中国ドラマ「燕雲台」ネタバレあらすじ・5話から8話を感想を交え結末まで

作品情報キャスト

中国史上初の征服王朝に実在した皇后・蕭燕燕の壮絶な人生を描いた中国歴史エンタテイメント。

契丹族の国である遼の北府宰相・蕭思温の三⼥・蕭燕燕は遼の朝⾂である韓徳譲と愛し合うようになるが第4代皇帝・穆宗の後継ぎの座をめぐり⽔⾯下の争いが続いていました。

蕭家の三姉妹がその勝負の切り札とみなされ長女の蕭胡輦が穆宗の弟・罨撒葛に、次女の蕭烏⾻⾥が初代皇帝・太祖の孫・耶律喜隠に嫁ぐことになる。そんな中、蕭燕燕は暗殺された前皇帝・世宗の息⼦・韓徳譲が⽀持する耶律賢に嫁ぐことになってしまう。

蕭燕燕(ティファニー・タン)韓徳譲(ショーン・ドウ)蕭胡輦(カーメイン・シェー)耶律賢(ジン・チャオ)蕭思温(リウ・イージュン)耶律罨撒葛(タン・カイ)蕭烏骨里(ルー・シャン)耶律喜隠(ジー・チェン)耶律璟(ニン・リー)など

 

「燕雲台」の全話ネタバレ一覧はこちら

 

 

ネタバレあらすじ/燕雲台

 

第5話・密書の行方

蕭思温の蕭燕燕(三女)は蕭烏骨里(次女)が通関令牌を持ち出すのを知っていながら黙っていたことで蕭胡輦(長女)から叱責を受けます。

耶律喜隠を助けようとした蕭烏骨里は通関令牌を渡すが耶律罨撒葛(皇帝の弟)に見付かり謀反に関与したとして共に投獄されてしまいます。

李胡(耶律喜隠の父)は多くの者が関わっていると混乱させ、その中には蕭家も含まれていました。

韓徳譲から「李胡の発言を記した密書を幽州に送るはずだ」と教えられた蕭燕燕は耶律璟(皇帝)に読まれたら父親が危険だと思い奪うしかないと告げると余計な事はするなと蕭胡輦に出て行くよう言われてしまいます。

 

蕭燕燕は烏雲蓋雪(愛馬)なら先について待ち伏せできるはずと思い置き文を残して出て行きます。

文を読んだ蕭胡輦は韓徳譲が助けに行くと言うので託し耶律罨撒葛のもとに向かいます。韓徳譲は道が二手に別れていたので信寧に幽州に向かって蕭思温に報告するよう告げ宿場に向かいます。

蕭燕燕は宿場で火事を起こして煙を発生させそのうちに密書を奪おうとするが矢に撃たれてしまい駆け付けた韓徳譲に助けられます。密書を奪うのが先決と訴えるが傷の手当てが先だと言われ彼が準備した天幕で休みます。

幽州に到着すると蕭燕燕は韓徳譲に用意された宿で自分も休むと告げ受け入れられるがそこには同じ年頃の娘・李思がいました。

 

太平王府に到着した蕭胡輦は「妹は謀反を起こしたのではなく耶律喜隠に甘い言葉で丸め込まれただけ、まだ子供なんだから助けて欲しい」と願います。

しかし、獄中で愛を誓い合う2人の会話を聞いていた耶律罨撒葛から許せば間違いなく敵になると言われ命を犠牲にしてでも妹を守ると涙で訴えます。

「君を娶りたい、妹への真心を半分でいいからくれないか」

妹に会わせてもらった蕭胡輦は泣き疲れ必ず救うと告げるが耶律喜隠も助けと言われ「蕭家が謀反の疑いを掛けられたのに何を言っているのか」と怒り出て行きます。

蕭胡輦は母親の形見を耶律罨撒葛に渡し帰路に付きます。

(恋は盲目というので仕方ないが長女として見捨てないでと泣き疲れたらほっとけないだろうね。助けてやってくれってどの口がしゃべるのか耶律喜隠さんよwすべてはあんたのせいだ。そして嫁いでくれればと条件を出すのはなんとも男らしくないしダサい)

 

第6話・草原の告白

蕭燕燕は韓徳譲と同じ天幕で休み仲が深まったことで喜んでいたが李思との縁談話があると知り許嫁がいたのかとショックを受けます。

街に飛び出すと民の命を奪うやぶ医者で有名な肖古とぶつかり捕らわれそうになったので逃走するが逆に尾行して屋敷に侵入し気絶させます。これまで多くの民の命を奪ったので仇をとってやろうと思うが参内する予定だと知り大きな仮面と衣を手に入れ肖古に成り済まします。

 

密書を盗むため肖古に成り済まして参内に向かうと自分を捜す徳譲を見かけたので耳飾りを渡すよう命じます。

韓徳譲は蕭燕燕だと気付いて考えを悟り蕭思温に報告するよう信寧に伝えます。蕭燕燕は一度密書を手にしたものの落としてしまい耶律璟が目覚めた事で諦め逃げ出し韓徳譲と会うが「陛下がお呼びだ」と呼び止められてしまいます。

信寧から報告を受けた蕭思温は韓匡嗣と共に恐る恐る駆け付けると「どうした?」と聞かれたのでバレていないようだと安堵し南朝軍が撤退し幽州は危険な状態から脱したことを告げます。

