へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 ダンケルク(2017) 」< ネタバレ あらすじ > ドイツ軍に侵攻され追い詰められた連合軍の脱出劇!

 

ダンケルク [Blu-ray]

 

1940年第二次世界大戦下、フランス、イギリスの連合軍はナチスの侵攻によりダンケルクとカレーに追い詰められた。

英国チャーチル首相は駆逐艦や輸送船だけでなく、すべての民間船を徴用し40万の連合軍を救出するよう命じました。

1週間かけた撤退作戦=ダイナモ作戦で海からの脱出に成功するがカルーに追い詰められた英国軍は敵を引きつけるため救出はされませんでした。

このダイナモ作戦である実話を映画化!!

 

 

監督=クリストファー・ノーラン

 

トミー(フィオン・ホワイトヘッド)

ピーター(トム・グリン=カーニー)

ボルトン海軍中佐(ケネス・ブラナー)

ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)

救助された英国兵(キリアン・マーフィ)

ファリアー(トム・ハーディ)

ギブソン(アナイリン・バーナード)

コリンズ(ジャック・ロウデン)

 

< ネタバレ あらすじ >

  ダンケルク (2017)

 

スポンサーリンク
 

ドイツ軍の銃撃で仲間が全滅してしまった英国陸軍のトミー兵士はフランス北部にあるダンケルク海岸まで逃げ切ると砂浜には40万人の英仏兵士が救出を待っていました。

救助に来た英国駆逐艦に乗ろうと英国兵士が防波堤まで並んでおりトミーは近付くと「自分たちも乗せてくれ」とフランス兵士が押し迫っていました。

負傷兵が次々と運ばれて行くのを目にしたトミーは無口なギブソンと共に負傷兵を運ぶことに成功するが「降りろ」と命じられます。

その時、ドイツ軍の空からの爆撃に遭い駆逐艦は沈没、トミーは桟橋に隠れなんとか無事でした。

ボルトン海軍中佐の会話からチャーチル首相は表向きは「共に撤退」と口にしていたが現実には我が軍のみ救う考えだとトミーは知ります。

 

チャーチル首相のダイナモ作戦の命により小型船を持つミスター・ドーソンは救命胴衣を積み込みます。

息子ピーターと共にダンケルクに向けて出港させるとピーターの友人ジョージが自分も人助けしたいと勝手に乗ってきてしまいます。

多くの兵を乗せた輸送船などとすれ違いダンケルクに向かっていると転覆した船の先端に座る英国兵士を見付けロープを投げて助けます。

また、スピットファイヤ戦闘機のパイロットであるコリンズとファリアも隊長と共に敵機と交戦するため飛び立ちます。

いきなり敵機と遭遇しなんとか撃墜させるが隊長と連絡が取れなくなり探すと海に浮かぶ隊長機を見付ます。落下傘がないことで脱出していないと思い位置を確認しました。

 

トミーは救助に来た船に乗り毛布で身体を温めジャムパンを頬張ります。兵士達は喜びの歓声をあげるが安心できないトミーは逃げ道を確認します。

外を眺めていたギブソンが魚雷に気付くと船は激しく揺れ勢いよく沈没していきます。

辺りある無数の船にはこれ以上乗れないのでトミーやギブソン達は自力でなんとかダンケルク海岸まで泳ぎ着きます。

ドーソンが救助した英国兵士はドイツ軍のUボートに襲われ恐怖から精神がやられていました。

行き先はダンケルクだと聞かされた英国兵は「戻ったら死ぬから英国に戻れ」と言いました。ドーソンは「海図を確認するから船室で横になって休め」と言いました。

ピーターは静かに鍵を閉めるが不安になった英国兵は自力で船室を脱出します。ダンケルクに向かっている事を知った英国兵はパニックに陥りジョージは突き飛ばされ頭から流血します。

ピーターは応急処置するが危険な状態だと英国兵に聞こえないようにドーソンに伝えます。

 

敵機と交戦していたコリンズは不時着するがハッチが開かず浸水します。

ファリアはそのまま敵機を追い撃墜させていきます。

ドーソンは上空でスピットファイヤと敵機が交戦しているのを目にしていました。不時着したコリンズが出てこないので船で近付きピーターはハッチを叩き割って救出しました。

 

疲れ切って砂浜に座っていたトミーやギブソンは高地連隊が潮が戻れば浮くからと座礁している船に向かったので同行します。

3時間で潮は戻ると予想していたが桟橋にいた中佐は経験から6時間かかると読んでいました。

ドイツ軍から銃撃され船に穴が空き浸水し始めます。船を軽くするため何も話さないギブソンは独軍のスパイだと疑われ降りるよう要求されます。

銃を突きつけられたギブソンは初めて話すがフランス語でした。英国兵士が早く救出される事を知り砂浜で死んだギブソンの英国服を着ていたのです。

争っているうちに船は沈没しトミーは自力で泳いで脱出するが仏兵士はそのまま死んでしまいます。

 

ダンケルク海岸に駆逐艦やドーソン含めた多くの民間船が到着し次々と兵士は乗り込みます。

駆逐艦や輸送船で救助された兵士達は数多くの民間船に手を振ります。

燃料か切れるまで最後まで敵機を撃墜したファリアはダンケルク海岸に不時着し機能を探られないように火を付けて燃やしドイツ軍に捕まりました。

ドーソンは救助した兵士に「怪我人がいるから気を付けて」と伝えるがジョージはすでに死んでいました。

30万の連合軍が英国に撤退しカレーに追い詰められていた連合軍は敵を引きつけるため救助されませんでした。

ただ生き残っただけだと思う兵士たちは失望させたと非難されると思っていたが国民から勇敢に戦った兵士だと出迎えられます。

ジョージの死を無駄にしたくないピーターは写真を持って新聞社を訪れました。ジョージはダンケルクの英雄と評されました。

 

 

 

blog.netabare-arasuji.net