「万華楼」全話ネタバレあらすじ一覧・感想を交え最終話の結末まで(キャスト)

作品情報/キャスト

バイ・ルーとライ・イー共演・相性最悪の2人が事件解決のためにタッグを組むラブ史劇

節度使が統治する地方都市・銀城はシルクロード貿易で栄えており万華楼を境に上流階級の住む北城と庶民が暮らす南城に分かれていました。

南城の覇権を争う竜竹帮の帮主・竜傲一は北城最大の絹織物商家から貴重な金糸が盗まれ当主の李清流に犯人だと疑われる。濡れ衣を晴らすため新絲路で働くことになり李清流から商売の神髄を学び始める。

出生の秘密を知った李清流は竜傲一を残して都に戻る決断をするが、謎の陰謀に巻き込まれた竜傲一はある目的を胸に李清流の側室として宮中に入り込む。

スポンサーリンク
李清流(ライ・イー)竜傲一(バイ・ルー)李昭/昭王(ファン・イールン)炎彬(ジャイ・ズールー)七眼(スン・イーファン)杜長風(チアオ・シンフォン)杜小仙(シュー・ムーチャン)鳳おかみ(ホアン・シアオレイ)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全40話で紹介

 

ネタバレ感想/万華楼

 

第1話・利権を賭けた勝負

唐代、安史の乱の後、

藩鎮の勢力が拡大し剣南道の銀城は天然の要害にあり繫栄した地方都市でした。蜀の地は地勢に恵まれ気候も良く絹織物産業で栄えていました。

銀城は万華楼を境に上流階級の住む北城と庶民が住むにぎやかな南城に分かれ、南城では竜竹幇と蛇幇の二大組織が何年も覇を争っていたが決着はつきませんでした。

 

万華楼で会合が行われることになり蛇幇の幇主・七眼は既に到着していたが竜竹幇の新しい幇主・竜傲一が姿を現しません。

幇主の従者・小芹は竜傲一が酒の勝負で酔いつぶれていたので急いで輿に乗せ運ばせます。

一方、北城で最大の商家・新絲路の新作発表も万華楼で行われる予定で当主・李清流は黄色い声援を背に向かっていました。

ばったり出くわすと小芹と新絲路の総管・炎彬は自分たちが先に付いたから道を開けろと口論になります。

李清流がお菓子を買っている間に外で吐いていた竜傲一は馬車を間違えて乗り込み戻ってきた李清流に蹴っ飛ばされます。

 

李清流が率いる新絲路は新作を発表し、竜傲一は商売の権利を賭けて七眼と勝負します。6皇子・李昭(昭王)は民の噂話を耳にし面白そうな賭け事だと思い見に行きます。

李清流から勝たせてやるから儲けは半分ずつだと誘われた竜傲一は受け入れるが種繭の取引は任せろと告げます。李清流も北城になる土地の権利書を賭けると七眼から令牌を出させることに成功します。

同額価値になると竜傲一は茶碗をたたきつけ破片の数で勝負し見事に利権を勝ち取りました。

李清流は令牌を持ち去ると七眼は土地の権利書の5枚のうち4枚が偽物だと気付き争いが勃発します。

(賭け事はよくわからんが李清流は3年間業者から徴税できる令牌が欲しかっただけのようだ。李清流のいかさまが発覚したので勝負がなかったことになるのでは?)
スポンサーリンク

 

第2話・盗人の疑い

6皇子・李昭(昭王)は徴税に漏れがあり深刻と聞いていたので節度使の杜長風を訪ねます。

李清流を捕まえた竜傲一は幼い子供たちがひもじい思いをしていると嘆いたあと誘惑するフリをして令牌などを取り返し逃げます。

繭の取り引き権を竜竹幇に奪われた蛇幇は承服できずに奪還の機会を狙っていました。

 

賭けの様子を見ていて興味を持った昭王は配下に調べさせ竜竹幇幇主の竜傲一が五雲閣(妓楼)に住んでいることを知ります。

そのころ、新絲路には刺繍に使う金糸が届くが箱を開けてみると中は空で盗まれていました。盗人の物と思われる服の切れ端を目にし南城の馬府の工房を訪ねると五雲閣に売ったと知ります。

李清流は妓楼に手がかりがありそうだと侵入すると女性が湯浴みをしていたので急いで隠れ出て行きます。物音に気付いた竜傲一は小芹かと思い出ていくと誰もいなかったが玉佩が落ちていたので拾います。

 

李清流は鳳おかみに金を渡し片っ端から妓生を連れてこさせます。芸も体も売らない竜児とかいう者の噂を耳にし連れてこさせると竜傲一だったので驚きます。

金糸を盗んだと疑われた竜傲一は頭にきて蹴っ飛ばそうとするが足を掴まれ悲鳴を上げます。鳳おかみや妓生たちが乱暴するとは許せないとなだれ込んできます。竜傲一の部屋から出てきた目撃情報があり湯浴みしているところを除いていたんだと詰め寄られる李清流は仕方なく逃げ出します。

闇市の競売所を発見する李清流は最後の目玉商品が金糸のはずだと読みます。竜傲一は七眼がいるのに気付き笠を借りて顔を隠すがその者は昭王でした。

 

(新絲路の副当主・杜小仙の父は杜長風だが何かあやしいな。娘から情報を得て新絲路を狙っているっぽい、娘の方はそれに気付いていないのでしょうね。昭王が調べているのもそのあたりだと思われる。それにしても女性が近付くと眩暈する李清流、なんじゃそれw)

 

第3話・容疑者

最後の目玉商品を手に入れようとする竜傲一は李清流も参加したので女が怖いのに何で妓楼に来たんだと心理的追い込もうとするが金で勝ち目はなく負けてしまいます。

競りで勝利し金糸を1万両の高値で買い戻せたと思っていた李清流だが箱の中身は別物でした。金糸に見せかけて金額を釣り上げたんだと疑い追いかけて捕らえるがその場にいた昭王を負傷させてしまいます。

 

昭王を怪我させてしまった竜傲一と李清流は牢獄に入れられてしまい、そこで初めて皇子だったのかと知ります。

投獄の知らせを聞いた炎彬と小芹は差し入れを持って面会に訪れます。竜傲一は新絲路の金糸が盗まれたときに落ちてあった布切れが竜竹幇の大春の物だったと聞かされるがその日に行方をくらませたと知らされます。

朱誠志から通関証を差し出せばすぐに釈放すると話を持ち掛けられた李清流は断り、厳重に保管するよう炎彬に伝えます。

(娘の小仙が必死で金糸を得ようと頑張っているのに杜長風は金糸の売買をするなと命じていましたね。そして金糸を盗んだのは七眼・・・杜長風と七眼は手を組んでいるのかしら?そして大春は競売の時に胡椒を売っていて昭王が調べていたから全員が何かしらで繋がってますね)
スポンサーリンク

 

第4話・口封じ

大春は闇で売ることを引き受けただけなのに竜竹幇が盗んだと噂が立っていたので仲間に迷惑がかかると思い幇主に話すと告げると口封じに遭ってしまいます。

蛇幇の七眼は竜竹幇に罪を着せた事で繭の取引件を奪い返すことに成功し牢獄されている竜傲一に刺客を送ります。

竜傲一はいきなり出ろと言われたが着衣が乱れ歩き方がおかしいので初めて見る顔だと叫ぶと李清流がその者の腕を掴みます。蛇幇のタトゥーがあったことで七眼の仕業だと分かるが刺客は1人だけでなく次々と襲ってきます。

 

朱誠志は新絲路が納めている税は銀城の半数の官吏を食わせているので李清流を釈放するべきと杜長風に告げます。通行証の件は昭王を利用すれば何とかなると告げると杜長風は頷きます。

李清流のおかげで助かった竜傲一は彼が傷を負っていたので手当てします。大春が幇主の命で金糸を盗んだと文を残し首を吊って亡くなったと知らされるが何者かに罪を着せられたはずと思います。

釈放される李清流は同じ場所で捕らわれたのだから竜傲一も釈放するべきと訴えると受け入れられます。

 

竜傲一は新絲路に同行すると昭王がいたのであんたのせいで牢獄されたと言い放ちます。衣と簪を昭王から贈られると杜府の宴に招待されているから同席してくれと頼まれます。

(これから濡れ衣を晴らすために新絲路で働くことになるのかな?昭王は竜傲一に一目ぼれしたのかしら?牢に刺客がなだれ込んだのは無視なのかwまるでなかったかのようだw)

 

各話あらすじ一覧/万華楼

1話2話3話4話(ページ内にジャンプします)

竜竹帮の帮主・竜傲一は北城最大の絹織物商家から貴重な金糸が盗まれ当主の李清流に犯人扱いされる。容疑者の竜竹帮の大春が幇主に命じられて盗んだと文を残し首を吊った事で口封じに遭い何者かが竜竹幇に罪を着せていると疑う

5話~8話まで

5話6話7話8話

濡れ衣を晴らすために新絲路で住み込みで働き捜査する竜傲一は主管たちが裏でつながり犯行に及んだのではと疑う。嫌がらせにより原材料が入手できなくな李清流は江南の商家と契約し切り抜ける。竜傲一は金糸を無事に取り戻すが黒幕を暴く手がかりを失ってしまう

9話~13話まで

9話10話11話12話13話

新絲路は嫌がらせを受け帳場を封鎖されてしまう。通関証を手放すつもりはない李清流は銀子も材料もないので女物の肌着を作るよう提案すると竜傲一が着心地と実用性を兼ね備えた新しい胸当てを作ると放火され・・・

14話~18話まで

14話15話16話17話18話

貧しい民にも買えるよう竜傲一は安価な枕を竜竹幇に作らせるが模倣品だと李清流に叱咤され新絲路を出て行く。竜傲一が行商人を殺害し懸賞金がかけられていると知った李清流は濡れ衣だと確信し行方を捜す。炎彬たちは二人が閉じ込められている窯を発見するが・・・

19話~23話まで

19話20話21話22話23話

李清流と共に新絲路を築き上げてきた小仙だが李清流が相談もなしに竜傲一と店を開いたのでショックを受ける。李清流は東女国への贈り物を届ける役目を朝廷から任され竜傲一たちと出立するが必ず関所を通るように道が塞がれていたので何か魂胆があるはずだと気付きます

24話~28話まで

24話25話26話27話28話

李清流と竜傲一は武器製造の図解書を国外に持ち出した罪を着せられ斬首されそうになったが金吾衛の元大将軍だった呂乗雲と丞相が現われ李清流が皇子だと知らされる。鳳女将を殺した者に復讐するため竜傲一は長安へ行くが刺客に襲われ・・・

29話~32話まで

29話30話31話32話

昭王に助けられた竜傲一は踊り子に扮して丞相の宴に侵入するが媚薬を盛られた酒を飲み李清流と一夜を過ごしてしまう。竜傲一は白錦鯉の玉佩を調べるために宮中を自由に動けるように妊娠したと訴え皇帝に認められるが・・・

33話~(アップしたらリンク付けします

妊娠していないのがバレた竜傲一だったが太妃との会話で妊娠していなくても愛する彼女に変わりはないと李清流は受け止める。徳妃が画仙紙に毒を染み込ませて独孤皇后や華陽公主を殺し皇太子にも同じ手を使って毒殺を試みたと李清流たちは突き止めます。告発しようとするが先に昭王が母親を告発・・・

最終話まで

懐妊を装い宮中に侵入した罪で斬首を告げられる竜傲一だが太妃などの取りなしで命は助かる。婚儀の日、黒幕である李清流に拉致される竜傲一、李清流は小仙と縁を切るために毒茶を飲み干す。二人は毒虫のいる穴へ落とされ昭王は丞相によって葬られてしまう。丞相は筋書きを用意するが・・・