へぇ~♪そうなんだ~♪

<ネタバレ・あらすじ>映画やドラマ、小説などのネタバレになります。

「 エターナル 」< ネタバレ あらすじ >不良債権を出して経営破綻!!すべて失い妻子が留学中のシドニーに向かう

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

エターナル 通常版 Blu-ray

 

証券会社の支店長は英語教育を受けさせるため妻子をシドニーに住まわせていました。

不良債権を出し倒産に陥ると家族をないがしろにしていた事を反省しシドニーに行くが妻は隣人と親密な関係だった 

 

監督=イ・ジュヨン

 

カン・ジェフン(イ・ビョンホン)

スジン(コン・ヒョジン)

ジナ(アン・ソヒ)

クリス(ジャック・キャンベル)

 

< ネタバレ あらすじ >

        エターナル

 

証券会社の支店長カン・ジェフンは、幼い息子ジヌと妻スジンに英語教育を受けさせようとオーストラリアに留学させていました。

せめて韓国で英語の勉強をしたいとスジンは言っていたが経済的に差が出るからと説得し2年前に行かせていました。

1人ソウルに残り家族のために懸命に働いていたが会社が莫大な不良債権を出して批難を浴び社会的地位を失うはめになってしまいました。

人としての信頼も失い精神的に追い詰められうつ状態になってしまったジェフンは妻子の帰国が1週間延びたと連絡を受け航空券をすぐにネット予約し携帯を置いてシドニーの家に初めて行きます。

しかし、スジンが隣人の男クリスと親密そうに楽しんでいる姿を庭から目撃しショックを受け引き返してしまいます。

 

食堂で佇んでいるとワーキングホリデーで韓国から来ていた若い女性ジナが「両替の直接取引は初めてで…」と電話していました。

若者3人が乗る車に乗って何処かへ行ってしまったが数時間後に彼女はフラフラと戻ってきて食堂の前の道路に倒れてしまいました。

ジナには暴行された痕跡がありジェフンは声を掛け彼女が宿泊する宿屋まで送っていきます。

ネットで知り合い韓国人だったから信用してしまったと彼女は言いました。

 

スポンサーリンク
 

 

翌日、家を訪ねると誰もいませんでした。

ドアが開いているのを見て、スジンが「最近物騒であなたがいない時に怖いから中から鍵をかけられるように補助錠を付けたい」と言っていた事を思い出します。

また机に置かれていた履歴書と市立交響楽団オーディション申込書を見てバイオリンは売ったはずだが…と思います。

2階で寝てしまったジェフンは息子の声で目を覚まします。

スジンはネットで証券騒動になっている事を知りジェフンに電話しようとするがクリスが娘を連れてやってきたのでみんなでビーチに遊びに行きます。

4人家族のようだと見ていてジェフンは思うが偶然にもジナと出くわし「お金を全て奪われたんだけどオーバーステイだから警察にも行けないし…助けてください」とお願いされます。

4人を目で追っていたジェフンは「お金は銀行でかえないと……すまない」と言いその場を去るが彼女が泣きながら座り込んでいたので仕方なく引き返します。

 

ジェフンはビザが切れたら滞在できないのにどうして仕事を探すのか聞くと就職すれば新しいビザを貰えるから帰国しなくて済むとジナは言いました。

オーストラリアに2年間ほったらかしにされた妻は新しいビザを手に入れるためにオーディションに申し込んだのではないか……。

ジェフンは自分のミスだと後悔します。

金を取り返すためジナに付いて行くが家は貸し出され連中はいませんでした。

「うまい話には裏があるものだ」

ジェフンは不良債権を顧客に売り最終的には財産、家族、信頼、全て失った事を話します。

上司に利用されてたとも知らずに偉そうに生きてきた事を後悔し、2年間一生懸命働いて貯めてきたのにすべて奪われてしまったジナも「怠けているから貧乏」なんて言葉は嘘だと泣きます。

 

ジェフンがバスに乗っているとバイオリンを持った妻が乗ってきました。

後を付いていくと妻はオペラハウスに入って行き面接を受けていました。

「子供が生まれてから自分の人生を他人に委ね自分を捨てて生きてきました。」

妻の話を聞いたジェフンは幸せに暮らしていると漠然と思い勘違いしていたのだと思い知ります。

 

ジヌが病院に運ばれたと知りジェフンは駆け付けるとクリスが「もう大丈夫、心配ないよ」と妻に電話していました。

クリスは自分が事故を起こし妻を長いこと病院送りにしてしまったためそれから運転はしていませんでした。裸足で血だらけになっているクリスを見てジェフンはジヌを抱えて走って病院に連れてきてくれたんだと分かります。

 

妻とクリスが抱き合っているのを見てしまったジェフンは夜中寝室に入り妻の首に手をかけようとするがやはり出来ません。

オーストラリア永住権申請書を見ると配偶者欄に自分の名前がちゃんと書かれていました。

「ジヌには毎日楽しく過ごして欲しい、ママには幸せになってほしい」

眠っている2人に語りかけジェフンは今までの人生を悔やみ涙を流します。

 

ジヌは病院でパパに会ったと伝えるとスジンは「パパは韓国よ、来週帰国するから夢見たのね」と言います。

行方不明だった愛犬チチが道で死んでいるところを発見され警察が連れてきました。スジンはそれだけでもショックな事なのに会社で深刻な問題が起き連絡がつかない夫が心配でした。

オーディションを受けたのはビザが出て永住権も取れるし、そうすれば帰国してジェフンを連れてくることが出来るからです。

その頃、ジェフンはジナを連れ出しあるところに向かいます。警察沙汰となっておりジナの金を奪った3人が逮捕されていました。

ジナは確認しにいくと埋められた自分の死体を目にしました。

 

スジンは夫と連絡が取れないから自宅を訪ねてほしいと管理人に連絡しました。

管理人からの知らせを受けスジンは泣き崩れます。

ジェフンは薬物の大量服用による自殺と判断されました。

 

 

< 感想 >

ちょっと退屈だったかな…。

オチは「 シックス・センス 」と同じだが・・・内容は全然違いますね(^^ゞ

ワンちゃんの存在が分かりにくかった。一番最初にジェフンが訪ねた時に死んでしまったということね。なんかずっとウロウロしているから可愛かったけどもw

クリスの妻は長いこと意識障害で入院していてジェフンと会話していましたが亡くなっていました。・・・という事はですよ・・息子との会話は何だったのか?

ジェフンが会話出来るのは相手も死んでいる場合ですよね。。ちょっと曖昧。

シドニーに到着して近くにいるのに全然接近しないので「もしや・・・」とすぐ分かってしまいましたよ。

 

 

 

blog.netabare-arasuji.net