ホラー-スリラー映画

スポンサーリンク
ホラー-スリラー映画

「来る」ネタバレ・あらすじ / 家に取り憑いている何か(感想・キャスト)

日本ホラー小説大賞に輝いた作品を岡田准一、妻夫木聡、松たか子など豪華キャストで中島哲也監督が映画化。超常現象に悩むイクメンパパから依頼を受け、オカルトライターとキャバ嬢霊媒師が調査することになるが取り憑いた「あれ」は強敵だった。やがてイクメンパパが亡くなり恐怖が迫る。「来る」感想・ネタバレ・あらすじ
ホラー-スリラー映画

「インモラル・ルーム」<ネタバレ・あらすじ>迫り来る魔の手から逃れろ(感想・キャスト)

米国人カップルのブライアンとキャシーはイタリアの宿泊できるワイナリーで休暇を過ごします。ジョギング中に足を怪我してしまったキャシーは通りかかった地元人男性フェデリコにワイナリーまで送ってもらうが彼はストーカーであり仕掛けたカメラで常に監視していた。
ホラー-スリラー映画

「ワイルドリング 錯覚する少女」ネタバレ・あらすじ・森で育った少女の身体に異変が!(感想・キャスト)

森の中にある小屋の一室で閉じ込められて育った少女アナ。部屋の外に出ると人間を食べるワイルドリング(野獣)に狙われると言われ続けていたが、ある日目覚めると女性保安官エレンに助けられ病室のベッドにいました。エレンに引き取られたアナは普通の生活を送るようになるが身体に異変が・・・
スポンサーリンク
ホラー-スリラー映画

「シャークネード6 ラスト・チェーンソー」ネタバレ あらすじ⑥時を超えた冒険(感想・キャスト)

コメディ要素たっぷりのシャークパニック第六弾で完結。もはやシャークというより嵐がメインの話になっているがついに完結です。世界崩壊後、未来から来た息子ギルに導かれたフィンは初代シャークネードを止めるべく時空を超える。そして本来のギルを巻き込みタイムマシーン化したシャークネードを追う。
ホラー-スリラー映画

「シャークネード5 ワールド・タイフーン」ネタバレ・あらすじ⑤戦いは太古から続いていた(感想・キャスト)

NATOの戦略会議でロンドンを訪れたフィンは組織を結成したノヴァから連絡を貰い、太古に人類がシャークネードと戦った秘宝を発見するがシャークネードが発生しフィンの息子ギルを巻き込んだ。今回のシャークネードは初めてアメリカを飛び出し世界中で暴れまくる。
ホラー-スリラー映画

「シャークネード4(フォース)」ネタバレ・あらすじ ④砂や岩、オイルや放射能を巻き込んだ巨大ハリケーン(感想・キャスト)

コメディ要素たっぷりのシャークパニック第四弾。気象安定システムによりシャークネードを食い止め平和が訪れていたが5年後、遊びに出かけたラスベガスで巨大竜巻が襲来し水槽を破壊してシャークネードとなった。やがて原発まで破壊し放射能までも巻き込むトルネードが・・・。
ホラー-スリラー映画

「シャークネード エクストリーム・ミッション」ネタバレ・あらすじ ③サメは宇宙にまで(感想・キャスト)

コメディー要素たっぷりのシャークパニック第三弾。2度も国を救ったフィンは大統領から勲章を授与されるがワシントンでシャークネードが発生しホワイトハウスを破壊した。やがてフロリダに接近していると知り妻たちが遊びに行っているユニバーサルスタジオに救出するため向かう。
ホラー-スリラー映画

「シャークネード カテゴリー2」ネタバレ・あらすじ②サメの大群を巻き込んだ巨大ハリケーンが再び(感想・キャスト)

サメの大群を巻き込んだ巨大ハリケーン第二弾。 前作でハリケーンを消し去り英雄として称えられていたフィンは元妻との関係が戻りつつありました。しかし再びシャークネードが発生しニューヨークを襲う。 監督=アンソニー・C・フェランテ ◆フ...
ホラー-スリラー映画

「シャークネード」ネタバレ・あらすじ ①巨大台風がサメの大群を巻き込んで接近(感想・キャスト)

テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」に出演していたアイアン・ジーリングが全作品で主役を勤める。メキシコ沖で発生した巨大ハリケーンは急激な海流の変化で大群となったサメを巻き込みカリフォルニアのビーチに押し寄せていました。やがて台風は大都市ロサンゼルスをおそう
ホラー-スリラー映画

「死霊館のシスター」ネタバレ・あらすじ・尼僧が首を吊った真相とは?(感想・キャスト)

感想・ネタバレ・あらすじ「死霊館のシスター」。1952年にルーマニア聖カルタ修道院でシスターが自殺しました。修道者にとって大罪でありバチカンは不審な点があることから真相を調べるためバーク神父と見習いシスターのアイリーンを派遣します。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました