映画「ディレイルド 暴走超特急」ネタバレあらすじと結末/重要な情報を仕入れた女性の安全を守るNATO工作員

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

NATO工作員ジャックは女泥棒ガリーナがスロバニアの極右政党から重要な情報を入手したからミュンヘンまで無事に連れて行くよう指令を受けます。しかしガリーナが盗んだ生物兵器を狙うテロリストに列車が乗っ取られてしまう。

監督=ボブ・ミシオロウスキー◆ジャック・クリストフ(ジャン=クロード・バンダム)◆メイソン・コール(トーマス・アラナ)◆ガリーナ・コンスタンティン(ローラ・ハリング)◆マデリーン・クリストフ(スーザン・ギブニー)◆ナターシャ(ルーシー・ジェナー)◆ベイリー・クリストフ(ジェシカ・ボーマン)◆イーサン・クリストフ(クリストファー・ヴァン・ヴァレンバーグ)

 

ネタバレあらすじ/ディレイルド 暴走超特急

NATO工作員ジャックはオーストリア ウイーンを家族と旅行中、上司のラーズから呼び出されます。

長年情報を仕入れてくれていた女泥棒ガリーナがスロバニアの極右政党から重要な情報を入手したからミュンヘンまで無事に連れて行くよう指令を受けます。

家族から離れスロバキアに向かったジャックはサーカス団の一味に成りすましているガリーナと会います。

しかし早速スロバキア軍に追われ恋人のふりをして街で抱き合い軍隊が去ったあとタクシーを乗っ取り逃走します。

ブラティスラバ駅にも軍隊が配備されておりガリーナは変装して難を切り抜け特急列車681号に乗り込み国外に脱出しました。

 

個室でガリーナとゆっくりするジャックだったが、妻(マデリン)と子(ベイリーとイーサン)がジャックの誕生日を祝うためサプライズでやってきました。

下着姿のガリーナが現れたことで誤解したマデリンと子供達は怒って部屋を出て行きます。ジャックはガリーナに部屋に出るなと言いマデリンを探しに行くが、メイソン率いるテロリスト集団が特急列車681号を制圧していました。

スポンサーリンク

 

乗客達が1車両に集められるのを目撃したジャックは部屋に戻るがガリーナの姿が見えません。ガリーナは列車の上を移動している事を知り後を追い捕まえるがガリーナは生物兵器を隠し持っていました。

足を洗いたいと願っていたガリーナはラーズと取引していたのです。

メイソン率いるテロリストは生物兵器を奪いワクチンを作って儲けようとしていました。

ジャックとガリーナはテロリストと格闘しているうちに生物兵器のケースを落としてしまい3つのうち1つが割れてしまう。

感染力が強い病原菌が列車に広まり、身体に湿疹ができ咳き込むようになります。

生物兵器を手に入れたメイソンは列車をとめヘリで脱出する予定だったが、それに気付いたジャックが機関士を制圧し列車を止めるのを防ぎます。

 

結末

NATO本部に電話をかけたジャックはスロバキア政府から盗まれた生物兵器が列車にありテロリストから狙われている事を伝えます。

医者であるマデリンは列車の中で感染した人達を看病している時に天然痘の予防接種の痕がある者は感染していない事に気付きます。

天然痘の予防接種は1979年以降行われていませんでした。

生物兵器が相手に渡ったり取り返したりするがメイソンがジャックの家族を人質に取ったので仕方なくケースを渡します。

しかし空手を習っていたイーサンはメイソンに回し蹴りを喰らわせケースを持って逃げます。

ジャックは始末したメイソンを乗せた車両を切り離しブレーキをかけます。WHOは病原菌を広めないために爆破しようとミサイルを発射するがジャック達を乗せた車両だけはなんとか橋の手前で止まり助かりました。

感染した人達の治療が行われるなかジャックは生物兵器をワクチンの開発に役立てるよう渡します。テロリストと繋がっていたラーズは将軍に逮捕され誤解がとけたジャックはいつもの家族に戻りました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました