映画「バッドボーイズ」全シリーズのネタバレあらすじを結末まで/アクションコメディ

 

作品情報キャスト

パート1

CMディレクターとして活躍していたマイケル・ベイウィル・スミスマーティン・ローレンスのW主演で映画監督デビューした1995年のアクションコメディ。

マイアミ市警で「バッドボーイズ」としてタッグを組むマイクとマーカスは署の保管室から盗まれた押収した1億ドル相当のヘロインを取り返すよう命じられる

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)マイク・ラーリー(ウィル・スミス)ジュリー・モット(ティア・レオーニ)フーシェ(ジョー・パントリアーノ)アリソン・シンクレア(マーグ・ヘルゲンバーカー)ジョジョ(マイケル・インペリオリ)テレサ・バーネット(テレサ・ランドル)◆ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)サンチェス刑事(ネスター・セラーノ)ルイス刑事(ジュリオ・オスカー・メコッソ)
 
パート2

マイアミ市警TNT(戦術麻薬捜査部隊)のマイクは相棒マーカスの妹で連邦麻薬局のシドと交際していたがなかなか打ち明けられずにいました。

そんな中、麻薬王がキューバ系米国人タピアだと突き止め追い詰めるが他にも追っ手がいることに気付く。

マイク・ローリー(ウィル・スミス)マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)シド(ガブリエル・ユニオン)ハワード刑事(ジョー・パントリアーノ)ジョニー・タピア(ジョルディ・モリャ)アレクセイ(ピーター・ストーメア)など
 

フォー・ライフ

マイアミ市警刑事コンビのマイクとマーカスは犯罪者を許さない情熱を持ちタッグを組んでいたが孫が誕生したマーカスは引退を決意する。

マイクは若手エリート刑事陣から成るチームAMMO(マイアミ市警特殊エリート部隊)に加わる事態になるが何者かに命を狙われ重傷を負う。

数ヶ月後、復活したマイクは相棒に引退しないよう頼むが・・・・

マイク・ローリー(ウィル・スミス)マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)イサベル・アレタス(ケイト・デル・カスティーリョ)アルマンド・アレタス( ジェイコブ・スキピオ)ケリー(ヴァネッサ・ハジェンズ)ドーン(アレクサンダー・ルドウィグ)レイフ(チャールズ・メルトン)ハワード(ジョー・パントリアーノ)ズウェイロー(ニッキー・ジャム)など
 
 
 
 

ネタバレあらすじ/バッドボーイズ

マイアミ署で押収した1億ドル相当のヘロインを頑丈なセキュリティーのなか保管していたが何者かによって盗まれてしまいます。

バッドボーイズとしてタッグを組んでいるマイクとマーカスは上司の麻薬特捜班ハワード警部に呼び出されマスコミ関係にばれてしまう72時間以内にヘロインを取り返すよう命じられる。

一流ホテルで人が死んでいると情報が入りバットボーイズは向かいます。

盗まれたヘロインの一部が机の上にあり元警察のエディとマイクの知り合いの売春婦マックスが殺されていました。グラスに2種類の口紅が着いていたことでマイクは1人でマックスの雇主の家を訪ねると何者かに殺されていました。

 

マイクの親友であるジュリーはホテルでヘロインを押収したフーシェ率いる組織がマックスと元警察エディを射殺したのを目撃し2階から庭にあるプールに飛び込み逃げきります。

マックスから「何かあったらマイクに頼めば救ってくれる」と言われていたためマイアミ署に電話を入れるとハワード警部が応対したのでホテル殺しの現場を目撃したがマイクにしか話さないと伝えます。

マイクが留守にしていたのでハワードは仕方なくマーカスをマイクに成り変わってジュリーの元へ向かわせます。

 

エディはヘロイン2キロを勝手に使い一流ホテルでパーティーを開こうとしていたので殺され、マックスは仕事の依頼を受けて現場にいただけでした。

マーカスはジュリーを保護するため自宅に向かうが襲撃に遭い、なんとかジュリーを守りながら車に乗せ走らせます。

ヘロイン関係で過去逮捕歴がある写真の中からノアを見付けるとジュリーはマックスを撃った者だと言います。

バットボーイズはクラブにノアが現れる情報を得て逮捕するため向かうが親友を殺され怒りが込み上げたジュリーのせいで逃げられてしまいノアは事故死してしまいます。

 

