「 ダウンレンジ 」<ネタバレ・あらすじ>姿が見えない狙撃手に狙われる!!生き残るのは誰だ?!

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

ダウンレンジ(字幕版)

 

監督=北村龍平

 

ジョディ(ケリー・コンネア)

ケレン(ステファニー・ピアソン)

トッド(ロッド・ヘルナンデス=ファレラ)

エリック(アンソニー・カーリュー)

サラ(アレクサ・イエームズ)

ジェフ(ジェイソン・トバイアス)

 

< ネタバレ あらすじ >

   ダウンレンジ 

 

 車のパンクにより山中で立ち往生することになった男女6人の若者。

(実は狙撃されてパンクしたがその事にはまだ気付いていない)

 

人を見かけないし車も通らない、おまけに電波が届かないので助けを呼ぶこともできません。

それでも「まぁ~なんとかなるだろう」と記念にみんなで写真を撮ります。

(男女6人の関係がいまいちよく分からないがサラとトッドが恋人関係であり他の4人を相乗りさせたみたいで会うのは初めてのようです)

妹の誕生日にサプライズで駆けつけたいジョディのために早く送ってあげようとスペアタイヤを取り出し交換します。

女性3人は車の陰に隠れて休憩しトッドは車のタイヤが転がっていくのを目にして追いかけます。

サラはタイヤ交換が遅いと車を回り込んで見に行くとジェフが頭を撃ち抜かれて死んでいました。タイヤを転がしながら戻ってきたトッドはサラの様子がおかしく呼びかけると振り向いた彼女は目を撃ち抜かれており異変に気付いた女性陣がやってくるとサラは狙撃され死んでしまいます。

 

ケレンが狙撃されている事に気付き「隠れて」と叫びます。

ケレンとジョディが車に隠れトッドも後に続くが狙撃されて肩を負傷します。またエリックは少し離れた木の陰に隠れます。

銃弾は容赦なく放たれ車の窓ガラスが割れジョディが恐怖のあまりパニックを起こすがケレンが必死に押さえつけます。

父親が軍人で多少知識があったケレンはサイレンサー付きは弾の速度が遅いから車体は撃ち抜けないから大丈夫だと言います。

 

スポンサーリンク
 

 

トッドは自撮り棒を利用して祈りながら必死に手を伸ばすとかすかに電波が入り音声にして「警察に電話して」と話しかけるが狙撃されスマホが飛び散ります。

トッドは車をニュートラルにして電波が入るところまで移動しようと思いつくが一番冷静なケレンは坂道だし車を失ったら隠れる場所がないと言います。

それでも「何かやるしかない」と思ったトッド、ケレン、ジョディ。

ケレンは自分が着ていた黒のパーカーで作ったカカシを車から出して狙撃手の注意を引き、ジョディはスマホを動画にして車から出します。狙撃手がカカシに狙撃した隙を狙いトッドが勢いよくドアを開けてキーを刺し込みました。

3人はジョディのスマホをチェック、また離れたところで隠れていたエリックも動画を撮っていたので4人は狙撃手がいる木を突き止めます。

 

工具の蓋を腕に当ててトッドはドアを開けてニュートラルにいれるが狙撃されます。

車は坂道をゆっくり下りはじめるが狙撃手はタイヤを狙ってパンクさせ、車についていけなかったジョディは恐怖で座り込んでいたが車が止まった事で走って追いつきます。

またそれを見ていたエリックは1人でいるのに耐えられなくなり走って車に向かうが狙撃され足を負傷します。なんとか這いつくばってでも向かおうとするエリックだが激痛で気を失いそのまま亡くなります。

 

トッドは妊娠していたサラが流産してしまった事など話し始めます。彼女にカラスが群がっていたのを見にしたトッドは歩いて彼女のもとに向かい腐敗してしまった部分を上着で隠しました。ケレンとジョディは撃たれるから戻ってと叫ぶが狙撃手は撃ってきませんでした。

しかし一台の車を目にしたトッドが助けを呼ぼうとすると銃弾が放たれサラと寄り添うかたちで死んでしまいます。

 

~生き残っているケレンとジョディ~

ケレンは走ってくる家族連れの車に助けを求めようとするが狙撃手が家族を狙ったため車は猛スピードで向かってきて事故を起こし横転しました。

なんとか車から出てきた母親は放り出された娘を探す最中に射殺され、ケレンは警察に電話をかけてと必死に父親に伝えます。狙撃手が車から漏れているガソリンに向かって狙撃している事に気付いたジョディは逃げるよう伝えようとするがケレンは口を塞ぎ「逃げれる場所はない、あの電話にかけるしか助かる道はないの」と説得します。

車は炎上して父親は炎に包まれ亡くなり娘は狙撃されてしまいました。

きっと警察に連絡してくれたはずだとケレンは望みを持ちます。

 

戦場でスナイパーに狙われたら煙幕を張ると聞いた事があったケレンは日が落ちて辺り一面暗くなってから車に火を付けます。

そこへ通報を受けパトカーがやってきました。近くまできたパトカーはライトをすべて消してスナイパーがいると無線で応援要請するが警官は次々と撃たれます。

それを見ていたケレンは「逃げるなら今だ」とジョディに伝え走り始めるが狙撃されてしまいます。

1人生き残ったジョディはやけくそになりパトカーに乗り込んでアクセルを踏み狙撃手が登る木に体当たりしました。

車から降りたジョディは狙撃手が落としたライフルを目にし咄嗟に掴んで引き金を引きます。叫びながらライフルで何度も何度も狙撃手を殴り、そして友達の復讐だと力一杯ライフルを振り落とすが銃弾が残っていて自分の首を貫通しました。

 

 

blog.netabare-arasuji.net