映画「イナフ」ネタバレあらすじと結末/凶変した夫から娘を連れて逃げ出す!主演ジェニファー・ロペス

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

家庭内暴力に悩むスリムは娘を連れて逃げ出すが独占欲強い夫ミッチは金をばらまき執拗に迫る。

監督=マイケル・アプテッド

◆スリム(ジェニファー・ロペス)◆ミッチ(ビリー・キャンベル)◆グレイシー(テッサ・アレン)◆ジニー(ジュリエット・ルイス)◆ジョー(ダン・ファターマン)◆ロビー(ノア・ワイリー)◆ジュピター(フレッド・ウォード)◆フィル(クリストファー・マー)

 

ネタバレとあらすじ/イナフ

ウェイトレスをしているスリムは2日続けて来店したロビーにナンパされるが偶然隣にいた客ミッチに「あなたをモノにできるか賭け事してるだけだ」と助けられます。

友人のジニーに後を追いなよと言われてからスリムとミッチは付き合うようになりそして結婚します。

スリムは母親が亡くなり父親とは連絡取れず苦労人だったが店主フィルに育てられました。バージンロードを一緒に歩いてもらいスリムは感謝します。

 

娘グレイシーが生まれてから5年後、ミッチが浮気するようになります。

ミッチは女性の香水が染み付いて帰ってくる事が多くスリムは「過去に何人と浮気したの!」と聞きます。

ミッチが男は女と違う欲求があるんだと悪びれず言ったためスリムは家政婦じゃないんだと怒るとミッチから暴力を受けます。

 

警察に相談しても、うまくいけば接近禁止令が取れるぐらいで野放しになるのは間違いなかった。

夜中、グレイシーを連れて家を出ようとするがミッチに気付かれ暴力を受けます。外で待機していたフィルとジニーはスリムの悲鳴を聞いてガラスを割って家に侵入します。

ミッチは銃を持っていたがフィルがグレイシーを起こして「パパを見て」と指示します。娘に見られ銃を引っ込めたすきにジニーはスリムを連れて家を出ます。

スポンサーリンク

 

口座を凍結されたのでジニーにクレジットカードを借りてホテルに宿泊するがミッチにバレてしまい逃走します。

学生の頃に付き合っていたシアトルに住むジョーに助けを求め家に入れてもらうがFBIが誘拐事件の捜査として令状を持って訪ねてきました。

スリムとグレイシーを隠しうまく逃れたが明らかにFBIの人間ではなく電話がかかってきてミッチから脅迫を受けます。

ジョーに迷惑かけたくないスリムはサンフランシスコまで行きIT業界で成功した父親ジュピターを訪ねるが娘だと信用されませんでした。

髪の毛をばっさり切ったスリムはフィルの友人に住まいと仕事を紹介してもらい死亡記事の中からエリン・シュリターを選び出生証明書を発行してもらい社会保障申請をしました。

ある日、フィルから郵便が届きます。それはミッチからスリムに援助したら殺すと脅されたジュピターからの援助金でした。

 

結末/イナフ

ミッチと刑事のロビーは知り合いでした。スリムをモノにできるか賭けていた相手はミッチだったのです。

母親が連れて行ったのなら誘拐ではないとロビーは言うがミッチは刑事をクビになるネタはたくさん持っていると脅しスリムの居場所を探させました。

 

スリムはもう安全だと思いジョーに連絡して呼び寄せるがロビーに居場所を突き止められていました。

グレイシーを連れて楽しむが一泊したジョーは仕事があるため帰ります。

スリムは侵入してきたミッチに暴力を受け「戻らないのなら殺してやる」と脅され首を絞められます。

物音に気付いたグレイシーが「パパやめて」とミッチの髪の毛を掴んで引っ張ります。スリムは催眠スプレーを噴射し車で逃走するがロビーが運転する車に追われ激しいカーチェイスとなります。

背の低い車でしか通れない廃工場まで逃げ抜き難を逃れます。

 

弁護士に相談すると警察に届け出るチャンスがあったのに今からでは遅すぎると言われます。

グレイシーのために訴えなかったスリムだが親権裁判になるとスリムがドラッグ付けだというミッチの主張がおそらく通ってしまい負けると可能性があると言われます。

 

スリムは1人でもグレイシーを守れるようにならなければならないと決意し格闘技を習います。

ジニーにグレイシーの世話を頼みロビーに逆探知される可能性があるから電話は使わないようにお願いします。

特訓を終えたスリムはジュピターに替玉を用意してもらってロスにいる事にし、調べて貰ったミッチの家に侵入します。

凶器になりそうな包丁や探知機を使って見付けた銃など没収し戦闘態勢に入りミッチの帰りを待ちます。

〜武器を持たないミッチは攻撃してくる者には弱かった〜

正当防衛だと認められ親権を得たスリムはグレイシーを迎えに行きジョーと3人で生活し始めました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました