中国ドラマ「大唐流流」各話あらすじ・ネタバレ感想を最終話の結末まで

作品情報/キャスト

リー・イートン、シュー・カイ共演・唐の建国に貢献した大将軍の息子と刺繍職人の娘が陰謀や権力闘争に巻き込まれながら成長していく人間ドラマ

平穏に包まれる唐建国後、

時の大将軍・盛驍靖の長男、盛楚慕は母親から溺愛されて育ち長安城界隈では有名な放蕩息子でした。

遠征先で偶然に出会った商人の娘で才色兼備の傅柔と出会い自分に振り向かせるため改心し文武両道男になろうと修行に出る。

傳柔も裁縫の才を認められ後宮に登用されるが権力闘争や陰謀に巻き込まれていく

 

スポンサーリンク

 

傅柔(リー・イートン)盛楚慕(シュー・カイ)歆楠公主(ウー・ジアイー)周王(タン・ジェンツー)厳子方(ホン・ヤオ)陸琪(ホー・フォンティエン)陳吉(ワン・イージョ)傅音(ジャン・ナン)皇帝(マー・ユエ)皇后(ミャオ・プー)など

 

「華流ドラマ」おすすめ10作品

 

全55話で紹介

 

ネタバレ感想/大唐流流

 

第1話/広州一の美女

鲁国公府、

盛驍靖(鲁国公)は戦功も戦績も陸雲戟には劣らなかったが息子・盛楚慕は陸雲戟の息子・陸琪にぜんぜん勝てないのでこっぴどく叱ります。

母親から溺愛されて育った盛楚慕は喧嘩は強くないが「長安一の色男だと称賛されている」と言い放ちます。姉である韓王に嫁いだ王妃がやってきて妓女ごときで弟を殴ったのかと味方してくれるが甘やかすなと盛驍靖は激怒します。

逃げ出す盛楚慕は友人の杜寧が結婚する従弟を祝福するため広州に行くというので美女捜しを目的に馬車に乗り込みます。

 

広州一の美女と呼ばれる傅二夫人の娘・傳柔は花嫁衣装に身を包みます。傅三夫人が「私は一男一女を産んだからいいけど寂しいわね」と嫌みったらしくやってきます。

どうせ帳簿が目当てなんだろうと思い侍女に渡すよう指示します。

杜寧に同行し陳家にお邪魔する盛楚慕はこれから嫁いでくる者は結納金5000貫も渡せと要求してきたらしく嫁いできたら懲らしめてやると陳夫人が怒っていました。

そんな時、「陳家の若様に嫁ぐ傳柔は純潔ではない」と密告状が届きます。

 

輿で陳家に到着した傳柔は門前で足止めをくらい純潔を調べさせてほしいと要求されます。侍女・紫雲は傅家を侮辱するのかと怒り出すが傳柔は受け入れ純潔を証明させます。

そして皆が見ている前で侮辱されたので背中を向けて実家へ戻ります。傳柔の姉・傅君はこんな非道なやり方は誰の差し金なのかと激怒するが傳柔の策だと知って驚きます。

軍税は毎年増え続け経営が悪化しており、さらに陵陽山で修行中の傅涛が人を殺してしまい補償金が5000貫だったので結納金目当てで決めたのでした。

 

陳夫人が怒鳴り込んでくるが傳柔は大勢の前で調べられ辱めを受けたなら帰っていいのですと訴えます。唐律に「辱めを受けたら避難してよい」とあるので陛下の命と同じだと教え陳家には行かないと告げます。

仲人を立て陳家に運ばれたのだから破談には出来ないし離縁も理由がないのだから無理だと言います。また成婚の前後1ヶ月は妾を置けない掟があることを伝えしっかり結納金は頂戴します。

盛楚慕は広州一の美女である傳柔を一目で気に入り訪ねると、三夫人は鲁国公の若様が来たと知り娘の傅音を紹介します。

(傳柔は厳子方に嫁ぐはずだったが厳家が罪を犯して一族が苦境に陥り破談になったのね。そして溺死したことになっているが生きてますよねw遠くから見守っているのかしら。盛楚慕のキャラは好みの問題だけど私は嫌いなタイプ・・・)
スポンサーリンク

 

第2話/文武両道?!

夜遅くに木に登って傳柔を眺めていた盛楚慕だが彼女の目の前に落下してしまいます。

鲁国公府は武将の家柄で戦に必要な天文の知識を養うため観測していたが足をすべらせたと誤魔化します。お詫びに一輪の花を贈るが枯れるし摘み取るなんてかわいそうだと言われ去ってしまいます。

 

宴席に招待された盛楚慕は傳柔がやってきたので傅涛よりも早くエスコートします。文人は好きかと彼女に口だけで文武の才のないどら息子はきらいだと思うと横から傅涛に言われます。

剣舞を披露すると夫人たちは喜ぶが傅涛に腕比べを申し込まれてしまいます。剣舞は出来ても喧嘩はめちゃくちゃ弱いので「怪我させたら大変だ」と誤魔化そうとするが1発殴られ倒れます。

若様に人前で恥をかかせるとは何ごとだと三夫人に叱責された傅涛が謝罪しにきます。ふて腐れる盛楚慕だが庭園から傳柔がやってくるのを目にし勝敗は平家の常、お前に落ち度はないと手を差しのべます。

 

長安にて右衛大将軍・陸雲戟は反乱を鎮めた功績が称えられ陳州刺史に任命のうえ蔡国公に、息子の陸琪は震勇将軍に封じられます。

盛驍靖(鲁国公)は息子の盛楚慕に才がないため歆楠公主との縁談を願おうとしたが今日は蔡国公の祝いの席だと陛下に言われ引き下がります。

その頃、傳柔と傳音に書を教えることになった盛楚慕は怒られる度に書かされた「自強不息」と書いて感服させます。兵法の解説を傅涛に頼まれ傳柔の前で動揺するがなんとか誤魔化し難を逃れます。バレるのも時間の問題だと思い母方の叔父である牛無敵を訪ねご教授願います。

(傳柔はいまのところ盛楚慕を文武両道だと思い込んでますね。キャラ的にすぐに見抜くかと思ったがそうでもないみたいね。ただ三夫人に嫌がらせをされても確実に掌で転がして傅家を完全に手にしてますねw)

 

第3話/放蕩息子

兵法を学んで戻ってきた盛楚慕は傳柔が自ら刺繍した匂い袋を贈られ喜びます。

傅涛と一緒に妓楼に遊びに行き気分良くするが酒を飲みすぎてしまい目を覚ますと妓女がいました。一晩過ごしてしまったのかと動揺し急いで帰宅すると妓楼に行く男が嫌いな傳柔が傅涛を追いかけていました。

「盛楚慕に誘われた」とこっちに逃げてきたので酒を飲んだだけで自分はすぐに戻ったと言い誤魔化します。

 

傳柔に取られる前に早く盛楚慕に気に入られろと三夫人から勧められる傅音は嫌なこったと部屋を飛び出すと杜寧とぶつかります。

字がうまい盛楚慕に書を習おうと思ってと告げると杜寧は耳を疑います。盛楚慕は厳子方って誰なのか気になり傅音に聞くと茶を持ってきた三夫人から縁談話があったが破談になったと知らされます。

傳柔は夫人たちの会話に加わると長安の放蕩息子を「楚慕令俊 盛金帆」と呼ぶと知るが理由をたずねると長安には有名な放蕩息子が3人いて盛楚慕と弟の令と俊だから合わせて楚慕令俊と呼ぶと知らされ驚きます。また金帆とは妓女の名で彼女の履物で酒を飲もうと争ったと知り困惑します。

 

傳柔は書の練習をしていると杜寧に教わった方がいい、盛楚慕は一つの字いがいはヘタクソらしい」と傅音に言われます。

傅音が書だけでなく絵も描いてもらったと幸せそうに話していたので笑みを浮かべるが長安の放蕩息子の話が出たので見たものだけを信じようと告げます。

しかし刺繍の下書きとなる絵を盛楚慕が誇らしげに持ってくるが傅音から絵の内容を聞いていたので失望したと怒ります。

 

傳柔に嫌われ深酔いする蘇生墓は陸雲戟の甥に出会うと自分をもてなすように言われている事を知ります。陸雲戟からしたら広州でずっと遊んでくれていれば盛驍靖(鲁国公)が失脚するので楽しませてやればいいと命じていたのです。

一方、傳柔の義兄・徐又同は慧娘子の刺繍を手に入れろと陸家から強いられます。軍の命令で違反すれば斬首だと言われていると傅君から相談された傳柔はまた陸雲戟かと頭にきて偽物を用意します。

盛楚慕から二度と騙しはしないと謝罪され受け入れてあげるがプレゼントを贈られ蓋を開けると義兄を助けるために自分が縫っていた刺繍だったのでひっぱたきます。

(ちょっw普通ならもう終わりですよ。ひっぱたかれた後に逆ギレはだめでしょう。見るの辛いなぁ←心の声。それにしても傳柔は吐血していたけど病気でも患っているのかしら)
スポンサーリンク

 

各話あらすじ一覧/大唐流流

1話/2話/3話/(ページ内にジャンプします)

父親である大将軍・盛驍靖の叱責から逃げ出す盛楚慕は友人の杜寧がいとこの結婚で陳家に向かうと知り同行すると広州一の美女・傳柔と出会い一目惚れする。傅家を訪ね剣舞を披露したり書で感服させたりするがバレるのも時間の問題と思い叔父を訪ねる。気に入られようと誤魔化していた盛楚慕だがついに傳柔に失望したと言われ・・・

4話~7話まで

4話5話6話7話

長安に戻る盛楚慕の成長ぶりに韓王と韓夫人は喜ぶ/傅涛は従軍し傳柔は染料の仕入れのために船に乗ると海賊に捕らわれ厳子方に助けられるが彼だと気付きません/盛楚慕に救出された傳柔だったが三夫人が陸家の積荷を見た事で傅家が放火される/長安に住む叔父の家に身を寄せ韓王府の刺繍を務める/傳柔との婚姻を母親に認めてもらった盛楚慕だったが・・・

8話~11話まで

8話9話10話11話

入宮した傳柔はさっそく陥れられるが横領の罪を暴いて従わせる。顔妃から皇后に献上した屏風と同じ寸法で蓮の花の刺繍をするよう命じられる。御前試合で盛楚慕は見事な腕前で陸琪に勝利し傳柔との婚姻を申し出ようとしたら陸雲戟の邪魔が入り副将として戦に出ることになる、そこで傅涛と再会し母親の死を告げる事に・・・/太子妃は子が出来ない事を皇后に叱責され・・・

12話~15話まで

12話13話14話15話

周王は傳柔を連れ出すが畑を荒らしてしまい団扇を与えると思わぬ波紋を呼び罰を受ける羽目になる。傳柔は盛楚慕が戦死したと知り寝込んで周王に介抱される/皇后が盈盈を太子の側近にしようとしていたので傳柔はこれ以上陸雲戟が権力を得ないよう荘姜の話を持ち出すが戦死したはずの盛楚慕とすれ違う/陸雲戟と陸琪は投獄されるが盈盈が重い甲冑を着用し何日も跪いたことで釈放されます/歆楠公主は侍女が女ったらしの梁王に連れて行かれそうになったので太子から知恵を授り太上皇を説得する。

16話~19話まで

16話17話18話19話

傳柔と周王が外出した件を思わず口にしてしまった太子妃は韓王府の面目を潰したことで太子に叱咤される。縁談話の許しを得たと報告を受けた令と公主は喜ぶが嫁ぎ先が盛楚慕だと知り困惑する。海賊を殲滅し帰還した厳子方は鎮海将軍の称号を授る。太子妃の父・孫潭は娘が屈辱に耐えていると知り後継ぎが芸人と遊ぶなどもってのほか、諫めなければ大唐の未来はないと訴えると陛下は陳吉の斬首を命じる/官位に付いた杜寧から傳音は求婚される

20話~23話まで

20話21話22話23話

杜寧に求婚された傳音だが母親がなぜ殺されたのか突き止めるため陸家に侍女として潜入すると偶然から自分の事が好きなんだと陸琪に勘違いされる。傳柔は鼠退治のためにヒ素を持ち込んだ二人が死罪になったので規則はそんなに大事なのかと悩む。身分を取り戻した厳子方は長安では権力が必要なんだと思い知らされる/陸琪に嫁ぐよう陛下に言われた歆楠公主は絶望し傳柔に助けを求め・・

24話~27話まで

24話25話26話27話

傳柔は歆楠公主のために刺繍に細工すると陸家に回収されてしまいバレてしまうと恐れるが李宝林の機転で助かる。盛楚慕、周王、厳子方、梁王から求婚を受ける傳柔。皇后は周王を選ぶが太子妃の進言を得て天師に託す事を決意する。運気が異なるために愛称は悪く子は望めないと蘇天師が占った事で傳柔が笑みを浮かべます。皇后は自分の寿命が短いと分かるが・・・/長安に戻ろうとする傳柔たちはいきなり洪義徳に襲撃され・・・

28話~31話まで

28話29話30話31話

厳子方に助けられた傳柔だが帰らせて貰えず閉じ込められます。盈盈に助けられ盛楚慕と再会するとそのまま逃げるように広州に向かう。陸琪の子を授る傳音は敵相手の漢星を殺害するが命じたのは陸琪だと知り動揺する。傳柔はささやかな婚礼を挙げて初夜を迎えるが周王に助けられる際に長安へ帰れるよう手配されてしまう。厳子方が洪義徳の身柄を手に入れ陸親子を牢にぶちこんだころ皇太孫が誕生する

32話~35話まで

32話33話34話35話

長安に戻った盛楚慕は傳柔と目を合わせず冷たい態度を取り国のために辺境に行きたいと皇帝に願い出ます。皇太子は理由が分からないうちに投獄されるが太上皇の遺言により助けられ洪義徳の言葉も信用できないとして陸父子も釈放される。趙王が謀反を起こし周王は仇討ちを願い出るが太子に阻止され、皇帝は盛楚慕と陸琪に出征を命じ韓王を主帥とする

36話~39話まで

36話37話38話39話

長史を殺した趙王を簡単に追い詰めた盛楚慕は自害したら母親と一族が殉葬されると説得し投降させると皇帝から玄武将軍に封じられる。韓王府主催の狩りが行なわれるが覆水たちの罠で太子が落馬し気を失う。傳柔は容疑者・夏寒の面会に行くが韓王に指示されたと嘘を付かれ自死され盛楚慕は太子の護衛を疎かにした罪で杖刑を受ける。盛楚慕に女が出来たようだと周王から聞かされた傳柔は・・・

40話~43話まで

40話41話42話43話

太子と韓王の喧嘩が勃発するが皇后がショックで吐血したため事の重大さに気付き仲直りするが太子妃は賄賂で道士を買収し韓王妃は子を望めず夫を不幸にする不吉な存在と発言させる。太子妃は韓王府からの贈り物に毒を仕込んで妹の命を使って自分等が狙われたのだと訴える。我が子を罰したくない皇后は韓王妃に罪を着せで死罪とするが寿命がやってくる。盛楚俊は韓王が命を狙ったから霊薇が犠牲になったと勘違いし・・・

44話~47話まで

44話45話46話47話

尚宮となった傅柔は禁宛での訓練に向かう盛楚慕と出くわすと皇后様に媚びを売り周王に取り入り姉上の死を高尚な人達と傍観したと酷い言葉を投げられ頬をたたきます。杜寧が始末されたと知った傳音は自分は傳家の者で母の敵を討つために来たのだと言い放つ。敵の懐に入るために仲間割れのフリをしていた盛楚俊だが毒を盛った犯人を知って一人で戦い命を落とす

更新中