へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 エクストーション 家族の値段 」< ネタバレ あらすじ >無人島に漂着!、大金を要求された父親のサバイバルアクション!

 

エクストーション 家族の値段 [DVD]

 

監督=フィル・ヴォルケン

 

ケビン(アイオン・ベイリー)

ジュリー(べサニー・ジョイ・レンツ)

ミゲル(バーカット・アブディ)

ハーゲン(ダニー・グローヴァー)

 

< ネタバレ あらすじ >

エクストーション 家族の値段

 

スポンサーリンク
 

医者であるケビンは家族サービスするため休暇をとり、妻ジュリーの希望通りカリブ海リゾート地に遊びに行きます。

息子アンディが宝島があるのではと喜んでいたのでケビンは水上バイクを借りようとしたが予約いっぱいでした。

お金を出せば無免許でも船を貸してくれる場所があると知りケビンはスピードボートを手に入れます。

 

妻子を乗せてケビンはスピードをあげて楽しむが陸地が見えなくなったのでジュリーは心配します。

アンディが「宝島が見えた」と言うのでケビンは上陸させるが探検を終えて戻ろうとするとエンジンの故障で動きませんでした。

携帯の電波が届かない水もない無人島なためケビンとジュリーは船が通りかかるのを待ちます。

途方に暮れているとアンディに脱水症状の兆候が見られたためケビンは無人島にいても誰も見つけてくれないと思いボートを漕いで出します。

気付くと別の場所の無人島に漂着していたが偶然にも漁船が通りかかります。

ケビンは助かったと安堵するが乗組員の男は救助と引き換えに100万ドルを要求してきました。

ジュリーとアンディを無人島に置いてきた乗組員は「場所は俺にしか分からない。100万ドルが手に入ったら教えてやる」と言いました。

街に連れ戻されたケビンは仕方なく知り合いに電話して送金してもらい銀行で乗組員の口座に振り込みました。

19万ドルしかなかったが乗組員の年収は1万ドルであり大金になるため受け取ります。

早く無人島まで船を出すよう強く要求したケビンだが古い船に乗せられます。そして船室に鍵を閉められ沈没させられました。

 

沈没した船から脱出したケビンは救助され大使館や地元警察に早く妻子を助けてくれと要求します。

しかしハーゲン刑事は保険金狙いではないかと疑いました。

おそらく乗組員は出稼ぎにきているハイチ人だと言われケビンはタクシーで市場へ向かいました。

乗組員の特徴を伝え聞き込みを開始するが情報は得られません。その時タクシーの運転手の腕の傷を見たケビンは乗組員にも同じ傷があったことを思い出し病院に行きます。

守秘義務があるためドクターは何も話さなかったがケビンは自分も医者である証拠を提示し強く訴えると「何も言えないけど少し席を外す」と出て行きました。

ケビンはその間にPCを操作し乗組員の名前がミゲルであると突き止め住所をメモり机の中にあったメスを持ち出します。

 

ケビンは家に侵入すると母親と子供が2人いました。「夫はどこにいる」と強く迫ると仕事を終えたミゲルが帰ってきます。

ケビンがミゲルを押し倒し殴り続けると母親が銛銃を構えて「離れて」と叫びます。

ケビンは離れるが銛銃を手にしたミゲルの目が本気だったため咄嗟に子供の首にメスをあてました。

ミゲルは慌てて銛銃を机に置くが反動で発射され子供を貫通してケビンのお腹に刺さります。

ミゲルに首を絞められたケビンは首にメスをぶっ刺し気絶してしまいます。

 

ケビンは目を覚ますと病院のベッドで手錠をかけられていました。

ハーゲン刑事は「金でミゲルを雇い用済みとなったんだろう」と言いました。

ケビンは船番号をメモっておりミゲルと一緒にいた乗組員の名前はホルヘだと訴えるが「殺人事件であり捜査は中止だ」と言われてしまいます。

「正当防衛だ」と強く訴え一刻も早く妻子を助けたいケビンは警官の銃を奪って拘束を解かせ着替えを持って脱走します。

 

港務部で船体番号を伝え船の場所を聞き出すがリースは昨日で終了していました。

送金後にミゲルがホルヘに電話していた事を思い出したケビンは大使館に電話して「通話記録から所在を突き止めて彼と警察を正午に大広場へ連れてくれば自主する」と訴えました。

しかし大広場には地元警察しか来ませんでした。ハーゲン刑事から「ホルヘが逃亡した。君の言うことは信用するが自主してほしい」と要求されるがケビンはバスに乗り込みました。

すると偶然にも最後列にホルヘが座っていました。

ケビンは窓から飛び降りて逃げたホルヘを追い掛け捕まえます。

「警察には言わないから」と必死に訴えます。

ホルヘは事故に巻き込まれるがケビンの訴えが心に届いたのか妻子がいる島を地図上で教えてくれました。

 

警官から奪った銃で脅しボートを手に入れるが港湾警備隊に停船を命じられます。

警告を無視したため発砲を受けるケビンはもうダメかと諦めかけるがギアがある事に気付き上げると一気に加速し港湾警備隊をふりきりました。

無人島に到着すると砂浜に足跡を見つけ辿っていくとジュリーとアンディが倒れていました。

意識朦朧となっているジュリーに水を飲ませアンディには心臓マッサージを行うと戻ってきました。

アンディをボートに運んだあとジュリーを抱えるケビンだが力尽き倒れてしまいます。

 

救助隊のヘリコプターが無人島に上陸しようとするところで終わります。

 

blog.netabare-arasuji.net