邦画ファンタジー一覧/作品情報キャストの紹介と物語のネタバレあらすじを結末まで。

ファンタジー

映画「いなくなれ、群青」ネタバレ結末/島に隠された謎を解き明かせ

横浜流星と飯豊まりえの共演の青春ファンタジー映画「いなくなれ、群青」の作品情報キャストとネタバレあらすじを感想結末まで紹介。原作は大学読書人大賞を受賞し読みたい本ランキング一位を獲得した河野裕の小説。捨てられた人々の島に隠された謎を解き明かすミステリー。
ファンタジー

映画「九月の恋と出会うまで」ネタバレあらすじと感想結末/時空を超える一途な想い

高橋一生と川口春奈がダブル主演した映画のネタバレ含む感想結末。松尾由美の同名小説を山本透監督が映画化した時空を超えた奇跡の恋。アーティストしか入居できないと言われているマンションに引っ越した志織だったが1年後の未来にいる隣人の声がエアコンの穴から聞こえてきた。
ファンタジー

映画「ツナグ」ネタバレあらすじ/感動作・前に進ませるために死者と再会させる仕事

ユリゴコロなどで活躍する松坂桃李が2012年に初主演を飾った感動作映画「ツナグ」のネタバレあらすじと感想結末。原作は直木賞作家・辻村深月の同名小説で監督は「春待つ僕ら」などの平川雄一朗。死者との再会を1度だけ叶える事が出来るツナグに3組の依頼。
ファンタジー

映画「コーヒーが冷めないうちに」ネタバレあらすじと感想結末/作品情報とキャストの紹介

必ず泣ける。2017年本屋大賞にノミネートされた川口俊和の小説「コーヒーが冷めないうちに」と続編「この嘘がばれないうちに」をもとに塚原あゆ子が映画化した感動作のネタバレ含む感想結末とキャストの紹介。有村架純を主演に石田ゆり子、吉田羊など豪華キャストでおくる。
ファンタジー

映画「今夜、ロマンス劇場で」ネタバレあらすじと結末(感動作)綾瀬はるか×坂口健太郎

綾瀬はるかと坂口健太郎が共演した感動作。作品情報キャストの紹介とネタバレ。映画監督を夢見る青年はモノクロ映画に出てくるお姫様に恋をしていたがスクリーンから参上。奇妙な同居生活が始まり現実世界を案内するが姫に「人のぬくもりに触れると消えてしまう」秘密がありました。
ファンタジー

映画「無限の住人」ネタバレあらすじと結末/依頼主が用心棒の心配してんじゃねぇ! 木村拓哉×杉咲花

木村拓哉主演で実写映画化した「無限の住人」のキャストとネタバレを結末まで紹介。不死身の隻眼の剣士・万次は目的もなく死ねない事に苦しみ生かされていました。天津景久ひきいる逸刀流に道場を潰され両親を殺された凜から用心棒になって欲しいと頼まれ亡くした妹にそっくりだったので引き受ける
ファンタジー

映画「本能寺ホテル」ネタバレあらすじと結末/宿泊したホテルは戦国時代と繋がっていた

綾瀬はるかと堤真一が共演した映画「本能寺ホテル」のキャストとネタバレを結末まで紹介。結婚に迷う繭子は相手の父親に挨拶するために京都を訪れ路地裏に立つホテルに宿泊します。エレベーターから出ようとすると1582年にタイムスリップしてしまい織田信長と対面する。
ファンタジー

映画「青天の霹靂」ネタバレあらすじと結末/強く望まれた存在なんだと気付く感動作

感動作・ 劇団ひとり二作目の小説で大泉洋を主演に脚本(橋部敦子と共同脚本)、監督、出演を自身で成し遂げた。キャストとネタバレあらすじを結末まで紹介。自分の人生を恨んで生きてきた売れないマジシャンが雷に打たれ40年前にタイムスリップ、両親と出会い父親とコンビを組んで舞台に上がることになる。
ファンタジー

映画「戦国自衛隊1549」ネタバレあらすじと結末/歴史を修復させるため戦国時代にタイムスリップする自衛隊員

映画「戦国自衛隊1549」ネタバレあらすじ。陸上自衛隊東富士駐屯地で人工磁場シールド実験途中に事故が発生し第3特別実験中隊が1547年の戦国時代にタイムスリップしてしまいます。2年後に連れ戻そうとタイムスリップするが織田信長となって富士山を崩落させ国を作ろうとしていた。
ファンタジー

映画「岸辺の旅」ネタバレあらすじ/失踪していた夫が三年振りに突如戻ってきたがすでに死んだ身だった

深津絵里と浅野忠信が共演した映画「岸辺の旅」ネタバレを結末まで。ピアノ教師をしている薮内瑞希は夫が失踪してから笑顔が消えました。そんな彼女の前に3年振りに夫が戻ってくるが「俺、死んだよ。三年間の旅路を辿る旅に出ないか」と言われ不思議な旅が始まる。
ファンタジー

映画「信長協奏曲」ネタバレあらすじを結末まで/戦のない時代を夢見てサブローの思いは届くのか

連続ドラマ化された「信長協奏曲」の劇場版のキャストとネタバレを結末まで紹介。高校生のサブロー(小栗旬)はタイムスリップして織田信長と生き「戦のない時代」を目指す。本物の信長は横やりして天下統一を狙うが明智光秀(山田孝之)も狙っていた。帰蝶(柴咲コウ)と愛の行方は。