へぇ~♪そうなんだ~♪

<ネタバレ・あらすじ>映画やドラマ、小説などのネタバレになります。

「 ザ・ファブル 」映画<ネタバレ・あらすじ>1年間普通の暮らしを命じられる伝説的な殺し屋!キャスト・試写会感想

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

映画チラシ ザ・ファブル 岡田准一

 

 

2019年6月21日公開する「ザ・ファブル」は、第41回講談社漫画賞一部門を受賞した南勝久による日本漫画が原作。

監督は「コカコーラ」や「ソフトバンク」など多くのCMを手掛けた江口カン

主題歌は世界売り上げ枚数5500万枚突破している歌姫レディー・ガガの代表曲でもある「ボーン・ディス・ウェイ」。

 

< 主人公のファブルとは? >

幼い頃からボスに殺し屋として育てられた男はどんな相手でも6秒以内に殺す。

存在が謎でありその伝説的な強さに裏社会の者たちは彼を寓話の意味を持つ「ファブル」と呼ぶが本人は気に入っていない。

拳銃「ナイトホーク」ナイフ「ブラックホークCQD-MKI」を愛用しているが基本は場所も武器も選ばないオールラウンダーであり食事に毒が盛られていないかを瞬時に舌でチェックできるが猫舌である。

また監視カメラや盗聴器、相手が危険な人間か、武器を所持していないか、感覚で察知できる能力を持つ。

そんな主人公を演じるのは「追憶」「海賊とよばれた男」「永遠のゼロ」など多くの映画で主演の座を掴んでいるジャニーズV6の岡田准一。

佐藤明/ファブル(岡田准一)

 

スポンサーリンク
 

 

< 映画の見所 >

幼い頃から殺し屋になるための訓練を受けていたファブルはデビューしてからハイペースで的確に仕事をこなし裏社会で有名になってしまいます。

育ててきたボスは正体が暴かれるのも時間の問題では無いかと頭をよぎりミッションを考えました。

「一年間大阪で一般人・佐藤アキラとして普通に暮らしなさい」

ボスの言う事は絶対であり、ボスから派遣されたヨウコと共に兄妹としてアキラは大阪で暮らし始めます。

真黒カンパニー社長・海老原の世話になりボスからもらったインコを大事に育てながらアルバイトを始めます。

バイト先を紹介してくれたのは近くのアパートに住むミサキ、社長の田高田はとても面倒見が良くアキラは「殺し屋のプロ」ではなく「プロの普通人間」になるため真面目に仕事を学んでいきます。

 

海老原の弟分である小島が15年ぶりに娑婆に出てくるが自分が服役している間の時代変化についていけず同じシノギをする現幹部の砂川を対立します。

小島は偶然見掛けたミサキを新しく開業する店で働かせようと拉致します。

海老原から救出するよう頼まれたアキラはヨウコと共に救出に向かうがボスから「普通に暮らしている間は1人も殺しては行けない、1人でも殺したら俺がお前を殺す」と言われていました。

はじめて一般人と接し普通の生活の良さを学んでいたアキラは自分の能力は「殺し屋」としてではなく「人を救うヒーロー」として使える事に気付きます。

ファブルを執拗に追い続ける殺しもやる何でも屋フードの登場もあるなか、いくつもの罠を脱し誰も殺さないで無事にミサキを救うことができるのか?

 

< タレント揃いのキャスト >

 

佐藤アキラ/ファブル(岡田准一)

伝説的な殺し屋だが普通の生活をするようボスから命じられる。

時給800円の仕事を真面目にこなす。

ヨウコ(木村文乃)

少女の頃に火災で両親を失いボスに拾われる。精神的にもろいが記憶力と戦闘能力はある。

アキラのパートナーを命じられ最初は男を酔い潰して遊んでいたが協力し始める。

ミサキ(山本美月)

父の借金返済のためにバイトを掛け持ちする。

近くに住むアキラにバイト先を紹介。過去により拉致される。

フード(福士蒼汰)

渋谷系ゆとり世代の殺しもやる何でも屋。ファブルに憧れ執拗に追う。

小島 (柳楽優弥)

真黒カンパニー社員。デンジャラスメーカー。自分が刑務所にいる間に変わってしまった組織にうんざり。新しいシノギのため開業するのに邪魔な砂川を失脚させようとする。

砂川 (向井理)

真黒カンパニー野心暴走専務。自分のシノギの場が小島によって荒らされる。

二人組の殺し屋を雇う。

田高田(佐藤二朗)

面倒見がいいデザイン事務所・オクトパス社長

海老原(安田顕)

真黒カンパニーの強面ダンディー社長。ボスに頼まれアキラの面倒を見る

ボス (佐藤浩市)

アキラとヨウコを育てたボス。一年間普通に暮らすよう命じるが実は伝説的な強さに警戒心を持っていた。

コード(木村了)

フードの相棒で殺し屋。

 

上映が終了してから詳しいネタバレを書きたいと思いますが試写会で見た感想 

 

岡田准一さんファンには間違いなく面白いでしょうね。

豪華なキャストなんで面白くないと困るのですよ。「関ヶ原」はあれだけ盛り上げといて「なにこれ、わかりにくい」と正直思いましたから^^;

私は原作である漫画は読んだ事ないのですが、それでも楽しめましたね。

「伝説的な殺し屋」というと私のイメージですが猫飼っていて孤独な日々を送っているクールな人物像をイメージしますがまったくもってそれには当てはまりません。

「笑い」と「アクション」が見所、ストーリーは単純です^^;

柳楽優弥さんの演技力には頭が下がります。