韓国ドラマ「復讐代行人 模範タクシー」ネタバレ感想・4~6話あらすじを詳しく

作品情報・キャスト

韓国漫画をドラマ化、タクシー運転手が犯罪被害者たちの復讐を代行して無念を晴らすイ・ジェフン主演の痛快アクション

批判を浴びながら出所した犯罪者を乗せたタクシーが刑務所を出ると行方をくらます。検事は捜査のなかでタクシー運転手ドギと出会うが彼はつらい過去を抱え被害者に代わって復讐を代行する模範タクシー(10年間無事故無違反に与えられる資格で車体が黒いタクシー)のメンバーとして人知れず悪人を懲らしめる日々を送っていた。実際に起きた事件、特に加害者がまともな処罰を受けなかった事件を扱ったことで話題となり高視聴率を獲得!!

スポンサーリンク

 

キム・ドギ(イ・ジェフン)カン・ハナ(イ・ソム)チャン・ソンチョル(キム・ウィソン)アン・ゴウン(ピョ・イェジン)ペク・ソンミ(チャ・ジヨン)など

 

「復讐代行人~模範タクシー」の全話あらすじ一覧はこちら

全部16話で紹介

 

ネタバレ感想/復讐代行人

 

第4話・愛のムチ

イジメに遭うジョンミンから依頼を受けたドギは教師として潜入するといじめっ子リーダーのスンテに脅された女子生徒からわいせつな行為をされたと訴えられます。

しかしガキの考える事などお見通しでありドギが呼び出されている間に鞄に入れられた女子生徒の写真は女子校生に扮して潜入していたゴウンがスンテの鞄に移し校長に助けてと電話していました。

そしてスンテに脅されていた映像を女子生徒に見せ、ここまでは大目に見るが次は容赦はしないと訴え真実を語らせます。

 

今まで段ボールを運ぶ老人からタバコを買っていたスンテ達は警官に取り調べを受けていたようなので近付くと売っていたのが大麻だと知り慌てて逃げ出します。

スンテに殴れと挑発されたドギは生徒達が撮影しているのに気付き授業はしなくていいからみんなで動画を見ようと告げます。思いも寄らない対応に生徒達はカメラを下ろすとスンテ達が大麻を隠すために必死に埋めている映像が流れたので驚きます。

スンテ達が掘り起こそうとしていたので違法薬物は警察に届けるのが国民の義務だと電話します。テスト中にお腹が空いたから買ってきてくれと金を渡すと弱みを握られたスンテは従います。

 

ドギは金を貸せと要求するとスンテが雇ったチンピラを率いて待ち構えていました。チンピラ達を一掃しスンテを屋上から蹴り落とすといじめっ子達は必死に許しを請います。

悪事をすべて陳述書にまとめ警察に出頭するよう命じると刑務所に入った方がましだと素直に従います。屋上から蹴り落とされ気を失っていたスンテはチェ主任たちに受け止められ移動しており目を覚ますとなぜか目の前には大量のパンが置かれていました。

ドギは食べた分はジョンミンの奢りだが残したパンの個数とジョンミンから奪った金、慰謝料を掛けて請求すると告げバイト先を紹介します。

辛いだろうが今までイジメを受けていた人達は絶えていたんだと訴えると反省するスンテは涙を流します。

ソンチョルはジョンミンの母親を訪ね息子さんが奨学生に選ばれたから大学に進学したら財団が支援すると告げ証書を渡します。

 

財団の食事会に招待されたドギは席に付くと次長検事とハナ検事がいました。酔っ払った2人を見送りハナを家まで送ろうとしたドギは歩き始めるが突如倒れてしまい、ハナは救急車の中で銃傷が多いドギの体を目の当たりにします。

(今回の復讐執行は最後はほっこりしましたね。にしても今の時代の先生は本当大変だと思います。高校生は義務教育ではないのだから校則を厳しくしある程度は我慢することを覚えさせなければいけないと思うけどね)
スポンサーリンク

 

第5話・正義のあり方

病院で目を覚ますドギは倒れてハナ検事が病院に運んでくれたとソンチョルから知らされます。駆け付けたゴウンは疲れている人に酒を飲ませるなんてパワハラだとソンチョルに怒ります。

退院したドギだが母親を失った時の光景が蘇ってトラウマに苦しみます。気晴らしにドライブに出かけようとすると同じように会いたいのに会えない苦しみを抱えるゴウンが乗ってきました。

 

ハナ検事は謎の模範タクシーの映像をワン捜査官に入手してもらいます。ソンチョルから被害者リストを見せてもらったハナは自分が被害者遺族だったら犯人を許せるのだろうかと考えます。

韓国一のストレージ・サービス会社・Uデータを訴えた元社員ソ・ヨンミンが自殺未遂をした件が気になり事情聴取を行います。

すると次長検事に呼び出され告訴取り下げになったと告げられます。キム検事長が引退して法律事務所に入り最初の仕事らしく協力するから蒸し返すなと言われるが納得できません。

訪ねていたソンチョルは次長検事がトイレに行っている間に彼が破り捨てた書類を拾い目を通します。

 

ドギはソンチョルから渡された書類に目を通すとUデーターのパワハラ問題でした。会長のパワハラは酷く、奢った酒を無理に飲ませて吐いた者や仕事でちょっとミスを犯せばクビだと言い放ち暴力をふるっていました。

暴力は日常茶飯事であり学力のないヨンミンはクビになったら一生終わってしまうと毎日びくびくして耐えていたが追い詰められて半年で会社を辞める事になってしまいました。

悪徳経営者だと掲示板に書き込んだのがバレると拉致され撮影されながら酷い暴行を受けました。

ハナはヨンミンの家を訪ねると入院していると知り向かいます。ヨンミンの妻から告訴して戦う決意を固めていたのに酔って自殺を図るなんて絶対にあり得ないと訴えられ事件性があると確信します。

 

ドギは自殺未遂した場所に行き暴力を受け突き落とされたのだと確信します。自ら復讐代行依頼を引き受け会議を開き、なんで告訴を取り下げたのか、なんで橋の下でヨンミンが発見されたのかを探るためUデーターの社員として潜入します。

出勤日、事件性を疑うハナ検事になんで社員なのかと聞かれ・・・

(ゴウンはハッカーの腕を買われスカウトされたのかと思っていたけどドギたちと同じように被害者遺族だったのね、事件性があるかは分からないけど・・・。それにしても酷い会社だわ、今の時代ならいくらでも証拠をゲットできそうだけどね、むしろ簡単w)
スポンサーリンク

 

第6話・すべての元凶

Uデーターの面接に合格したドギは潜入初日に会長に謁見を求めて断られたハナ検事と出くわしてしまいます。

社員証をぶら下げてしまっているため仕方なくパワハラが酷くてタクシーは辞めたんだと咄嗟に嘘を付きます。検事の用件を探るようゴウンに伝え出勤すると去年の売り上げを超えたらしく社員たちがパク会長コールを大合唱していました。

隠しカメラを通して見ていたゴウンは会社ではなくまるで新興宗教だと呆れます

 

次長に呼ばれたハナは部屋に入るとソンチョルと元検事長キム弁護士がいました。示談になったのに何でUデーターに行ったのかと聞かれると知らなかった次長は驚くので迷惑掛けないために独断な行動だと告げ失礼します。

ハナはヨンミン以外にも被害者がいると知り最初は話も聞いてくれなかったがヨンミンが入院していると告げるとお見舞いに来てくれました。被害者チョン・ジンウォンの書類を作成してソンチョルに渡し支援を検討して欲しいとお願いします。

ドギは戦略企画室に入るためには実績を上げなければならないのでゴウンにハッキングするよう伝えると復旧まで一週間かかると伝えられた会長は大激怒します。ドギはアメリカにいたときに修正プログラムを作っておいたから10分あれば大丈夫だと告げます。

上機嫌の会長から特別ボーナスを頂戴すると社員たちから拍手が沸き起こるが企画部には昇進できませんでした。

 

闇金業者ペク・ソンミは違法手術しようとしたドチョルに逃げられたと報告を受けます。

ドギ達は社員を調べると前科者が多く借金まみれやアルコール依存症の人もいました。なにか理由があるのではと思い酔って喧嘩している姿をわざと見せつけ経歴を前科者に修正すると面白い奴だと認められ企画部に入ります。

戦略企画室に入ると専用アプリがあり、ゴウンが調べると盗聴や盗撮が可能でした。

帰り際、ハナ検事に協力を求められるがゴウンからアプリがオンになったと知らされたので会長は良い奴だ、俺は金を稼ぎたいのだと言い放ち追いやります。

 

会長から信頼されたドギは室長がご丁寧に裏切ったらこうなるとヨンミンの暴行映像を見せてきました。証拠を手に入れるために車で体当たりしてスマホを奪うと翌日部長から特別なキーを渡されます。

ハナから渡された書類に目を通すソンチョルは今すぐゴウンを今回の件から外せと電話するがゴウンは既にサーバーに接続して衝撃を受けていました。違法動画を販売しており、その中に遺作としてアン・ジョンウンの動画が売られていました。

(アン・ジョンウンはハナのお姉さんのようですね。そしてドチョルに逃げられた事でソンチョルはピンチだがペク・ソンミは目玉をくり抜こうとしていましたね。臓器売買でもしているのかしら・・・)

7話からのネタバレ