映画「エネミー・ライン」ネタバレあらすじ/セルビア武装勢力から逃走する1人のアメリカ海軍

 

作品情報キャストの紹介

停戦中のボスニアを偵察飛行していたアメリカ海軍パイロットは非武装地帯で軍事活動をしているのを確認するといきなり攻撃を受けます。

機体はやられパラシュートで脱出するが停戦に反対する敵陣の中に取り残されてしまいます。救助されるには20キロ先にある安全地帯まで行かねばならない。

監督=ジョン・ムーア◆クリス・バーネット大尉(オーウェン・ウィルソン)◆司令官レイガード少将(ジーン・ハックマン)◆スタックハウス(ガブリエル・マクト)◆ロッドウェイ軍曹(チャールズ・マリック・ホイットフィールド)◆オマリー特務曹長(デヴィット・キース)◆ミロスラヴ・ロカー司令官(オレク・クルパ)◆ピケ提督(ジョアキム・デ・アルメイダ)

 

ネタバレ あらすじ

エネミー・ライン

旧ユーゴスラビアの民族紛争は和平合意により終結しました。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、年内までには全軍撤退すると思われるがアメリカ軍は陸海空ともに緊迫した臨戦態勢を続け不足な事態に備えていました。

アドリア海戦闘群司令官レイガード少将はパイロットには月15時間の飛行が必要なため出撃させていたがNATO海軍部司令官、ピケ中将は和平がかかっているため指定区域外は飛ばないよう忠告します。

戦闘機乗りなのに戦いがないことに嫌気がさしていたクリス・バーネット大尉は偵察飛行ばかりな毎日に潮時だと考え海軍に辞表を提出します。

レイガードは戦地のための訓練であり、それを無意味と考えている者は実戦に遭遇したら簡単に殺されるだろうと言い放ち帰国するまでの二週間辞表を預かることにします

 

偵察飛行

クリスマスの夜に最後の任務で相棒のスタックハウスと偵察飛行に出るバーネットだったが非武装地帯は軍事活動が禁止されているのにレーダーが感知したため上空をカメラを撮りながら偵察します。

するとセルビア武装勢力から攻撃にあいミサイルを交わしながらなんとか逃げるが機体がやられたのでパラシュートで脱出しました。

アメリカ軍空母カール・ビンソンでは戦闘機の受信が切れた場所が指定区域外で険しい山地なため衛星を捉えるのは困難であると慌てます。レイガードはピケに連絡しNATO全軍に警報発令し米軍の全周波数を使って警戒態勢をとらせます。

足を負傷し動けないスタックハウスはセルビア武装勢力に捕まり射殺されてしまいます。それを遠くから双眼鏡で見ていたバーネットは驚いて声を発してしまい追われることになるが、なんとか山頂まで行くと無線が繋がったので報告します。

スポンサーリンク

 

司令官の責務

バーネット救出のため米軍を各配置に待機させるが停戦に反対する部隊であり関係ないから今すぐ中止しろとピケ中佐から命じられます。

仕方なく安全地帯まで行くよう伝えるが険しい山地の中、あと20キロもあるためバーネットは弱気になります。

レイガードは無線で名前を言ってはいけないと教育しときながら奮い立たせるために思わず彼の名を叫んでしまいます。

機密情報室で違法行為ではあるがレイガードはシュツットガルトにある衛星通信センターに侵入しダウンロードしてバーネットの位置を確認します。

衛星通信が切れバーネットの位置を確認するのが不可能になり、数々の名誉ある賞を手に入れていたレイガードは味方を救う為メディアに情報を流します。

ピケからは1人は救えるかもしれないが再戦になれば大勢が死ぬと言われます。

 

結末

バーネットは追われる途中、死体の山を見付けその中に潜り込んで助かっていました。

森の中で見た死体の山はムスリム人だと分かります。

セルビア武装勢力はムスリム人狩りをしており、バーネットは生き残りのムスリム人と一緒に安全地帯に向かいます。

バーネットの死体を発見し彼等を襲ったのはムスリム部族だとボスニアから発表されます。

バーネットはセルビア部隊から襲撃にあったとき服を取り換えていたので生きていたがマスコミからの発表によりNATOフランス軍特別救出隊がヘリで向かっていたが中止の指令が入り目の前で引き返されてしまいます。

バーネットは雪山で見付けた画像記憶装置を発見し相棒が座っていた座席ビーコンのナビゲートを復活させ信号を送ります。

レイガードはバーネットに違いないと信じ、ピケに報せている間にセルビア部隊が電波をキャッチしたら遅れてしまうため司令官をクビになる覚悟で自ら安全地帯にヘリで救出に向かいます。

和平協定を結んでおきながらセルビアは軍事力を非武装地帯まで拡大しており、その証拠となる写真を撮られたからスタックハウスは殺されたのだとバーネットは気付きます。安全地帯まで辿り着きレイガードが乗ったヘリに助けられ証拠となる画像データーを手渡しました。

バーネット大尉は海軍に残りセルビア司令官は大量虐殺を始め数々の戦争犯罪で有罪になりました。

レイガード少将は司令官の座を追われるが部下達に敬愛されながら引退の道を選びました。

 

スポンサーリンク
戦争映画
スポンサーリンク
へぇ〜♪そうなんだ〜♪
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました