邦画/洋画/アジア映画/連続ドラマ/小説などのネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「朱蒙・チュモン」ネタバレ・あらすじ/韓国時代劇・高視聴率!!高句麗建国した朱蒙(第5章)高句麗・扶余・連合軍万歳!

韓国-歴史ドラマ

 

 

ネタバレ・あらすじ

朱蒙/第5章/最終話

 

クムワ王はテソに王の座を譲る事を決意する。

朱蒙(チュモン)大王とクムワ王の関係によりなんとかうまくいっていたが、

テソが王になれば高句麗の敵になるのは間違いないと考え戦を仕掛けるべきと官僚達は進言するが朱蒙は扶余へ行き同盟を結びたい事を伝える。

テソの即位式に向かった高句麗だったが、

ヒョント城で捕えたファン率いる漢の使節団も扶余と同盟を結ぼうと参加していた。

武術大会でピリュ王子が参加し勝ち続けたが決勝で負けてしまう。

テソは一般参加で武術大会に参加し優勝したものを扶余の面子が保たれた事に喜び扶余の護衛兵として雇う。

この一般参加で優勝したものはユリである。

ヘモスと別れた場所・チョンム山を訪れた朱蒙だったが、

何者か分からない集団に襲われピリュが腕を負傷し高句麗へ退却する。

この時、テソに朱蒙の動向を監視しろと命じられていたユリが高句麗と供に戦い敵を退けている。

扶余で刺客にあった事を朱蒙は持ち出しテソに圧力をかけ同盟を結ばせた。

扶余宮殿の出入りが可能になったユリにたいして、

イエソヤは扶余王の側室である場所に折れた短剣を埋めてあるから見付けてきてほしいと頼む。

それを見付けたユリは、父親は高句麗の大王、朱蒙だと聞かされ高句麗宮殿へと向かった。

 

朱蒙は死んだと思っていたユリと対面し、扶余に潜んでいる病気のイエソヤをユリと供に探し高句麗宮殿に招いたのである。

イエソヤとユリが生きていた事にソソノは驚くが、

派閥が起きてはならないと考えピリュとオンジュには歓迎して迎える事を頼み、王妃の座をイエソヤに譲る覚悟を決める。

スポンサーリンク

 

ファンが送り込んだ遼東郡の刺客によって高句麗の鉄器工場は燃やされ鍛冶職人が亡くなってしまった。

警備隊長であったヨンチェリョンの子、チャンスを朱蒙は投獄します。

モパルモから熟練した職人がいないと何も造る事は出来ないと聞かされ、朱蒙は、マリとチェサを扶余に行かせ高句麗の武器を伝授する約束で扶余の熟練した鍛冶職人を疑われる事なく連れてくる事に成功する。

高句麗の鉄器工場を全焼させ職人も全滅させたから今こそ両軍で高句麗に戦を仕掛けるべきだとファンから進言され、高句麗の頑丈な武器が手に入ると喜んでいたテソは朱蒙に騙されたと分かり激怒する。

 

チャンスが投獄された事でヨンチェリョンとヤンタクは謀反を起こす計画を立てるが、

感付いたソソノはサヨンやヨンタバルを連れて後を追い阻止する事に成功し二人を国外へ追放します。

しかしイエソヤが回復すれば大使の座はないとたきつけられたピリュ王子も加担していてソソノは落断します。

扶余の王の座を譲り渡したクムワは宮殿を出て民に話を聞きながら生活していた。

途中、漢で捕えられていたヨンポも合流するがファンが送りだした刺客に襲撃されクムワは重症を負う。

扶余宮殿に戻ったものの傷が致命傷となりクムワはこの世を去る。

”朱蒙と手を組んで漢を倒してほしい”

クムワの最後の言葉を受けとめ、

父クムワの仇のためテソ王は高句麗の朱蒙大王と同盟を結び漢と戦う決意をする。

 

朱蒙は訪ねてきたテソと大使者プドゥクプルの提案を聞き賢明な判断と称賛し受け入れた。

高句麗と扶余の連合軍は漢の遼東郡へ戦する準備にかかる。

高句麗は遼東郡の密偵を捕えていたために両軍の動向をファン太守はまったく把握出来ていなかた。

そんなファン太守は国境守備隊を責め有利にたっていると勘違いしていた。

テソ王は先制攻撃された報告を受けるが、

高句麗が遼東に進軍している事を朱蒙から聞いていたため郡を率いて朱蒙の元へ向かう。

ソムン国境が破られはしたものの、

その間に両軍はコヒョン城を攻め落とし占拠する事に成功する。

遼東城を必死に守るため遼東平野に遼東郡は構え、

連合軍は長安からの援軍が来る前に決着をつけるために3つの部隊に分かれ攻める。

(この戦により朱蒙の側近である左将軍ムゴルが命を落とす。)

連合軍は常に優勢に立ち遼東郡は退却を余儀なくする。

長安からの援軍が駆け付け士気を取り戻した遼東郡と連合軍は全面戦争となる。

連合軍は一致団結し、数で勝る遼東郡を全滅させファンの首を朱蒙が取りました。

高句麗  万歳!  扶余  万歳!

得られた成果を分け合い連合軍は勝利を祝った。

 

王位争いをして欲しくないと考えるソソノは高句麗を去る決意をする。

王子であるピリュやオンジョ、そして側近であるサヨンなどが説得にあたったが、チョルボンの民を連れて南方へ行きピリュとオンジョに新しい国を建国してあげたい母親の決意は固かった。

 

ソソノの想いに心痛しながらも朱蒙は受けとめ、

餞別に一番古い付き合いの鉄器頭モパルモをソソノに預けた。

ソソノは新しい国を造り古朝鮮の領土を広げる新たな大業へ向けて出発する。

(後に南方に百済ペクチェを建国する)

流民を救いだし卒本(チョルボン)を統一、

高句麗を建国し領土を広めた朱蒙はユリに王を譲り40歳で死す。(完)