映画「ヒョンジェ 釜山港の兄弟」ネタバレ結末/刑事と犯罪者、兄弟の対決

スポンサーリンク

 

作品情報キャストの紹介

ソンフンとチョ・ハンソンが共演した韓国クライムアクション。

釜山の養護施設で育ったテジュとテソンは性格が正反対なために兄テジュは刑事、弟テソンは犯罪者となった。

20年後、ソウルの江南署に属していたテジュは歴史的遺物を盗んだ事件を調べるため釜山に派遣されるとテソンの組織だと分かる。

テソンは地元犯罪組織で活躍し兄弟が育った養護施設園長の娘チャンミと交際中していたがテジョンは捜査しているうちに黒幕たちがカジノ建設のために養護施設を狙っていることを知る。

パク・ヒジュン監督/テジュ(チョ・ハンソン)テソン(ソンフン)チャンミ(ユン・ソイ)サンドゥ(コン・ジョンファン)ミング(イ・イクジュン)など

 

ネタバレあらすじ

ヒョンジェ 釜山港の兄弟

1996年、釜山テキサス村。

二卵性双子のテジュとテソンは児童養護施設「希望園」で育ちます。

性格が正反対なこともありテジュは真面目で優等生だったがテソンは不良で問題ばかり起こしていたため園長に叱られてばかり、そんなテソンを園長の娘チャンミは庇います。

園長からもついに見放され博打か喧嘩以外何も出来ないのかとテジュは何度も叱るがまったく聞く耳を持たないので「自分はソウルに引っ越す、お互い関わらずに生きよう」と言い放ちました。

 

兄は刑事、弟は犯罪者

20年後、ソウル江南警察署のテジュ警部補は歴史的遺物が盗まれた事件を調べるため釜山のキジャン警察署に合流します。

釜山ではテソンが名をとどろかせていたので早速「弟でも捕まえに来たのか」と罵られます。

テソンは園長に反対されながらも自分のところに来てくれたチャンミと交際しており弟分のミングと共に犯罪組織で活躍していました。

サンドゥとはいつも敵対していたが会長とサンドゥの父親が馴染みとゆう事もなり厳しく罰せられる事はなくテソンも特に気にしていませんでした。

 

東釜山カジノの営業権を争っているのはマリップカーンのシェーンと利泰院のファン、2人は仲良く見えても敵同士で抗争が予想されました。

シェーンは釜山と慶州の遺物を日本に売って勢力を拡大しマカオにカジノ、釜山と慶州、大田に建設会社を設けていました。

シェーンのスポンサーでもある日本のヤクザが新羅の智証王が使用したとされる玉璽を欲しがっていることから動き出しているのが予想されます。そこで浮上したのが19歳で殺人罪で服役し出所後、偶然シェーンを助けてから活躍して右腕的存在となっているテソンでした。

テソンは慶州一帯の盗掘者を雇い玉璽を捜しているがライバルがサンドゥであり、しかもサンドゥはシェーンとテソンを排除して組織を乗っ取ろうと企てておりカン刑事と内通していました。

またビジネスのためには自分たちが育った希望園の土地が必要だと分かります。

 

兄弟の過去

チャンミは誕生日に花をプレゼントされ喜ぶがテソンがチンピラを従えてやってきたので不機嫌になります。

テソンは「チンピラではなくビジネスマンだ」と伝えるが彼女はまっとうな生き方をして欲しいと望んでいるため理解出来ません。

テジュは園長に挨拶に訪れるとチャンミがテソンと一緒にいると知り驚きます。園長からも「さっさと警察にぶち込んでくれ」とお願いされます。

テジュはテソンを呼び出すと「警察は給料安いからな」と金を手渡されるが振りほどき、「俺たちが育った希望園には手を出すな、チンピラでも良心ぐらいあるだろう」と言い放ちます。

刑事だった父親は犯人を追って事故死しました。その時、一緒に事故死した犯人の母親から妬みを買い同じく刑事だった母親は子供を守るために刺されて亡くなりました。

「必ずテソンを守ってね」とテジュに伝えたのが母親の最期の言葉でした。テジュはタイタニックの映画を一緒に見に行こうとしたが待っていてもチャンミがやってこなかった事、テソンはその日にチャンミに性的暴行したジェームズを叩き潰したこと、兄弟はそれぞれ思い出します。

スポンサーリンク

 

テソンは希望園はそのまま残すと会長と約束していたがサンドゥの横やりで計画が知らずに変更されていたことを知ります。

「キム・ユシンが三国統一の前に愛馬の首を刎ねたのは揺らぐ心を斬るためだ、愛するものが成功の邪魔になることは多い、この世界ではサンドゥみたいな奴が成功するから気を抜くな。」

テソンは移転費用を用意するが「金で解決しようとするな」と園長に引っぱたかれます。金は何でも手に入ると口にすると「まっとうな道へ導こうと頑張ってきたが今ではお前は何をしようが関係ない。ただ娘とは別れろ」と言われます。

一方、押収品の管理を任されていたテジュはカン刑事から「もし玉璽が手に入ったら希望園の土地買えるぞ、互いに協力しよう」と言われます。子供が重い病気で先が短く安い給料だと治療費だけでも精一杯なためテジュはとりあえず1回見逃すが押収品をサンドゥに売ったカン刑事は殺され罪を着せられてしまいます。

 

結末/ヒョンジェ 釜山港の兄弟

玉璽を手に入れたテソンはサンドゥのせいでテジュが警察に追われていると知ります。会長に会いに行き玉璽を渡すと「サンドゥは怪しいから言うな」と忠告されます。

スポンサーに会いに行く会長だったがサンドゥの部下たちに刺され命を落とし玉璽をとられてしまいます。会長にとどめを刺したのはテソンの弟分ミングでした。

しかしテソンは偽物をサンドゥに渡していました。そしてテソンも裏切ろうとしたが土壇場になってやはり出来ず救おうとして刺されて亡くなります。

「玉璽を餌にテジュを呼び出した、ここままだと殺される」と最期の言葉を聞くテソンだがテジョンは返り討ちにしていました。

男のスマホを取り出しリダイヤルしてみると「サツはやったか」と聞かれ「生きていて悪かったな」と答えます。希望園に行ってみろと言われたので急行すると園長が倒れていました。

一方、「会長とミングを殺してタダで済むと思っているのか」とサンドゥに電話するテソンだが「玉璽を持ってこなければチャンミの命はない」と言われ希望園に向かいます。

テジュは玉璽を警察に届け「テソンだけは自分に任せてください」とお願いしました。こうして兄弟はサンドゥの組織に立ち向かうがチャンミが人質になっているので抵抗できずボコボコにされます。

そこにヤク中になったジェームズが現われ「あの日、テジュとチャンミが映画に行くのを邪魔するよう指示したのはテソンだ」と言いました。

実際は手を出さないことを条件に邪魔するよう指示したがそれは別の人でありそれを盗み聞きしていたジェームズが襲ったのです。警察が来たのでテジュは失神しているテソンを連れて教会に行きます。

テジュは「今逃げれば一生逃げ続ける。戻ってこい。俺は母さんとお前を守ると約束した」とテソンに伝えるが追ってきたサンドゥに撃たれます。テソンは持っていた銃でサンドゥを仕留めるがテジュは「いい弟であってほしい。もう会わないなんて言ってすまなかった」と告げ命を落としてしまいます。

 

感想/ヒョンジェ 釜山港の兄弟

どんな終わり方なんでしょうか、はっきり言って「兄弟愛」も理解出来なかったな。

テジュは母親と約束していなくても両親が優秀な刑事だったから警察になっていたと思う。

テソンは正直よく分からない。自分が人質にならなければ母親は亡くならなかったと罪悪感を抱えるのはいいとして何で犯罪者になるのか、しかも殺人罪で服役までしていたんでしょう。

「なんで俺ばっかり酷い仕打ちに」って犯罪者だからでしょ、そしてそんな人間にずっと恋するチャンミも理解出来ない、はっきり言って園長が気の毒だ。

汚れ仕事は自分だけでいいとか綺麗事にしかちょっと思えなかったかな。ミングの行動もはっきり言って理解出来ないし「兄弟愛」を気付かせようとしすぎるセリフも嘘っぽい。ちょっと残念だったな。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました