映画「第9軍団のワシ」ネタバレ あらすじ/父親の名誉回復のため黄金のワシを探しに行くローマ帝国

 

作品情報キャストの紹介

ローマ帝国最強の第九団の兵士5000名はカレドニアへ侵攻し戻ってくる事はなかった。軍団を率いていた名将の息子アクイラは20年後に父親の名誉回復のため危険な旅に出る。

監督=ケヴィン・マクドナルド◆マーカス・アクイラ(チャニング・テイタム)◆エスカー(ジェイミー・ベル)◆父方の叔父(ドナルド・サザーランド)◆グアーン=メテラス(マーク・ストロング)◆アザラシ族族長(ネッド・デネヒー)◆アザラシ族長の息子(タハール・ラヒム)◆ルトリウス(デニス・オヘア)

 

ネタバレ あらすじ

第9軍団のワシ

西暦120年、ローマ帝国第9軍団がブリタニアの北部に出撃したが5千人の兵士は戻らず、軍団の紋章であるワシも消えました。

皇帝ハドリアヌスは北部と断絶するため長城の建設を命じ、ハドリアヌスの長城は文明世界の果てとなった。

20年後、ローマ帝国属州ブリタニア。

第2軍団に属するマーカス・アクイラは新任隊長としてブリタニアの砦にやって来ました。

マーカス・アクイラは20年前に第9軍団を率いていたフラビウス・アクイラの息子であり父親の名誉回復のためにやってきました。

マーカスは父から授かったミトラスの神に祈りを捧げ、殻物が届かない事で周囲の村にドルイド僧が現れ危険だが偵察隊を出します。

闇の中から迷い牛の足音を聞いたマーカスは守備隊長ルトリウスに兵を武装させるよう命じます。

静かに待機しているとドルイド僧の襲撃に遭うがなんとか砦を守りマーカスは信頼を得ます。

翌朝、偵察隊がドルイド僧に捕まり砦の目の前で首を刎ねられます。

偵察隊を行かせたマーカスは自分で責任を取るためミトラスの神に祈り予備隊を集め亀甲隊形となり出撃して戦います。

捕らわれていた偵察隊を救出するがドルイド僧の迫力に押され退却します。

スポンサーリンク

 

勲章のワシ

負傷してしまったマーカスは目を覚ますと砦から移送されておりブリタニアのカレバにある父方の叔父・アクイラの家にいました。

マーカスは砦守備の功績により月桂冠が与えられるが負傷により名誉除隊となってしまった事を見舞いに来たルトリウスから知らされ、紋章であるワシを取り返すために奴隷として雇われていたエスカを連れて行きます。

エスカはブリガンテス族であり家族を殺したローマ帝国を憎んでいるがマーカスは命の恩人であるため仕えます。

マーカスはワシは鉄の塊ではなく勝利と偉業のしるしでワシがある所がローマの所業なんだと言います。

北へひたすら進むとハドリアヌスの長城に辿り着き、それを超えて更に北へと向かうと部族のはぐれ兵の悲惨な死体がゴロゴロ転がっていました。

ローマ人だと分かると殺されてしまうため現地語が話せるエスカを先に行かせるが川で休憩しているところ襲われます。

 

先住民の襲撃を退けながら大いなる森の雪山の奥へと進むと襲撃してきた者の中にローマ兵がいました。

第9軍団の第1大隊であったメテラスは進撃命令が出てから霧の中から急遽襲ってくるアザラシ族と戦う日々に怯えセルゴバエ族が受け入れてくれて生き延びていた。

アザラシ族の居場所はエスカが知っていました。エスカはローマ人であるマーカスは自分の奴隷だと説明すると縄で手首を縛られアザラシ族アジトに連れて行かれます。

エスカはブリガンテスの族長・クノバルの息子であるため歓迎されます。

ローマ人を嫌うアザラシ族だが客であるエスカの奴隷は財産でありエスカが信用している間はマーカスは殺されずに済みます。

マーカスはアザラシ族の祭りの時に族長の頭の飾りになっている黄金のワシを見付けます。

エスカはアザラシ族がみんな寝てしまった今がチャンスだと言い夜中にローマの紋章である黄金のワシをマーカスは手に入れます。族長に見付かるが父親の指輪をしていたのでマーカスは仇をとりました。

 

結末

マーカスとエスカは馬を走らせハドリアヌスの長城に向かって逃げるが地形に慣れているアザラシ族は近道をして迫っていました。

マーカスは足を怪我しており流れる血で気付かれてしまうため馬を降りて川を進みます。

動けなくなったマーカスは黄金のワシを差し出しローマに持ち帰るようエスカに命令しますが黄金のワシを受け取らず第9軍団の生き残りを見付けて連れて来ました。

マーカスの父親は最後までワシを守るため戦ったが他の兵は逃げ出したのです。恥じるあまり黙っていたが兵士達はマーカスから命令を受けるため集まりました。

「黄金のワシを守れ」とマーカスは命令します。

マーカスとエスカは第9軍団と供にアザラシ族と戦いました。黄金のワシを持ち帰ったマーカスは父親の名誉回復、そして第9軍団を再編すると知り喜びます。

エスカを奴隷と言った政治家に「君より名誉と自由に詳しい」と言い放ちました。

 

スポンサーリンク
戦争映画
スポンサーリンク
へぇ〜♪そうなんだ〜♪
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました