネタバレ感想/アリス

 

第12話・大切なこと

ヒョンソクはジンギョムも始末したと偽り先生のチョルアム(アリス本部長)を呼び出して殺害しようとします。

待ち合わせ場所に行くとなぜかテイがいたが先生から連絡があったので静かにするよう忠告し電話に出ます。

すると「それでジンギョムを守ったつもり」かとチョルアムに言われるが、実はチョルアムも先生に命じられて動いていた人物でした。

未来人のオウォン所長が先生であり「これで、あなたの妻もジンギョムも失います」と電話を切られヒョンソクは動揺します。

 

預言書の最後のページ

ヒョンソクは今の所長は時間旅行者で未来人であり預言書の最期の1ページには時の扉を閉じる方法が書かれているから邪魔者を消し続けているのだとテイに教えます。

ヒョンソクに手錠をかけられ外そうと頑張っていたジンギョムだが未来人オウォンがやってきたので、いつから騙していたんだと言い放つと母親と同じことを聞くなと言われます。

ヒョンソクがやってきたので来るなとジンギョムは叫ぶが手錠を外されるのと同時に撃たれてしまいます。ジンギョムはヒョンソクが持っていた銃を拾って発砲するとオウォンは逃げていき急いでヒョンソクを介抱するが「過去に縛られるな、大切なのは今いる人だ。お前と会えて幸せだった」と言い残し息を引き取ってしまいます。

 

テイから現実を受け止められなくても息子なんだから逃げてはいけないと言われ涙を流すと「私がそばにいる」と抱きしめられます。ヒョンソクの納骨を終えるとテイから預言書の最後のページの事を知らされ「悪いのは時間旅行ではなく悪用する者だから捕まえたい」と言われます。

母親ソニョンが使っていたパソコンをテイに渡したジンギョムは今の時代のオウォンの死体を発見します。

 

幼いころの記憶

テイはソニョンが自分と瓜二つだったので何で今まで確認しなかったのかとショックを受けます。そして男がまたも現れたので何者かと聞くと「アリスのミンヒョクです」と言われ記憶が蘇り気を失ってしまいます。

病院のベッドで目覚めるとミンヒョクがいたので「父親が殺された時にあなたはいました」と訴えます。連絡を受けていたジンギョムがやってきたのでミンヒョクはその場を去り、ジンギョムは家まで送っていくと「あなたの母親は幼いころの私を助けたが時間旅行したせいで父は殺された」とテイに言われます。

 

テイの記憶が戻ったと知るチョルアムは自分の正体を気付いたシヨンに「彼女が持っている物を捜せ、始末すればミンヒョクが手に入る」と話をもちかけます。

ジンギョムはテイが博士の事を調べていると知り会いに行くがシヨンが運転する車に乗っていたのを目撃します。追跡すると事故を起こすシオンは逃げ出しジンギョムは車の中からテイを救出すると車は爆発しました。

テイは目を覚ますと学生時代のジンギョムが帰ってきたのでカレンダーを見て2010年に時間旅行したのだと気付きます。

自分を養護施設に連れて行ったのはソニョンだと思い出すと彼女が帰宅し対面します

(シオンがめんどい人だなw過去人テイを始末したところでミンヒョクが手に入るわけないでしょうよwそれにしてもなんか複雑になってきたな、最後の場面で時間旅行した悪い顔のジンギョムもいましたね)
スポンサーリンク

 

第13話・母の秘密

2010年に時間旅行したテイはソニョンと対面すると「テイ、どうやって来たの?」と驚かれます。テイは昔この家に来たことがあるのかと聞くと、これから誕生するジンギョムと3人で暮らそうとしていたが預言書をすべて読み最後のページを持っていたことを知って確認するとテイが危険だと思い施設に預けたのだと言われます。

「テイのために預言書の最後のページは燃やして処分した。お父様も理解してくれるはず」

 

ジンギョムが倒れ赤い発疹が腕に出来ていたのでテイは病院に運ぶべきと告げると「あなたと同じようにジンギョムも来ている」とソニョンに言われ驚きます。

息子が運ばれてきたと病院から連絡を受けたソニョンは「私の死は阻止出来ないから説得して一緒に帰って」とお願いします。殺されることを知っているのかと驚くテイは病院に行くが彼と行き違いとなってしまいます。

ジンギョムは家に行くと寝ている高校生の自分を目にして驚くが「ここにいてはダメ、私のために2度と来ないで」と母親に言われ困惑します。

 

最後のページ

テイは高校生ジンギョムの様子がおかしいと思い、自分はジンギョムの叔母だと説明しドヨンに話しかけるが彼女が何者かに襲われます。

一方、ジンギョムはオウォンを訪ねると昨日殺害された事を聞かされ驚きます。テイから連絡を受け病院に駆け付けるが会わない方がいいと言われ犯人が落とした携帯を渡されます。

するとソニョンから電話を受け高校生ジンギョムの携帯だと分かります。ドヨンが持っていただけかも知れないのでオウォンの事件を先に調べるジンギョムとテイは研究室である隠し部屋を発見し預言書を見付けます。

最後のページはなかったがテイは幼い頃の記憶を辿り「時の扉を開いた代償に彼女は息子の手にかけられる」という一部分を思い出します。

 

自分の未来人

ジンギョムは自分は10年前に殺してもいないし犯人が変わるはずないと困惑すると幻聴に苦しみ倒れてしまいます。テイはソニョンに連絡すると別次元の人の声だとうろたえたのでページを燃やしたのは息子を守るためなのかと訴えます。

「阻止する事は不可能であり作ったのは間違いだった、あなたの母親もそう思っているはず」

テイは自分の母親が預言書を見付け1986年に時間旅行し博士と結婚したことを知らされ驚きます。預言書を手に入れるために1992年に時間旅行したソニョンは博士を救えず娘を引き取ったがその時に母親が預言書を見付け博士が父親なんだと気付きました。

その話を聞いたテイはソニョンは偽名で自分の未来人テイだったのかと驚き、ページを燃やしたのは運命から救うためだと知らされます。

「自分の世界に戻ったらジンギョムと離れなさい、危険な目に遭う」

 

ジンギョムは高校生ジンギョムを尾行するなかでオウォンがいるのに気付き追いかけます。両親の墓参りを済ましたテイは所長が自分を研究室に誘ったのはソニョンが紹介したはずだと思い阻止する方法があるはずだと訴えます。

「リセットはダメなんだ」と言われ閉じ込められてしまったテイは何とか脱出しようとするが落としてしまった写真立ての裏に隠されていた最後のページを目にします。ジンギョムは急いで家に駆け込むと母親は殺されており、その横で高校生ジンギョムが薄ら笑みを浮かべ立っていました。

(もう何処にいる人がどの次元の人か分からなくなってくるね、笑。オウォンがめんどくさいのよね。いつも話が微妙にずれていて核心に触れないからモヤモヤして気持ち悪い)
スポンサーリンク

 

第14話・もう1人の自分

2010年に時間旅行したジンギョムは母・ソニョンの遺体を発見し、薄ら笑みを浮かべるその時代のジンギョムの首を締め上げます。

預言書の最後のページを見つけたテイは何者かに襲われ、悲鳴を耳にしたジンギョムは手を離して駆け付けるが刺されます。

2020年、テイが失踪して10日経ち捜査はどうなってるんだと家族は警察に押し掛けます。遺体が見つかっていないのだから生きているはずだと自分に言い聞かせ帰宅するがテイがいたので驚きます。

 

元の世界に戻っていることに気付いたテイは服に血痕が付着しているのを目にしジンギョムが刺されたはずだと思い出して捜しに出ます。

ドヨンはジンギョムの部屋で掃除をしているとお腹に剣が刺さった状態のジンギョムが急に現れたので驚きます。

ドヨンから連絡を受けたテイは急いで病院に駆け付けると緊急手術が終わったばかりで命に別状はなないと知り安堵します。

テイは預言書に書かれていた「時の扉を開けて生まれ時をつかさどる子供」とはジンギョムの事で、だから時間旅行者に狙われ母親は最後のページを隠したんだと伝えます。

そしてポケットに入っていた最後のページを見せると、ジンギョムは事実と相違点があるから忘れるよう言います。

「母親を殺したのは高校生の自分ではなく教授を襲い刺してきた者こそ犯人だ」

 

既視感

テイは爪の間から検出された血痕を科捜研に提出します。ジンギョムは凶器となった剣を調べると一品物と分かり店を突き止めるが10日前に売られていました。

捜査は任せろとミンヒョクが現れジンギョムは剣を見せるが渡すことはなく、母親の最期を3回も見たことを告げ犯人は自分が捕まえると訴えます。

そして出て行くミンヒョクに父親だから特別だと勘違いするなと投げかけます。

ミンヒョクはソニョンの墓に行くと「話がある」とテイのメモを目にし会いに行きます。テイはソニョンに会ってから彼女の記憶を見るようになりミンヒョクと会ってジンギョムの父親だと確信します。

別次元の自分に会うと互いの記憶が絡むがしばらくすれば治ると言われ、だからジンギョムは高校生の自分は殺していないと自信をもって口にしたのだと分かります。

 

ジンギョムから電話を受けるテイだが「10年前に話したから覚えているだろう、次はお前の番だ」と言われ高校生ジンギョムなのかと思います。

ジンギョムの歯ブラシを盗みDNAを照合してくれと渡す同一人物だと判定され、歯ブラシが消えていることに気付いたジンギョムは鏡を見て「違うよな」と訴えます。

ジンギョムは剣の購入者を突き止め銃を手に侵入するとシヨンに背後から銃を突きつけられるが、シヨンを追ってきたミンヒョクは背後からシヨンに銃を突き付けます。

ジンギョムを逃がすミンヒョクは自分は犯人を捕まえたら本社に戻るから先に戻っていろと説得すると彼女は従うが何者かに銃撃されてしまいます。

シオンは「本部長には気を付けて」と言いテイから預かっていたイヤホンを渡して命を落とします。

 

ミンヒョクはイヤホンを付けるとソニョンからのメッセージだと分かり車を止めます。

どんな事があっても先生とは会わせず息子を守ってほしいという願い、そして自分への愛情を抱えながらずっと生きてきたことを知り何で捜しに行かなかったのかと後悔し涙を流します。

テイはジンギョムが帰ってきたのでDNA鑑定の記録を見せ「犯人は高校生のあなた」と告げるが「次はお前の番だと言ったはず」と言われます。

(ソニョンはリセットしてはいけないと言っていたけど時間旅行者が消えたとしてもジンギョムは2050年で誕生するのではないのかな・・・ややこしいな。何で2010年のジンギョムが2020年にいるのかと思ったが現代のジンギョムが二重人格みたいになっているような気もする)

最終話までのネタバレ