Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画

ドラマ映画

「運命は踊る」ネタバレ・あらすじ・ただ息子を救いたかったんだ・・・(感想・キャスト)

デビュー作「レバノン」で66回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いたイスラエル人サミュエル・マオズ監督が8年振りに手掛けた作品で第74回ヴェネチア国際映画祭で審査員大賞など計3部門に輝いた。イスラエルの大都市テルアビブで暮らすミハエルとダフナ夫妻は息子ヨナタンが戦死した知らせを受け悲しみに暮れるが誤報だったことが判明。
ドラマ映画

「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」ネタバレ・あらすじ・懸命に生きる人々をみて同情を深める捜査官(感想・キャスト)

ベテランICE(移民税関捜査局)のマックス捜査官(ハリソンフォード)は不法入国者を厳しく取り締まるが苦しい環境の中で懸命に生きようとする人々を見て同情を深めていきます。職務外でも協力するようになったマックスは殺害された同僚捜査官の妹が偽造カードを持っていたことで独自に捜査を進めるのだが・・・・。
ドラマ映画

「 嘘はフィクサーのはじまり 」ネタバレ・あらすじ・嘘を重ねて人脈を広げる(感想・結末)

リチャード・ギア主演「 嘘はフィクサーのはじまり 」感想・ネタバレ・あらすじ。自称フィクサーのノーマンは甥っ子の弁護士フィリップに頼りながら嘘を重ねて人脈を広げていました。イスラエルのカリスマ的政治家エシェルに偶然を装って接近し高級な靴をプレゼントすると数年後に思わぬチャンスが・・・
スポンサーリンク
ドラマ映画

「 冷たい晩餐 」ネタバレ・あらすじ・息子の犯罪を将来があるからと守ろうとする大馬鹿な親(感想・キャスト)

40カ国以上で翻訳されて国際的ベストセラーになったオランダの作家ヘルマン・コッホ原作をオーレン・ムーヴァーマンが映画化。「 冷たい晩餐 」感想・ネタバレ・あらすじ。2組の夫婦は互いに気が進まないのを隠し人気高級店で食事をすることになるが会話が進むにつれ深刻な問題が浮き彫りとなっていく。
ドラマ映画

「見えない太陽」<ネタバレ・あらすじ>孫息子がイスラム教徒となりシリアに行こうとしていた(感想・キャスト)

地方で農業を営むミュリエルは久しぶりに孫息子アレックスと再会し自宅に泊めるがイスラム信者になった事に気付く。 アレックスと幼なじみのリラがいる教団はテロリストと繋がっておりシリアに渡ろうとしていた・・・・ 監督はアンドレ・テシネ ◆ミ...
ドラマ映画

「 gifted / ギフテッド 」< ネタバレ あらす > 普通の感情を守るため天才的な才能を厳格な母親から守る!

姉が残した7歳の娘メアリーと片目の猫フレックと暮らすフランクはボートの修理業をしています。 メアリーが姉と同じように天才だと気付き学校では普通にしてろと伝えるが学校側は英才教育のために私立校への転校を勧めてきます。 また何より隠したかっ...
ミステリーサスペンス-映画

「 スリー・ビルボード 」< ネタバレ あらすじ > 街の看板に警察への抗議メッセージ!愛娘を失った母親の怒り!

愛娘を殺された母親は一向に犯人が逮捕されない事に頭にきて道路沿いにある人目に付く3枚の看板に警察への抗議メッセージを掲げます。 アメリカ中部の架空の町が舞台、母親役を演じたフランシス・マクドーマンドは第90回アカデミー賞で主演女優賞、そし...
ドラマ映画

「 女は二度決断する 」<ネタバレ・あらすじ>愛する夫と息子をテロで失った女性は復讐に走るのか

爆弾テロで夫と息子を失ったドイツ人女性カティヤ。 夫がトルコ系移民で過去に問題があった事から当局は移民同士の抗争を疑いました。 やがてネオナチ組織の犯行だと分かり若い夫婦が逮捕されるが無罪判決が下された事でカティヤに復讐心が芽生...
ドラマ映画

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」<ネタバレ・あらすじ>甥の後見人となり悲惨な過去と向き合う(感想)

ボストン郊外で便利屋として働くリーは兄が倒れたと連絡を受け故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻るとすでに亡くなっていました。 兄の16歳の息子パトリックの後見人になっている事を知らされ故郷に移るがリーは過去の耐えがたい経験と向き...
ドラマ映画

「Buy Me バイ・ミー」<ネタバレ・あらすじ>裕福な家庭で生まれ育ったロシア人少女が飛び込んだ世界は・・(キャスト・感想)

感想・あらすじ・ネタバレ。裕福な家庭に生まれ育ったロシア人少女カーチャはなんの不自由もしなかったが退屈さを感じモデル事務所に登録する。そしてパリに留学すると偽りファッションショーに出るつもりでドバイに向かうが飛び込んだ世界は国際的な女を商売にする組織だった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました