へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 絶対×絶命 」< ネタバレ あらすじ > 息子の骨髄適合者は終身刑で投獄されている凶悪犯だった!

 

絶体×絶命 [DVD]

 

監督=バーベット・シュローダー

 

フランク・コナー(アンディ・ガルシア)

ピーター・マッケイブ(マイケル・キートン)

マシュー(ジョセフ・クロス)

サマンサ医師(マーシャ・ゲイ・バーデン)

ネイト・オリバー(エリック・キング)

ジェレミア・キャシディ(ブライアン・コックス)

 

< ネタバレ あらすじ >

          絶対×絶命

 

スポンサーリンク
 

サンフランシスコ市警のフランク・コナーは9歳の息子マシューの白血病が再発し焦っていました。

妻は交通事故で亡くしており、病気を治すのは骨髄移植しかなくフランクはクビになる覚悟でFBIの極秘ファイルにハッキングします。

すると適合者を見付けるが凶悪殺人、暴行、脱走未遂で終身刑で投獄されているIQ150の凶悪犯ピーター・マッケイブでした。

面会しに行ったフランクは「人を始末した事を後悔すらしていない」と言うマッケイブにドナーになってくれと頼むが断られます。

 

サマンサ医師からドナーが見つからなければ危険だがカウンセラーを受けてほしいとフランクは言われます。

マシューが死ぬとは考えられないフランクはカウンセラーを断りお見舞いにいくと「やっぱ再発したんだ」と言われます。

フランクは適合者が見つかったから大丈夫だと元気付けます。

するとマッケイブがマシューに会いたがっていると連絡を受けます。

フランクはマシューを連れて行くと骨髄移植をやると言ってもらえるがマッケイブは条件があると言い「タバコが吸いたい。雑居房に戻りたい」と要求しました。

 

副報道官の口添えでウォーカー州知事が刑務所長に話を付けてくれて骨髄移植、そしてマッケイブの要求が確定となります。

条件はインタビューでウォーカー州知事にお礼の言葉を述べる事だけでありフランクは感謝を伝えます。

雑居房に移ったマッケイブは囚人にアンプル入りのナルカン(抗麻薬剤)が欲しいと脅して頼み、パソコンでサンフランシスコ病院の見取り図を調べました。

刑務所からヘリでサンフランシスコ病院に移動します。サマンサ医師が移植準備を開始するがマッケイブはナルカンを飲み込んでいたので麻酔は効きません。

マッケイブは脱獄するのが狙いであり急に暴れて射術室に火を放ちランドリーシュートから逃げ出します。 

 

フランクは銃を手に洗濯室に向かうと血痕を見つけ辿っていきます。

救急室でマッケイブを追い詰めるが彼はドクターを人質にとりました。殺したら息子は助からないのでフランクは要求された通り銃を床に置きます。

マッケイブは逃走し、フランクが撃つなと命じた事で部下が2人撃たれてしまいました。

警部は「お前の子供のために何人殺すつもりだ」と怒ります。片がつくまで監禁しとけと言われフランクは連行されるがマスコミが駆け付けた隙に逃走します。

 

フランクの同僚ネイト・オリバーがマシューに付き添っていたがマッケイブがやってきて殴られます。

フランクは駆け付けると「マッケイブが来てサマンサ医師を連れて行った」とマシューが言いました。

フランクは探しに行くが逃げて来たサマンサ医師と出くわします。

マッケイブが麻酔ガスを手に入れようとしているのを知りフランクは保管室に向かうが電源室が爆破され停電となります。

サマンサ医師は無菌状態を保つため感染病棟の検査室に移すようネイトに連絡しました。

 

マッケイブは廊下の屋根から旧館へ行きます。

警察は発砲するが彼が死ぬと息子は助からないためフランクは警察が照らすライトを撃って破壊しました。

マッケイブは警備室に侵入し建物を占拠して逃走するためのヘリを要求しました。

フランクとサマンサ医師は旧館に向かうがマッケイブが操作しているため封鎖され入る事ができませんでした。

フランクは逃走を手助けしてやるから開けてくれと伝えるとマッケイブはドアロックを解除しました。

 

フランシスコ警察が廊下を渡ってくるがフランクはガス管があるのに気付き来るなと伝えるが従わないので窓ガラスを撃って引き帰らせます。

そして渡り廊下に誰もいなくなったのを確認しガス管を撃って爆破させました。

マッケイブはまとめて始末するチャンスを邪魔されたと怒りマシューを人質にとり逃走します。

警察はヘリを屋上に用意するがマッケイブは現れません。

フランクは懸命にマッケイブを追い置き去りにされているマシューを保護するが、マッケイブは壁を破壊しマンホールを利用して街中に出ていました。

 

車を奪って逃走するマッケイブを見てフランクはパトカーを奪い無線で伝えます。

フランクは海峡橋にマッケイブを追い込み独断でバーを上げてくれと指示しました。

車を乗り捨て走って逃走するマッケイブだが橋の一部が上がり前方は行き止まりでフランシスコ警察のヘリが現れました。

足を撃たれたマッケイブは海に落下するがフランクが飛び込んで助けました。

病院に運ばれたマッケイブは一命を取り留めマシューの骨髄移植は無事に済みました。

回復したマッケイブはマシューが元気になった事を知り良かったと口にするが手には銃を持っていました。

 

blog.netabare-arasuji.net