「大宋宮詞」全61話ネタバレあらすじ一覧&視聴感想を最終話の結末まで

作品情報/大宋宮詞

リウ・タオ&ヴィック・チョウ共演、平民から皇后にまで上り詰めた実在する女性の波乱の生涯を描いた中国ドラマ

北宋の第3代皇帝・真宗は皇太子になる前の襄王だったころに蜀の平民・劉娥に命を救われ愛し合うようになる。

身分を問題視する宮廷と朝廷からの反対、正室・郭清漪や側室・藩玉姝の存在などが立ち塞がるが劉娥は愛に生きることを決意するものの趙吉が太子になっても宮中に迎えられずに過ごす。

そんな中、遼が和睦の条件として両国の皇子を相手国へ人質に送ることを提案してくる。真宗は朝廷に劉娥を認めさせるため趙吉を人質に送ろうとするが・・・

スポンサーリンク

 

キャスト

劉娥(リウ・タオ)

蜀の平民、国と民への貢献が認められ皇后にまで上り詰める

襄王/趙元侃/真宗/趙恒(ヴィック・チョウ)

第二代皇帝・太宗の三男、戦乱の地から劉娥を連れて帰り妻にする。皇帝に即位後、名君として成長

郭清漪(チー・シー)寇準(リャン・グァンホア)蘇義簡(ツァオ・レイ)李婉児(リウ・ツォン)藩玉姝(チェン・ドンニー)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

 

ネタバレ感想/大宗宮詞

 

1話・皇子が連れて来た蜀の娘

976年北宋初頭、太祖・趙匡胤の亡き後に即位した弟の趙匡義は趙光義と改名し第二皇帝・太宗となりました。

趙光義は燕雲十六州の奪還を掲げ2度親征するが重い矢傷を負ってしまい、寿命を悟って皇太子の擁立で国の安定を図ろうとします。

1皇子(楚王/趙元佐)は優しく穏やかだか決断力に欠け、2皇子(許王/趙元僖)は勇敢だが思慮に欠け、3皇子(襄王/趙元侃)は文武両道で私心がなく国と民を第一に考えます。掟通りなら趙光義の弟で秦王・趙廷美が皇太子となるが放蕩が過ぎ君主の器ではありません。

趙光義は「皇子3人のうち孫をもうけた者を皇太子とする」と宣言すると正室・郭清漪が臨月の襄王に決まったも同然じゃないかと許王は不満を口にします。

 

襄王は未熟な自分が皇太子などなれないと陛下に告げるが遼が5万の兵を率いて代州に迫ってきていると急報が入り志願して出征します。

異民族の親交に加えて度重なる天災が発生し宋は内憂外患に苦しみます。地震で皇宮が倒壊するころ郭清漪は産気づくが無事に出産し、秦王と共に瓦礫に埋もれる皇帝は死を覚悟し皇位に就くために先帝を殺したことを告白し生きて出られたら先帝の子・徳昭を皇太子にすると告げます。

楚王と許王が助けに来るはずと告げると襄王を皇太子にしようとしたのだから来るわけないと秦王に言われるが無事に救出されます。

襄王戦死の知らせを受けた郭清漪は悲しむが無事に帰還したと知らせを受け、赤子を抱いて急いで出迎えに行くと襄王は蜀の娘・劉娥を連れていました。

郭清漪は民の娘が王府に入れるなんて幸運なことだから侍女として置きましょうと告げると処遇については皇帝に判断を仰ぐと言われます。

スポンサーリンク

 

戦地で襄王の命を助けていた劉娥は郭清漪に挨拶するが皇族と知って助けたわけではないと告げ褒美は受け取りませんでした。

放浪しなくて済むから一緒に行こうと誘われたが皇子だと知ってたら断っていたと侍女・李婉児に告げます。贅沢ができると言われるが愛する人と暮らせればそれでいいのだと告げます。

郭清漪は皇帝に抱かてる我が子・麟児が泣いてしまい不吉な子かと訴えられ動揺するが劉娥が子守唄を聞かせながらあやすと泣き止みました。襄王は命を恩人だと紹介すると誕生礼を終えてから娶ればいいと言われ感謝します。

民に披露するなか刺客に襲われ、麟児を託された劉娥は必死に逃げ出すがすれ違いざまに刺客に刺され赤子は命を落としてしまいます。

殺害の容疑を掛けられてしまった劉娥は投獄されてしまい李婉児は菩薩のような方が殺めるはずないと訴えます。毒酒を賜る劉娥は目に涙を浮かべ飲み干します。

 

(戦乱で家がなくなり孤独になった劉娥は流産の経験があるから夫がいたのかな?それにしても無実、証拠もないのに死罪なんて皇帝であっても好きになれないね。そして襄王は劉娥を愛するのは良いとして正室を冷遇するのはやめてほしい)

 

2話・義弟との再会

潘伯正の娘(潘玉姝)との婚姻の聖旨を読み上げられた襄王(趙元侃)は皇帝に謁見し「劉娥を失ったばかりの深い悲しみに暮れる私に婚姻を勧めるとは父上にとって女はただの道具なのか」と反発し引っ叩かれます。

毒酒を賜る劉娥は目を覚ますと義弟・蘇義簡に密かに助けられていました。生きていたのかと驚き再会を喜ぶと戦乱ではぐれてから蘇義簡は郭賢(郭清漪の父)に拾われ役人の職まで世話してくれているのだと言います。

李婉児も手を貸してくれたと知りお礼を告げに行こうとするが皇族のやり方は陰険だし死んだことになっているから襄王府には戻れないと言われます。

蘇義簡は言葉では劉娥を助けるよう伝言を受けたが郭賢の令牌には「死」と書かれていたので劉娥が生きている事は郭清漪には内緒だと李婉児に告げていました。郭清漪が酌量を求めたのは襄王の歓心を得るためだと告げます。

 

襄王と一生の愛を誓ったのに潘玉姝との婚礼を目にした劉娥は都を出ようとしたが麟児を殺した女を目にし後を追います。

秦王府に行き着いたので覗いていると何者だと声を掛けられてしまいます。蘇義簡は義姉の働き口を探していると訴えると招かれてしまい香児と名乗る劉娥は侍女として仕えることになります。

茶をたてると秦王に気に入られ、教えてほしいと秦王妃に呼ばれた劉娥は皇后の誕生日が近いから蜀繍で長衣を仕立てるよう命じられます。

 

潘玉姝は輿入れしてから一度も床を共にしていないと兄・潘良に不満をぶつけます。先帝の子・徳昭が帰還するから先帝の祭儀を執り行えと命じられる襄王は不機嫌な態度を隠すことが出来ずまだ劉娥を思っているのかと叱責されます。

皇帝と狩りに出る秦王は「皇太子の擁立にお前も候補だったが正気を失う息子がいずれ継ぐとなると国を治めることはできない」と言われ、生かしてはおけぬと剣を手に激怒するが皆に止められます。

秦王妃の側仕えとなった劉娥は5歳になる子がいるが屋根裏に閉じ込められているのだと知ります。

先帝の祭儀を終え徳昭と飲んでいた襄王は目を覚ますと徳昭が毒殺されており・・・

(この皇帝はなんなのさ、劉娥の葬儀中に潘玉姝との婚姻を命じるし生きてたら徳昭を皇太子にするんじゃなかったの?秦王は野心を隠しているように見えますね、劉娥はもう秦王妃の側仕えとは出世が早すぎるw)

 

3話・秦王の謀反

先帝の子・徳昭と酒を酌み交わしていた襄王(趙元侃)は目を覚ますと徳昭が毒殺されており、かよわい一介の書生さえ邪魔なのかと皇帝に訴えます。

皇帝は皇太子になるのは襄王しかいないと認めていたが人殺し扱いされたと嘆くと皇后に慰められるが楚王も許王もふさわしいと言われ政に口をはさむなと叱責します。

徳昭が不審死したのは襄王府であるため皇帝は襄王を捕らえさせ大理寺小卿・寇準に調査を命じます。

スポンサーリンク

 

密かに皇后と会った寇準は「徳昭は王座を狙っていたために襄王の不満を招いたと思われる」と皇帝に告げます。

対酌の最中に片方の杯のみ毒が残っていたため襄王以外に人手には触れていないと説明し襄王は犯行を認め服罪を望んでいると告げます。

襄王が平民に降格して追放されると知る劉娥は徳昭が亡くなり襄王が捕らわれ得をするのは秦王しかいないと思います。

蘇義簡に秦王府で麟児を殺した人を見かけたと告げ郭賢に伝えてほしいとお願いするが証拠が出て王命が出た以上お手上げだと言われます。

 

盧多遜から謀反を催促された秦王は皇后の宴の場で決行することを決めます。盧多遜が育てる踊り子は暗殺隊であり秦王妃は1人欠員が出たため劉娥に行くよう命じます。

皇帝はすべてお見通しであり兵を率いる盧多遜は一掃され、劉娥は皇帝を狙う踊り子を取り押さえます。逃げ場のなくなった秦王は皇帝に向かっていくが仮面をかぶる襄王が阻止します。

劉娥が生きていたと報告を受けた郭清漪は李婉児に騙したのかと追及するが陛下に嘆願してこいと命じながら父は劉娥の殺害を求めたと知り驚きます。

潘玉姝から劉娥を恨まないのかと聞かれる郭清漪は麟児を殺したのは秦王であり彼女は罪を着せられただけだと告げます。

 

秦王妃は子は無事だと知って安堵し牢の中で首を吊ります。秦王は麟児も徳昭を殺したのも盧多遜だと告げると皇帝は死人に口なしだなと笑います。

下手人でなくても黒幕であり朕の命も狙ったと責めると兄を殺して皇位を奪い弟を生かさないとは天罰が下ると言われ叩き殺し自死したことにします。

襄王は皇帝に謁見すると「劉娥の元夫は亡くなっており朕の孫が殺され秦王夫妻の死にも関わっている疫病神だからそばに置けん」と言われ父上と私の命の恩人だと訴えます。

しかし、宴で皇帝を守った功績を称え罪を帳消しにするから開封から追放せよと命じられてしまいます。

(これは寇準が陛下に襄王の仕業だと報告したのも計画の1つなのだろうか?皇帝に告げる前に王妃に唆されていたように見えたけど・・・そして王妃が楚王と許王を心配している事から襄王の生母は皇后ではなさそうね。)

 

全61話あらすじ一覧

 

1話~3話

1話2話3話(ページ内にジャンプ)

皇太子候補の3皇子・襄王/趙元侃を戦地で助けた蜀の娘・劉娥は皇子とは知らずに愛し合うが正室・郭清漪の子を殺した罪で毒酒を賜る事に。義弟・蘇義簡に救われた劉娥は秦王の謀反を暴き罪を帳消しにされる

4話~14話

4話5話6話7話

襄王は治水に向かうが地方官と結託して私腹を肥やしていた許王は疫病者だけでなく難民全員を隔離して火を放つ。それを見た楚王は錯乱し襄王は劉娥がいると蘇義簡から知らされ飛び込む。劉娥が出産した皇子と共に帰還する襄王は皇太子に冊封され・・・

8話9話10話

宋の趙吉と遼の耶律康が人質として交換される。劉娥は康の母となり趙恒は成長する康を燕安王に冊封する。地方軍を率いた丁謂が少数部族と共に戎州にて敵軍を撃破し重臣たちは驚く。タングートの平定に失敗した趙恒は褆摩族の族長を帰順させると淑妃懐妊の報告が入り喜ぶが康皇子が拉致されてしまう

11話12話13話14話

反乱を平定した班若石に趙恒は褒美を与えるが妹の文伽凌と亡骸の耶律康が送られてくる。劉娥は康の亡骸を蕭皇太后に渡して退軍を説得しにかかり吉と李婉児と再会する。趙恒は戦の構えを解かずに遼が講和を申し入れてきたため困惑していると寇準から引き延ばし策で戦は避けられないと言われ親征を決意する

15話~26話

15話16話17話18話

親征する趙恒は20万の兵を擁する王超が援軍を拒んだため王欽若を派遣する。李継和は謀反を企てるが寇準や蘇義簡が読んでいて捕らえられ、王欽若は無血で王超を捕らえる。趙恒は遼の遼の大将・蕭撻凜を討ち取るが人実とされた吉を盾にされ・・・

19話20話21話22話

遼の宰相・韓徳譲は講和のために人質を解放する。趙恒は協議に入り講和を成立させ吉を亡くし悲しむ劉娥を連れて凱旋するが先帝の遺勅を盾に老臣たちから入内を拒まれる。3年皇陵で供養することになった劉娥は疱瘡にかかって倒れていた青年を救うと生き別れた李婉児の弟だった

23話24話25話26話

疱瘡が都まで広がり佑皇子が感染したと知る劉娥は忍びで宮中に戻るが助けられませんでした。憔悴する郭清漪は劉娥に皇后となって後宮を仕切れと告げこの世を去り潘玉姝が出産した公主の手には6本の指が・・。3年の供養を終えた劉娥は徳妃に冊封され趙吉の位牌を太廟へ祭る

27話~38話

27話28話29話30話

宮中で禁忌とされる山猫が現れ貴妃は劉娥が太鼓で呼びこんだと噂を流す。宋から届いた絹に二級品が交ざっていた事で侮辱されたと耶律留守が激怒するなか韓徳譲は盟約を破るわけないと思います。病に伏せる趙恒を隠し何とか対処する劉娥は蕭皇太后の誕生祝に鳳袍を仕立てたいと耶律留守を足止めし・・・

31話32話33話34話

王欽若は宋を統治する正統性が記される天書と劉娥が求める火玉を飼いならした鶴を降臨させる。趙恒は王欽若の仕業だと見抜くが耶律留守を帰らせたので功績により不問にします。李婉児は懐妊し宸妃に昇格するなか劉娥の懐妊も明らかになり皇后に冊封される

35話36話37話38話

劉娥は安産祈願のために訪れた寺で甘露を口にし流産してしまう。潘良と潘玉姝は皇后は流産したはずと秘薬を使って確認するが母子とも健康と言われ困惑する。火事が起こり趙恒は駆け付けると李婉児は無事だと知り安堵するが産着に包まれた我が子を目にすると丸焦げになっていた

39話~50話

39話40話41話42話

劉娥は李婉児の子を我が子・皇太子として育てるが彼女が乱心しているので胸を痛める。そんな中、寿安公主の父親は鍾樵だと気付き内密に処理してあげようとしたが曹利用の調べは早く陛下に知られ藩家を取り潰しにあう。そして10年後。

43話44話45話46話

寇準は譲位と受禅の陰謀を企てたと見に覚えのない罪で左遷される。趙恒は皇太子が気を失ったことで王欽若と丁謂に封禅の段取りを命じ反対するなと皇后に告げます。そして自身の余命が長くないことを悟り来たるべき時に備え李婉児にある物を預けます。

47話48話49話50話

曹利用から陛下崩御の知らせを受ける劉娥は大臣と皇族の屋敷を包囲するよう郭崇信に命じ冀王を宮中にいさせる。皇太子の即位には異議はないが皇太后が補佐して政と軍を取り仕切ることに曹鑑は反対する。寇準は遺詔があるはずと捜索するが・・・

51話~

51話52話53話54話

皇陵を移転すれば地下水が湧き出る可能性があったが丁謂と王欽若に遮られたと刑中和から謝罪された劉娥はお前の主は丁謂なのかと叱責し曹利用が横領の証拠を突き止めた事で丁謂を左遷する。垂簾聴政を決意するが・・・

55話~

更新中