しかし、目の前にある密書に気付いた耶律璟から「謀反を企てた者がいるがお前達はどう始末する」と聞かれます。密書を渡され読むとそこには李胡が謀反を企てたとしか書かれていませんでした。

 

蕭思温は安堵し死罪を口にしようとしたが頭痛を引き起こした事で肖古を呼ばれてしまいます。

頭痛が治らないことを問い詰められた肖古に成り済ます蕭燕燕は「天神いわく殺し過ぎだとお告げを受けた。人々の怨霊が取り憑き病は治らぬ」と言い放ちます。

蕭思温は驚き「無礼な乱心者は出て行け」と怒鳴り怒り狂う陛下を止めます。駆け付けた韓徳譲は蕭燕燕を逃がし始末しろと命じられた蕭思温は肖古を捕らえるよう命じます。

韓徳譲は本物の肖古がやってきたので殴って仮面を取り付けて捕らえたと叫びます。韓徳譲に助けられた蕭思温は李思を娶る気はないと知って喜びます。

(密書には李胡の事しか書いていないのですべてが無駄な行動でしたね。肖古はかわいそうだがこれまで陛下を欺き多くの民の命を奪っていたらしいからいいか、笑。逃げる時にさっさと仮面を外せばいいのにね・・・)
 
スポンサーリンク

 

第7話・揺らぐ兄弟の絆

耶律罨撒葛は謀反に関わった者の名簿を提出すると耶律璟(陛下)は全員に死罪を命じました。

「息子・耶律喜隠の命は助ける」と約束して李胡に毒酒を飲ませたあと、耶律罨撒葛は蕭烏骨里と耶律喜隠を釈放し二人が謀反に関与していたことは陛下に伏せます。

耶律喜隠から恨まれるから死罪にした方がいいと進言されるが「蕭烏骨里が耶律喜隠に嫁げば蕭思温は自分と蕭胡輦の婚姻を認めざるを得ないだろう」と告げます。

 

蕭胡輦(長女)と蕭燕燕(三女)は釈放されると知り迎えに行くが牢の中で蕭烏骨里(次女)が耶律喜隠と生涯を誓い合い帰らないというので叱咤し無理に連れて帰ります。

蕭思温は謀反を起こして娘の命を追い込んだ者に嫁がせる気はないと言い放つとずっと跪くので蕭胡輦に連れていくよう命じます。

 

燕王に封じられた韓匡嗣は驚くが領地を拡大して多くの領民を庇護できることが利点だと韓徳譲に伝えます。

韓徳譲は耶律賢と弓の稽古に励みながら耶律罨撒葛の計略を女里を使って陛下に伝えさせれば兄弟の間に疑念が生じるはずと伝えます。

すると耶律罨撒葛は杖刑20回と近衛軍指揮使の職を解かれます。近衛軍指揮使に任命された耶律賢は兵権を得られるので喜ぶが韓徳譲は試している可能性があるから今は辞退するべきと進言します。

(謀反を起こしときながら耶律喜隠は恨んでいる立場ではないでしょ、蕭烏骨里も騙されてますよ、蕭家の娘なら誰でもよかったのだから。巻き込まれた蕭家が許すはずないが蕭烏骨里は完全に洗脳に近い感じで飲まれちゃってますもんね、どうなることやら・・・)

 

第8話・揺るぎない同盟

燕王府では韓匡嗣の祝宴が行われ蕭燕燕は韓徳譲に会えると喜んで向かいます。

蕭胡輦は耶律璟から職を解かれ杖刑を受けた耶律罨撒葛を見舞うため太平王府へ向かいます。娶りたい女は君だけだと愛を告げられ真珠のピアスを贈られた蕭胡輦は真心が欲しいのであれば真心で接するよう告げ帰ります。

その頃、耶律喜隠は蕭烏骨里を娶るために一族の大長老・耶律屋質に口添えを頼むと「蕭宰相と燕国長公主の間の娘なら誰でもいいのだろう」と言われてしまうが父を亡くし愛する人まで失いたくないと願うと一肌脱いでくれました。

 

蕭思温は尊敬する耶律屋質から蕭烏骨里の縁談話を勧められ困惑します。

耶律罨撒葛は「苦肉の策が蕭胡輦を娶るきっかけになったろう」と耶律璟に言われそれで杖刑を受けたのかと感謝します。

耶律賢が近衛軍指揮使を辞退して女里を推挙したと知り、原職に復帰するよう言われた耶律罨撒葛は命懸けで陛下を守った耶律賢が推挙するなら女里に任せればどうかと進言しました。

蕭思温は次女のことで頭いっぱいだったのに耶律罨撒葛まで訪ねてきたので蕭胡輦を呼ぶと「断れば陛下から恨まれ蕭家は危機に陥るし耶律罨撒葛に嫌悪感はない」と言われます。

 

(韓徳譲と蕭燕燕は両想いだが耶律賢が蕭燕燕を密かに想っている事を韓徳譲が知るのはいつになるのだろう、そして蕭思温も蕭燕燕の嫁ぎ先に耶律賢を望んでいるようですね。長女が次女を助けるために嫁ぐことになったので蕭燕燕も受け入れる可能性が高いですね)

第9話からのネタバレ