結末

バットボーイズは過去逮捕した事がある元麻薬ブローカーのジョジョに会いに行きます。ジョジョは真面目にタイヤショップで働いているが麻薬密売ルートやブローカーの情報屋でもあるためフーシェ率いる組織に関わっている金持ちインテリ大学生の住所を聞き出します。

尾行した結果、フーシェ率いる組織はマイアミ港に停泊しているタンカーでヘロインを製造していました。

マイクに成り代わっていたマーカスはマイクの自宅でジュリーを保護していました。しかしマイクとマーカスが互いに成り切っていた事を知ったジュリーが信用出来ないと出て行ってしまったためフーシェ率いる組織に拉致されてしまいます。

バッドボーイズは拘置所 に入れられているハッカーに頼み内通者をあぶり出し組織の一味の携帯電話にかけ追跡しフーシェ率いる組織を全滅させました。

取引相手にフーシェはヘロインを売りさばいていたがアメリカから亡命するために必要だった1億ドル相当のヘロインを押収されたために強奪したのだった。

 

ネタバレあらすじ/バッドボーイズ2

マイアミ市警TNT(戦術麻薬捜査部隊)のマイクとマーカスはエクスタシー麻薬の取引の現場に潜入していました。

麻薬運び屋KKKの手に渡った瞬間マイクとマーカスは拳銃を取り出し捜査部隊に連絡するが無線機は互いに雑音しか聞こえず銃撃戦となってしまいます。

銃声を聞いて捜査部隊が駆け付けたので助かるが麻薬は二袋しかなくマーカスは銃弾が擦りお尻を負傷します。

狙っていた者はジョニー・タピア率いる組織だったが、アムステルダムの製造工場でエクスタシーを大量生産しメキシコ湾に麻薬を沈め沿岸警備隊をすり抜けていました。

 

マーカスの家をお見舞いがてら訪ねるとニューヨークに住むマーカスの妹であり連邦麻薬局のシドが休暇のためマイアミに来ていました。

マイクとシドは恋人関係にあったがお尻を負傷して機嫌が悪いので言えないでいました。

ハイチ系ストリートギャングが襲撃する情報が入りマイクとマーカスは駆け付け張り込みしている部隊と合流しました。

監視しているといきなり一台の車に襲撃をかけるが、襲われている車を運転しているのはシドでした。シドは休暇ではなくロシア人マフィアのアレクセイに囮捜査として近付きマネーを運んでいたのです。

マイクとマーカスは救出するが何で言わなかったのか叱ります。シドが殺される前になんとかしなければならないと思うマイクとマーカスだがギャングだけでなく捜査官も妨害してしまったため上司のハワード刑事からお叱りを受けます。

シドは何処にマネーを運んだのか捜査上言えないためマイクとマーカスは情報屋アイスピックを訪ねます。

ハイチ系ストリートギャングのアジトを襲撃すると監視役が持っていたカメラにスパニッシュ・パール葬儀社が映っていました。

外国の持ち株会社で名義人はジョニー・タピアだとマイアミ署で調べ上げ害虫駆除会社を装ってタピアの家に盗聴器を仕掛ける事に成功します。

 

タピアの家にアレクセイが訪れるが、アレクセイの側近ジョセフがバラバラに殺されフロリダにあるクラブすべて奪われてしまいました。

マイクはバラバラになったジョセフの指とシュレッダーで処理された紙屑を持ってタピアの家を脱出します。

紙屑を調べるとディキシー7というボートの写真が復元されました。持主がKKKのフロイトだと分かり釈放させ協力を求めます。

また盗聴しているとタピアとシドがビーチで会う約束をしていました。マイクとマーカスはシドに会いに行きタピアがロシア人マフィアを殺し始めている事を教えます。

シドはタピアのマネーロンダリングの証拠を掴むためアレクセイに近付いていたのです。

マイクとマーカスはフロイトに取引が行われる場所までディキシー7で案内させシドも同行します。

待ってる間、マイクはシドと付き合っている事を告白するとマーカスは怒るがタピアの組織がボートで現れ棺桶を運んでいました。

尾行すると相手に害虫駆除会社を装って潜入した二人組だとばれてしまいます。

激しいカーチェイスを終え1人遅れて逃げる者を追跡するが棺桶は消え証人はマイクが殺してしまいました。

 

マーカスは転属願いを出しておりタピアを捕まえた後はコンビ解散だと言います。

マイクは葬儀社に潜入する許可をもらい所々にカメラを設置します。死体の中にはエクスタシーが埋め込まれており棺桶の中には金が隠されていました。

マーカスは死体を見て気分が悪くなり吐いてしまいます。コップに水を入れて飲むがエクスタシーが2錠入っているのに気付きませんでした。

声が聞こえたのでマーカスは死体の隣に隠れるが連れて行かれてしまいマイクは外で待機している捜査官に救急車で建物に突っ込めと指示します。

職員が何事かといなくなった隙にマイクは急いで駆け付けマーカスを起こして脱出します。

 

令状をもらうため証拠を持ってハワードの家を訪ねるがマーカスはエクスタシーが効き出しおかしくなります。

マイクは証拠を収めたカメラを見せマーカスの方を見ないようにハワードに話し続けます。

 

結末

令状を取りTNTは突入するが死体と棺桶は運ばれた後でした。

マイクは金と麻薬を運んでいるボートを追跡し捕まえました。

しかし、囮捜査としてシドはタピアの家にいたが害虫駆除の二人は刑事であり知り合いだとばれていました。

またタピアに恨みを持つアレクセイは1人で乗り込んできたが正常ではない状態となって精神的におかしくなっており突入したTNTにやられました。

タピアはシドを人質にしてプライベートジェット機でキューバの領空に入っていました。

アメリカは人質を取った犯人と交渉しない決まりがあり外交的な解決を図ろうとするがマーカスは納得できません。

マイクは「生きるも死ぬも一緒だ、一生バッドボーイズだ」と声を掛けるとTNTのメンバーも集まります。またCIAが元デルタの諜報爆破部隊を送り込んでくれました。

 

隠れ屋に到着するとタピアの屋敷の目の前でした。

屋敷は軍隊が警備しており厳重だったが地下から潜り込む部隊と棺桶に入って侵入する部隊が待機し爆弾を仕掛けたラジコンカーを走らせ軍隊が集まってきたところ爆破させます。

爆破を合図に一気に襲撃を掛け銃撃戦となります。シドを救出するがどんどん軍隊が集まりだします。

トンネルから脱出するのは間に合わないのでマイク、マーカス、シドは車で逃走を図ります。

タピアが後を追ってくるがアメリカ軍基地まで逃げます。地雷原に立っている事で動く事が出来ず気付くとマイクはタピアに銃を突き付けられていました。

シドが地雷に銃を投げ爆破した隙にマーカスがタピアを撃ちました。

 

ネタバレあらすじ/バッドボーイズ フォー・ライフ

マイアミ市警のマイクは相棒のマーカスの孫が誕生すると知り間に合ってほしいと猛スピードで向かいます。

孫の誕生に皆が祝福するなか、メキシコサンタマリア刑務所に収監されていた女性囚人アレタスは暴動を起こして救急車に運ばれるところを息子アルマンドに救出されます。

アレタスは父親が遺した金で我ら一家を破滅させた者に復讐するのだと告げます。アルマンドは母親から手渡されたUSBをパソコンに繋ぎリストを確認するとその中にはマイクの名もありました。父親が隠した金を発見し街を牛耳っていたボスを始末して手下を従わせる事に成功します。

 

重傷を負うマイク

孫が誕生したマーカスのためにお店を借り切って盛大に盛り上がるマイクは「もう年だし孫の成長を見届けたいから引退する」と言われ驚くが街路に出るといきなりフルフェースを被ったバイクが現われ銃弾を受けます。

マイクが25年マイアミ市警で働いている事もあり上司のハワード警部はどんな手を使ってでも犯人を捕らえるよう命じます。

その頃、アルマンドは「奴には仲間がやられるのを見せつけて最後に殺せと言ったはずだ」と母親から叱咤されます。腹いせにすぐに行動に移しリストにあったヴァーガス元検事とDEA(麻薬取締局)のウェバーなど次々と狙撃して始末していきます。

~6ヶ月後、マーカスの娘の結婚式に車イスで参上したマイクは撃たれてから初めて立ち上がり祝福を述べました。

マイクは早速捜査をさせてくれとハワードに頼むがマーカスが引退を決めており生意気な若手エリート刑事陣から成るAMMO(マイアミ・ハイテク捜査班)が捜査しているからダメだと言われます。

AMMOのリーダーは元恋人リタであり「お願いだから何もしないで」と言われます。

 

捜査

マイクは独自に捜査を開始しP90カスタム弾の製造者がブッカー・グラッシという人物だと突き止め捜査担当にしてくれと願い出るとハワード警部はほっといたら勝手な行動をとってしまうためAMMOに加わるよう許可を出しました。

取引現場を突き止め姿を確認するとリタは「被害者がいるから待て」と命じるがマイクは頷きながら勝手に出て行きます。

取引現場で銃撃戦が始まったのでマイクは突入してブッカーを守りながら援護するが彼は息を引き取っていました。

マイクは上司に怒られるが「ちょっと撃ったが奴等が勝手に銃撃戦を始めたんだ」と言い訳します。

マーカスに呼び出されたマイクは車に乗り込むと心配されるがやたら速度が遅いため後部座席を確認すると孫が乗っていました。

マイクはエステに行っているマーカスの妻の元にそっと孫を置いて逃走し捜査するとついにホテルでフルフェースを被るアルマンドとぶつかります。

格闘するがアルマンドは「苦しめて」と母親から言われていたため途中で逃走しました。

 

バッドボーイズ

ハワードがアルマンドに射殺されてしまいマイクとマーカスが「バッドボーイズ復活」を決意します。

ブッカーの帳簿を調べるといつも同じ会計士を使っていたので家に押しかけるとAMMOも突入してきました。

マーカスは最後のバッドボーイズを復活させたがAMMOと一緒に協力する別バージョンだと言いました。

キーチェーンにアクセスできたので会計士のSNSをチェックするとその中に麻薬や武器の売人ズウェイローがいるのにマイクとマーカスは気付きます。

ズウェイローはタグリンの手下だがマイクが襲撃を受けた日にタグリンは亡くなっていたため新しいボスがアルマンドではないかと疑います。借り入れも銀行口座もなく明日誕生日であるため祝うであろうセキュリティーが充実しているクラブを調べると予約に名前があるのを発見します。

 

気付かれて逃走させてしまったマイクとマーカスは車で追いかけ発砲して転ばせます。車に押し込むと数台のバイクが現われ発砲を受けるがAMMOが駆け付け蹴散らします。

銃撃戦となるなか、マイクとマーカスはAMMOに任せサイドバイクで逃げたズウェイローを追います。

前方にアルマンドが乗るヘリコプターが現われいきなりロケット弾を放たれたためマイクはサイドを外して交わします。マイクはズウェイローはヘリから垂れ下がる梯子にしがみついたのでマイクも掴むがアルマンドは邪魔だとズウェイローを射殺しました。

マイクはアルマンドが「アスタ・エル・フエゴ」と口にしたので驚いて手を放し海に落下しました。

 

結末

マイクはズウェイローの携帯の通話記録を調べ「アスタ・エル・フエゴ」と通話先がメキシコの者に送りました。

そしてメキシコの刑務所を調べるとアレタスが脱獄していた事が分かります。その時、「ハロー、マイク」とアレタスから返信がありました。

マーカスはマイクの様子がおかしい事に気付き声をかけると犯人のアルマンドはマイクの息子だと分かります。

まだコンビを組む前、メキシコの麻薬撲滅のために潜入捜査をしていたマイクはボスの妻アレタスの運転手をしており深い付き合いだったのです。殺されたのも撲滅に関わっていた者であり「アスタ・エル・フエゴ」とは2人の合い言葉だったのです。

マイクは1人でメキシコに向かうがそんなのはマーカスもAMMOのチームもお見通しです。

マイクは廃墟したホテルに向かうとアレタスが階段から下りてきました。カメラ付きのネックレスを奪われてしまい映像が途切れてしまったAMMOはドローンで確認すると銃を持って向かうマーカスの周囲に敵が20人もいました。

マーカスが銃を突き付けられやってきたのでマイクはアレタスに銃口を向けます。AMMOはドローンを爆破させると銃撃戦となります。

アレタスとアルマンドがヘリで逃走しようとしたのでマーカスはパイロットを射殺して墜落させます。

アルマンドと再び格闘を繰り広げるマイクは「お前は俺の息子だ、もうやめろ」と手を出すのを止めます。アルマンドは母親が認めたのにマイクに銃口を向けたので止めろと一歩前に出たため撃たれてしまいます。

駆け付けたAMMOがアレタスを射殺し、マイクとマーカスはアルマンドを連れて今にも崩壊しそうなホテルから脱出しました。

「刑務所送りにはなるが必ず俺が力になる」と告げるとアルマンドは頷きました。