映画「 ザ・ファブル 」ネタバレあらすじと結末/普通の暮らしを命じられる伝説的な殺し屋(試写会感想)

 

作品情報/ザ・ファブル

2019年6月21日公開する「ザ・ファブル」は、第41回講談社漫画賞一部門を受賞した南勝久による日本漫画が原作。

監督は「コカコーラ」や「ソフトバンク」など多くのCMを手掛けた江口カン

主題歌は世界売り上げ枚数5500万枚突破している歌姫レディー・ガガの代表曲でもある「ボーン・ディス・ウェイ」。

ファブルとは?

幼い頃からボスに殺し屋として育てられた男はどんな相手でも6秒以内に殺す。

存在が謎でありその伝説的な強さに裏社会の者たちは彼を寓話の意味を持つ「ファブル」と呼ぶが本人は気に入っていない。

拳銃「ナイトホーク」ナイフ「ブラックホークCQD-MKI」を愛用しているが基本は場所も武器も選ばないオールラウンダーであり食事に毒が盛られていないかを瞬時に舌でチェックできるが猫舌である。

また監視カメラや盗聴器、相手が危険な人間か、武器を所持していないか、感覚で察知できる能力を持つ。

そんな主人公を演じるのは「追憶」「海賊とよばれた男」「永遠のゼロ」など多くの映画で主演の座を掴んでいるジャニーズV6の岡田准一。

佐藤明/ファブル(岡田准一)

見所

幼い頃から殺し屋になるための訓練を受けていたファブルはデビューしてからハイペースで的確に仕事をこなし裏社会で有名になってしまいます。

育ててきたボスは正体が暴かれるのも時間の問題ではないかと頭をよぎりミッションを考えました。

「一年間大阪で一般人・佐藤アキラとして普通に暮らしなさい」

ボスの言う事は絶対であり真黒カンパニー社長・海老原の世話になりながらボスから派遣されたヨウコと共に兄妹として暮らし始め、大事にインコを育てながら近くに住むミサキに紹介されアルバイトも始めます。

「殺し屋のプロ」ではなく「プロの普通人間」になるために。

海老原の弟分である小島が娑婆に出てくるが自分が服役している間の時代変化についていけず同じシノギをする現幹部の砂川と対立します。

小島は偶然見掛けたミサキを新しく開業する店で働かせようと拉致します。

海老原から救出するよう頼まれたアキラはヨウコと共に救出に向かうがボスから「普通に暮らしている間は1人も殺しては行けない、1人でも殺したら俺がお前を殺す」と言われていました。

はじめて一般人と接し普通の生活の良さを学んでいたアキラは自分の能力は「殺し屋」としてではなく「人を救うヒーロー」として使える事に気付きます。

ファブルを執拗に追い続ける殺しもやる何でも屋フードの登場もあるなか、いくつもの罠を脱し誰も殺さないで無事にミサキを救うことができるのか?

スポンサーリンク

 

キャスト

佐藤アキラ/ファブル(岡田准一)

伝説的な殺し屋だが普通の生活をするようボスから命じられる。

時給800円の仕事を真面目にこなす。

ヨウコ(木村文乃)

少女の頃に火災で両親を失いボスに拾われる。精神的にもろいが記憶力と戦闘能力はある。

アキラのパートナーを命じられ最初は男を酔い潰して遊んでいたが協力し始める。

ミサキ(山本美月)

父の借金返済のためにバイトを掛け持ちする。

近くに住むアキラにバイト先を紹介。過去により拉致される。

フード(福士蒼汰)

渋谷系ゆとり世代の殺しもやる何でも屋。ファブルに憧れ執拗に追う。

小島 (柳楽優弥)

真黒カンパニー社員。デンジャラスメーカー。自分が刑務所にいる間に変わってしまった組織にうんざり。新しいシノギのため開業するのに邪魔な砂川を失脚させようとする。

砂川 (向井理)

真黒カンパニー野心暴走専務。自分のシノギの場が小島によって荒らされる。

二人組の殺し屋を雇う。

田高田(佐藤二朗)

面倒見がいいデザイン事務所・オクトパス社長

海老原(安田顕)

真黒カンパニーの強面ダンディー社長。ボスに頼まれアキラの面倒を見る

ボス (佐藤浩市)

アキラとヨウコを育てたボス。一年間普通に暮らすよう命じるが実は伝説的な強さに警戒心を持っていた。

コード(木村了)

フードの相棒で殺し屋。

 

ネタバレあらすじ/ザ・ファブル

黒い覆面を被りどんな相手でも6秒で始末する伝説的な殺し屋ファブルは料亭で豪遊する組織を一掃しヨウコが運転する車に乗り込みます。

そんなファブルを執拗に追う渋谷系ゆとり世代の殺し屋フードとコードは一足遅かったと悔しがるが同業者として「かっこいい」と嫉妬します。

ボスに呼ばれたファブルはヨウコと一緒に行くと焼き魚を渡されるが猫舌で食べられないので「フーフーしてくれ」とヨウコに頼みます。

あまりにもハイペースで仕事をするので素性がバレるのではと心配したボスは「今日から佐藤アキラとして1年間大阪で普通に暮らせ、任務中は誰も殺してはいけない」と命じられインコを渡されます。

ボスの言う事は絶対なのでアキラはヨウコと共に兄妹となり、ボスと繋がりがある真黒カンパニーが提供してくれた家で暮らし始めます。

海老原社長は「殺し屋なんか匿っていいんですか」と心配するが会長は今までの付き合いがあるから仕方ないと受け止めていました。

 

プロの普通

豪酒のヨウコと一緒に飲みに出掛けた帰りチンピラ二人に因縁付けられます。プロの普通人間にならなければいけないのでアキラはヨウコを先に帰らせ殴られるフリをして相手の指2本骨折させてから泣くフリをして見逃してもらいます。

チンピラ二人は海老原が企てたことでした。翌朝、「さしで腹割って話そうや」と海老原に連れられ地下駐車場に連れていかれたアキラだったが街一番の不良が待ち構えていました。

殺せと言われるがボスの命令があるから無理だと断ります。

「これはこの街で1年暮らすための運命や」と言われ仕方なくアキラは覆面を被り3秒で立てなくさせるほど倒します。

殺せと言ったはずだと海老原に銃を突き付けられるが「1年誰も殺したくはない。今はインコを飼い始め大事に育てたいんだ」と告げると信用してもらえたようです。

海老原に高級ステーキをご馳走になったアキラは猫舌で食べれません。

「自分の正体を知っていてあそこまで追い詰めるのは慌てすぎだ」と告げると海老原の弟分である小島が8年振りに娑婆に出てくるのだと知らされます。

普通の人は仕事をするぞと言われたアキラはアルバイトの面接に行くがすべて落とされます。そんな時、近くのアパートに住むミサキからチラシなどをデザインする「オクトパス」社長の田高田を紹介され働くことになります。

時給800円と言われ「やらせていただきます」と返事したアキラはお茶を飲んで「熱ぃ」と叫びます。

ミサキは父の借金返済のため、母親の治療費のために田高田にお世話になりながら夜はBARで働いていました。歓迎会を開いてもらったアキラはバイトの貝沼がミサキを盗撮している事に気付き枝豆を飛ばしてカメラの向きを変えます。

スポンサーリンク

 

確執

出所した小島がさっそく金を貸したのに面会にすら来なかった風間を始末します。風間の面倒を見ていた砂川は「女商売を嫌っていた海老原が可愛がっている小島にやらせたんじゃないだろうな」と疑います。

小島は会長から出所祝い金を頂戴するが刑務所にいる間に変わってしまった組織にうんざりします。

ミサキから「鍵無くしちゃって家には入れなくて」と連絡を受けたアキラは家に招きます。酔っ払ったヨウコはミサキの顔を変顔にして喜びます。

アキラは「ミサキは良い子だから近付くな」と海老原に言われていたので謝罪しに向かうと小島が応対してきたが海老原が風呂場で心臓発作を起こして倒れていたので病院に運びます。

海老原が倒れた事でパワーバランスが崩れ、言いつけを守り大人しくしていた小島は砂川の部下たちを殺し始め女商売を始めます。

殺した風間が前にグラビアをやっていたミサキをAVに送ろうとしていた事を思い出し彼女を脅し始めます。

海老原に呼ばれたアキラは「連絡が取れない弟を心配している。探してくれ」と頼まれます。お礼はするものだと車をプレゼントされたアキラは小島を探しに行くとミサキを連れ去った事を察するが、その後に二人とも拉致されたと気付きます。

会社を乗っ取ろうと企てている砂川がフードとコードを雇い小島と一緒にいたミサキを拉致していました。

 

結末/ザ・ファブル

場所は砂川が請け負っているゴミ処理場だと気付くがボスの命令があるので悩みます。自分の能力は人を始末することではなく「救う」ために使えるはずだと気付き武器や偽物の銃を持って駆け付けます。

黒覆面を被りファブルとなってミサキを安全な場所に隠しクレーンで吊されている小島を助けます。アキラはボスの命令があるので殺すことは出来ず倒していくだけなので相手は時間が経てば復活していきます。

大勢を相手にするファブルはなんとか小島を現場から逃がすことに成功します。

フードはやっと伝説に会えたと喜び「こいつを倒せば俺が伝説になる」と対決を挑みます。フードは容赦なく撃ってくるがファブルはなんとか計算しながら戦い落下させる事に成功します。

ミサキと一緒に戻ろうとしたがフードの相棒コードが追い詰めミサキは落下してしまう・・・がヨウコが救いました。

ヨウコは気を失っていたので海老原の部下に覆面を被ってもらいアキラの家まで送るよう頼みました。

車の中で意識が戻ったミサキは覆面を外す知らない男の運転で家に到着し中に入っていくとアキラとヨウコが酒を飲んで楽しんでいました。一緒に飲もうと誘いアキラは時給が100円上がったので「給料が入ったら俺に奢るよ」と約束しました。

ファブルに普通の人間になって欲しいと心から思うようになっていたボスは「能力を失ってくれればいい」と願い「プロの普通人間」を命じていました。ファブルが自分の命令に従ってくれたのでゴミ処理場に駆け付け後始末をしました。

また小島は心から可愛がっていた海老原だったが自分の言い付けを守らず内部争いを引き起こした張本人なのでケジメとして殺しました。

 

感想

岡田准一ファンには間違いなく面白いでしょうね。

豪華なキャストなんで面白くないと困るのですよ。「関ヶ原」はあれだけ盛り上げといて「なにこれ、わかりにくい」と正直思いましたから^^;

私は原作である漫画は読んだ事ないのですが理解出来たし楽しめました。「伝説的な殺し屋」というと私のイメージですが猫飼っていて孤独な日々を送っているクールな人物像をイメージしますがまったくもってそれには当てはまりません。

小島のデンジャラスな性格を止められるのは海老原だけだったのでしょう。せっかく面倒みてもらっていたのにね・・・。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました