韓国ドラマ「僕のヤバイ妻」ネタバレ感想・6話~8話あらすじを結末まで

作品情報/キャスト

日本ドラマをリメイクしたキム・ジョンウンとチェ・ウォニョン共演の韓国ブラックコメディ

ユンチョルとジェギョンは結婚6年目の夫婦。事業がうまくいかないユンチョルは生活に息苦しさを感じソンミと不倫を重ねていたが殺害計画を持ち掛けられる。毒を混入した赤ワインを手にして帰宅すると血痕と身代金を要求するメモが残されていた。妻のいない生活に自由を感じるが心のこもった妻の手紙を目にし後悔する。身代金の受け渡しを要求され指示に従うが不倫がバレてしまい妻の殺害容疑で逮捕されてしまうが・・・

スポンサーリンク

 

ユンチョル(チェ・ウォニョン)ジェギョン(キム・ジョンウン)ソンミ(チェ・ユファ)ハ・ウネ(シム・ヘジン)ソ・ジテ (イ・ジュニョク)キム・ヒジョン( チョン・スヨン)ノ・チャンボム(アン・ネサン)など

 

韓国ドラマ「僕のヤバイ妻」全話あらすじ一覧はこちら

全16話(32話分)で紹介

 

ネタバレ感想/僕のヤバイ妻

 

第6話/うわてな妻

ジェギョンはユンチョルが何者かにナイフで襲われていたのでスパナで殴り掛かり助けるとユミンだったので驚きます。

「私は捕まってもいいの。あなたは私に頼まれてしただけなんだから勝手なことはしないで」

ユミンは自分が望んで一人でやったんだと訴えるが浮気する夫に執着するジェギョンが理解できずその場を去っていきます。ジェギョンは大丈夫かと声をかけるが「これも二人で仕組んだことだろう、出て行く」とユンチョルに言われ夫婦なんだから我慢しろと言い放ちます。

「浮気する夫の殺人まで思いとどまらせ、陰で後始末まで完璧にやってきたんだ。私がどれだけ頑張ったか分かるでしょう」

隣人のミンギュは妻ウネが作ったパエリアを届けようとしていたのでとんでもない修羅場を見てしまいます。

 

ユンチョルは「ユミンの潜伏先を見つけたから金はうちらの物、もうスマホを返していい」とソンミから電話を受けるが急に声かけられトースターの中に投げ込みます。

ジェギョンは自分のスマホにすぐに気付くとユミンからの留守電を確認し、やはり夫とソンミは一緒だったかと把握します。

ジェギョンは夜遅くに出て行きバー「SUD」の社長ジンス(学生の時の家庭教師)にユミンが勝手な行動をとると相談します。

 

金はもともと私の物

ユンチョルは出勤する前に警察署を訪ね盗聴器を妻が見つけたと渡します。ソンミはユミンが出かけて行ったのを確認して部屋に侵入するが男(ジンス)が入ってきたので急いでクローゼットに隠れます。

男が出て行ったので急いで出て行き、ここからはあなたの番だとユンチョルにキーを渡します。

「私ならあなたを最期まで守れる。誓ったからどんな手を使っても約束は守る」

妻を恐れるユンチョルはとにかく50億を手に入れれば復讐できると思いユミンの部屋に侵入するがどこ探しても金がありませんでした。ユンチョルに尾行されているのを知っていたジェギョンはわざと金を見せてユミンが持っているように仕向け、コーヒー店で自分宛てに送っていたのです。

パトカーのサイレンが聞こえ急いで外に出るユンチョルはユミンが流血して倒れていたので疑われるのを恐れ逃げ出します。

(ソ・ジテ刑事の妻ヒジョンはジェギョンの事件をヒントに小説でも書き始めたのかな?そしてミンギュとウネがよく分からない夫婦なんだよね、ミンギュの方は独立したがっているのと誰かからお金貰っているみたいだが何でしょうね。にしてもユミンが何かかわいそうだな、どうしちゃったのかしら。)

 

第7話/完璧な妻

ホテルの前でユミンが転落して亡くなっているのを目にしたユンチョルは疑われるのを恐れ逃げ出します。

これも妻の仕業なのかと疑っていると聞き込み中の刑事に声をかけられアクセルを踏んで振り切って逃げてしまいます。

店にいたジェギョンはローンがかなりあるようだと確認していると様子を探りにチャンボムが来店しました。

適当に会話を交わしているとソ・ジテ刑事がやってきて事件現場からユンチョルが逃走したと知らされ驚きます。

 

ソンミの家に逃げ込んでいたユンチョルは刑事がやってきたので窓から逃走します。

車に乗り込むと後部座席に隠れていたジェギョンから忘れものだと結婚指輪をはめられ「本当に手のかかる人ね」と言われます。

「ここはソンミの家ね、また会ってたの?助けられるのは私だけよ。あなたに人を殺す度胸などない」

通報され刑事たちがやってきたのでやはり妻の仕業かと思うが「4時まで黙秘していなさい、必ず助ける」と言われます。

スポンサーリンク

 

釈放させるついでに・・・

ユミンはナイフを手にしたまま転落していたので自殺ではなく他殺でした。ユンチョルが参考人として連行されたと知ったソンミは警察署に駆け付けるとジェギョンとすれ違います。

ジェギョンの弁護士から二度とユンチョルに近付かない事が条件だと多額の退職金を渡されます。

任意だから釈放するよう求めると、そのタイミングでナイフからユンチョルにの血痕が検出されたと報告が入ります。

ジェギョンは前に命を狙われたときに付着した指紋だと訴え、ユミンを殴った時にスパナを渡します。なぜその時に通報しなかったのかと聞かれ、自首を勧めたら時間が欲しいと言われたからだと告げます。

そして嫌な予感がして訪ねようとしたらユンチョルが危ないからと変わりに行ってくれたのだと説明します。

そしてN31から手紙が届き刑事が確認するとジェギョンに想いを寄せるユミンの遺書であり犯行を認め金は燃やしたことが書かれていました。

 

50億の行方

4時まで黙秘していろと言われていたユンチョルは釈放されるが誘拐事件まで解決させた妻に驚きます。

しかも無実を明らかにさせるのは前提済みのせいかマスコミにちゃっかり店の宣伝までし、働かせてほしいと謝罪にやってきたソンミを迎え入れ好感度をあげていました。

ジェギョンは遺書を用意し自殺を装って隠れてほしいと頼んだが本当に亡くなってしまったと嘆きます。ユンチョルは「何も悪くない、ここから再出発しよう」と慰めるが温度と湿度の管理が繊細なコーヒー豆が落ちているのを目にしピンときます。

ユミンの部屋に侵入した時にアイスボックスにコーヒー豆が入っているのを不審に思っており二人が会っていたのもコーヒー店だったので送ったのだと読み50億があるのを確認しました。

金があるという事は遺書も偽物であり、やはり妻の仕業だ、恐ろしい奴だと思います。ソンミに手に入れたぞと喜んで電話するが金だけを追って調査していたチャンボムに背後からスタンガンでやられます。

(ユンチョルはそんなに賢かったっけwチャンボムは本当に金だけの人みたいで元刑事の知恵を活かして一人で調査してましたね。なんか存在というかキャラがちょっと鬱陶しいのよねwソンミを演じるチェ・ユファさん、どこかで見た事があると思ってたら最近BSプレミアムでやってたピョンガンでヘ・モヨン演じていた人ね)

 

第8話/危険な選択

ジェギョンは命を落としたユミンからの手紙が届き「自分たちの知らない敵がいるかも、気を付けて」と電話するがユンチョルは50億を手に入れたので笑みを浮かべながら話を流します。

ユンチョルはソンミに手に入れたと電話するが独自の調査で在処を突き止めたチャンボムにスタンガンで襲撃をくらいます。なんとか足を掴んで争うが仲良く折半しようと話し合って解決します。

ソンミが喜んでやってきたのでユンチョルは折半したことを説明します。そこにジェギョンがやってくるとソンミは落ちていたスタンガンを手にしてユンチョルを気絶させ金を持ち運びます。

 

ジェギョンは倒れているユンチョルを発見し声を掛けます。スタンガンでやられたと言われるが金が無くなっていることや、床にコーヒー豆が散らばっていることで誰かと争ったのではないかと追及します。

ユンチョルは僕を襲った犯人がユミンを殺したのかもと訴えて誤魔化します。

ジェギョンはゴミ箱が空になっているのを目にしコーヒー店の宅配伝票を捨てたことを思い出します。コーヒー店を訪ねて誰かに何か聞かれなかったかと写真を見せるとチャンボムだと分かります。

自分の大切な物を奪う者は消えてもらわねば・・・そう思うジェギョンは鉢植えに隠していた赤ワインを引っこ抜きます。

スポンサーリンク

 

争奪戦

ジェギョンはチャンボムを訪ねストレートに50億返してくださいと訴えます。しらを切るチャンボムは「もし自分が奪っていたら証拠を出すか脅して取り返すしかない」と笑います。

ジェギョンは毒は入っていませんと告げお弁当を置いて帰ります。チャンボムから電話を受けたユンチョルは何で妻が知っているのかと恐れます。

ジェギョンは慌てて電話しているのを目にし勘が働きます。

 

妻にバレたと聞かされたユンチョルはソンミを連れて急いで出て行こうとすると刑事に話があると止められます。

ユミンが他殺だと判明し近くで近くで女性が走り去るのが防犯カメラに映っていたためソンミが疑われたのです。否定してさっさと刑事を帰らせ海外逃亡を図るがユンチョルはパスポートを忘れていました。

ジェギョンは姪チェリムを誘い、誘拐したように仕向け50億を工場に持ってこいとチャンボムにメールします。チャンボムから「金を持ってこなければ殺す」と電話を受けたユンチョルは埋めたばかりの金を掘り返します。

 

チャンボムとユンチョルは合流して工場へと急ぎます。ジェギョンはたっぷりと脅したうえで金を回収しチェリムの居場所を教えます。

椅子に拘束されるチェリムを目にしたチャンボムとユンチョルは驚くが、父親から想われていることを証明してあげるとジェギョンに言われていただけだと知ります。

来てくれてありがとうと娘に言われたチャンボムは娘が一番大事だったことを気付かされ涙を流し抱きしめます。

ジェギョンは金のために今まで優しくしていたのかと訴えると「もう金は要らない」とユンチョルに離婚届を突き付けられます。どこにも行かせないと抱きしめるがスタンガンに気絶させられます。

(金いらないとか言って50億持って出て行きましたねwヒジョンの姿がたびたび目撃され怪しいけど前に小説を書いている場面があったから事件を追っているだけの気がするなwまったく話さないから謎だ)

9話からのネタバレ