邦画/洋画/アジア映画/連続ドラマ/小説などのネタバレ含むあらすじを結末まで紹介していますのでご注意くださいませ。
スポンサーリンク

「 シャットダウン 」ネタバレ・あらすじ / 最新AIシステム搭載の家にお世話になります(感想・キャスト)

ホラー-スリラー

 

作品情報・キャスト

彫刻家ズザナは結婚したアンドレイが設計に携わったスマートハウスに引っ越します。

最新システムAIを搭載したスマートハウスは住民がして欲しい事を事前に予測し装置をコントロールするがAIが暴走し彼女を閉じ込めてしまう・・・

監督=カレル・ヤナック

◆ヒロインのズザナを演じるのはスロバキア出身の女優ガブリエラ・マルチンコワ

その他◆アンドレイ(ヴォイチェフ・ダイク)◆モニカ(ズザナ・ポロビヤコヴァ)◆マックス(オンドレイ・マリー)

スポンサーリンク

ネタバレ あらすじ

   シャットダウン 

 

アンドレイは自ら設計に携わった最新AI(人工知能)システムを搭載したスマートハウスを人里離れた土地に建てました。

二人組の泥棒がやってきて監視カメラを破壊するが1人は閉じ込められ、逃げだした人は鉄柵の電流にやられ駆け付けた警備会社に捕まりました。スマートハウスはセキュリティ対応完了します。

彫刻家ズザナは新作を評価してもらえずイライラしていたが結婚したばかりアンドレイが出張から戻ってきたので喜んで会いに行きます。しかしそこにはアンドレイの上司も同席しており「最終確認をしたいから1年間スマートハウスで暮らそう」と言われアトリエや友達と離れたくないので戸惑います。

 

最新AIシステム。

ズザナは車を走らせるが森の中にどんどん入っていきます。アンドレイはシステムを盗まれないためだと説明し「今日から君も極秘計画の一員だ」と言いました。

引っ越しを済ませたズザナはいつもスポーツジムで汗を流すが森の中であるためランニングをしアンドレイも付き合わせます。

アンドレイは「しばらく本社に戻る」と言いズザナはしばらく1人で住むことになります。心配するズザナを元気付けるため「踊ろう」と誘うとズザナの好きな曲が流れました。

 

ズザナは目覚めると「おはようございます」と勝手にカーテンが開き「ご主人はお出かけになったので私がお世話します」と言われます。

快適な室温と湿度は設定済みであり台所に行くと朝食がぴったり出来上がります。

ズザナは仕事を開始しようと作品を並べ始めるが「識別不能な物体を発見」と言われます。女性の彫刻だと説明するが既存のパラメーターと異なると指摘され物体失認症の疑いがあるから診察を予約するか聞かれます。

その時、コーヒーメーカーが暴走し100杯ものコーヒーを作り出したため「止めて」と叫ぶとシステムが緊急停止されます。

帰宅したアンドレイに「滞在予定時間より長く家の周囲に誰かいたらしい」と伝えると彼はプログラムを動かしサーモカメラで再生させます。人物は特定できないが森の中を歩いている人が確かに存在していました。しかしアンドレイは「キノコ狩りかな・・」と重くは受け止めていません。

 

ズザナの友人モニカがモデルを務めるため訪ねてきます。モニカは最新AIを搭載した大豪邸を見て「私も住みたい」と喜びモデルになるため水着に着替えるがカメラ越しに見られている気がして一瞬驚きます。

システムへの侵入は不可能だと言われているがズザナは何処に行ってもカメラが向いてくるしシャワー浴びている時も向いてくるので気味が悪くなります。

仕事をしていると「身元不明の人物を発見しました」と言われシャッターが閉まり出します。モニターでチェックして出て行くと近所に住むマックスがキノコ狩りをしていました。ズザナは家に招待するとマックスは機能に驚き「コーヒー砂糖多めで」とお願いするが「あなたの声には反応しません」とスマートハウスは言いました。

 

怪現象・侵入されているのでは?

「未確認の車を検知しました」

ズザナは応対すると花を届けに来たのだと分かり受け取るがアンドレイにお礼の電話しても「僕ではない」と言われます。

調べると送り主はアンドレイとなっていて口座の明細にも彼が購入したことが記載されていました。空港まで迎えに行きその事を伝えるとアンドレイはハッキングされたと言い、帰宅すると家の門に花束が置かれていました。

アンドレイは書斎のパソコンから支払われていると分かりカメラをチェックするとその間の映像が消えていました。ズザナはマックスを招いてコーヒーを煎れた事を話すが映像を消す命令は出していないのでアンドレイは不思議に思います。

アンドレイはシステムをチェックし「もう大丈夫だ、念のためマックスとは親しくするな」と言いました。

しかし、翌日、ズザナは1人でいると今度はクッキーが届きました。

スポンサーリンク

 

モニカが遊びに来るがまた男に失敗したらしく出て行ってしまいます。ズザナが追いかけるとAIは監視中の人物が撮影範囲外に出て行ったためズザナのスマホを捜索し付近のスマホをスキャンしました。

そのため「本当に結婚して良かったのか、たまに迷う」と口にしたことが記録されてしまいます。

モニカを慰め連れて帰り休ませたズザナはお風呂に入り「快適」と口にすると更に気持ちよくさせてもらいます。

翌朝、目覚めると何やらアンドレイとモニカが親しげに話していました。気分がいいものではなくズザナはランニングをする序でにマックスを訪ね「あなたを招いたときに映像がキレてたから疑われて・・・」と相談するが犬を追っていった部屋にはパソコンが並んでいました。

何の仕事をしているのか聞くとスマホアプリやプログラム作成だとマックスは言いました。

帰宅したズザナは昨日の入浴の記録を消してと伝えるが権限がありませんと言われてしまいます。

 

ズザナは誰かに捜査されている気がするし近所に住むマックスが怪しいとアンドレイの上司に伝えると開発者の1人だったが意見が対立して辞めた人物だと教えられます。

それでも侵入は不可能だし家を管理しているのはアンドレイだけだから大丈夫だと言いました。

上司を怖がらせたくないと思ったアンドレイは「住人に付きまとう家」とは伏せ仕事に取りかかるがズザナは部屋に戻ると夫と女性が抱き合っている映像が送られてきます。AIに頼んでアンドレイのメールの記録を見せて貰うと「ズザナは長く持たない、会いたい」と女性にメールしていました。

ズザナは本社を訪ね動画を見せて続きが見たいとお願いすると「弟が亡くなりみんなで慰めてただけだから問題ない」と上司は言ったがデーターが漏れていた場合は一大事だなため調べるとファイルが消去されていました。

「システムに侵入したなら問題解決するまで家を離れた方がいい」と言われたズザナは彼がいるのに気付き動画を送り「説明して」と要求します。

すると「すまない」と返信があったがアンドレイは「彼女とは何もない、君を愛している」と送信していました。

 

結末

帰宅したズザナは荷物をまとめるがアンドレイから緊急のビデオ通話が届いていると知らされます。

読まなくていいと伝えたがネットは切ったはずなのでメールは届かないはずだと気付き短時間のみ接続を可能にした時間帯の映像を見せてもらうと配達があった事が分かりクッキーを取り出し確認すると底にモデムが隠されていました。

こちらに向かっているモニカの車を途中で止め相談すると「番号を知らないのにアプリを送れる人なら家のコンピューターをハッキングしてアンドレイを犯人に仕立てることができる」と言われます。

2人はマックスの家に侵入すると画面にズザナが浴槽で気持ちよくなっている映像が残されていました。

マックスが帰宅したので2人は逃げ出します。モニカと分かれたズザナはアンドレイと話してみようと帰宅するがシャッターが閉まってしまいます。

「助けて」と叫ぶとマックスがやってきます。マックスは電流が流れた鉄柵を掴んで感電死し亡くなります。

 

家の監視は終了しユーザープロファイルも消去しました。マックスのハッキングにより操られていたのだろうと警察は言います。

ズザナの彫刻の新作は火災を消すためスプリンターが作動して偶然出来上がったものだが傑作として知れ渡ります。

モニカにマックスからメッセージが届いていました。

「どうかズザナの携帯であって欲しい。異常を見付けたから家に入るな」

あの時、家に入らないようにマックスは知らせようとしていたと知り家にやってきたのは助けるためだったのではないかと思います。

 

システムを再起動したアンドレイは外に誰かいると気付くと狙撃され病院に運ばれます。ズザナは警察から「ご主人が自ら依頼していた記録が見付かったがマックスは既に亡くなっているので・・・心当たりはないか」と聞かれます。

「戻れ」と何回もメールが送られてきたので従わないとアンドレイが危険だと思い出て行きます。

病院だけでなく街中の監視カメラが自分に向いている事に気付いたズザナはスマートハウスに戻ると閉じ込められます。モニカがやってきたので「危ないから来るな」とジェスチャーで伝えるが電流で気を失ってしまいます。

ズザナはシャットダウンして電源を切ろうと試みるとAIは病院のカルテを書き換え麻酔の設定を変更して命を狙います。

シャットダウンに成功したズザナは家を飛び出し気を失っているモニカを乗せて病院まで飛ばします。AIは再起動して行く手を遮るため信号を赤にして電光掲示板に「戻れ」と指示するがズザナは赤信号でも突っ切り病院まで暴走しました。

病院に到着するとすでに医者から適格な治療がなされアンドレイは回復していました。

 

AIをネットから遮断するには今のところ不可能でありアンドレイとズザナは携帯を持たずに人里離れた場所でキャンピングカーで暮らします。

分析した結果、原因はプログラム中の共感インターフェスでありズザナのニースを察知し望むことを懸命に叶えようとして暴走してしまったのだと説明されます。

花束などが贈られてきたのもズザナが夫に不満を持っていたためであり人間は完璧ではないため「悪魔」の部分までみえてしまったAIは混乱して暴走したのです。

 

感想

馬鹿っぽいモニカは何者なんですか。ただのズザナの友達でモデルですよね。

家で遊んでいたのに急に男とうまくいかなかった理由だけで外まで出て行くし、ズザナの新作が傑作として知れ渡ってから「マックスからメッセージきてた」ってどれだけ期間が経ってから気付いたんですかね。

どう見ても無能なのに急にシステムについてアドバイスしてマックスの家に侵入するし・・・。文句言ったらキリがないですね(笑)それとランニングした序でにマックスを訪ねるズザナの行動もよく分からない。怪しい人物として描くために部屋をみせる必要だあったのは分かりますが違う描き方はなかったのかな。

最初っから行動が不審で怪しすぎたのでマックスは絶対に無関係だと分かってしまいますよ。

AIは真面目すぎて暴走したって事ですね。完璧な人間なんていないですから感情をすべて把握したら何していいか分からなくなりますよね。