「劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」ネタバレ感想/RPGで親子の絆を取り戻す

 

作品情報キャストの紹介

人気ブログ「一撃確殺SS日記」を「今夜、ロマンス劇場で」の坂口健太郎と「おっさんずラブLOVE」の吉田鋼太郎の共演で映画化。

RPG「ファイナルファンタジーXIV」を通して親子の絆を取り戻す感動作。

広告代理店に勤める青年アキオは突然会社を辞めた父親の暁を心配します。

仕事人間だった父とはすれ違ったままで会話もありません。

多数のプレーヤーがネットを通じて同時に参加するオンラインRPGの人気作「ファイナルファンタジーXIV」をやっていたアキオは父親を誘おうと思い付きます。

ゲームの中でマイディーと名乗り息子と明かさずに父親に接近し冒険すれば親子の絆を取り戻せるはずだ、するとこれまで知らなかった父親の一面を知ることに。

監督・野口照夫/岩本アキオ(坂口健太郎)岩本暁(吉田鋼太郎)岩本美樹(山本舞香)岩本由紀子(財前直見)吉井晋太郎(佐藤隆太)井出里美(佐久間由衣)など

 

 

ネタバレあらすじ

広告代理店に勤務する冴えない青年・岩本アキオの楽しみは多数のプレーヤーがネットを通じて同時に参加するオンラインRPGの人気作「ファイナルファンタジーXIV」をすること。

仕事を終え帰宅するとゲームのスイッチを入れクリアするとしばらくチャットで会話してから寝るのが日課です。

ある日の朝、父親の暁が専務に昇進するらしく母親・由紀子は喜んでいました。由紀子はそのことを外から聞いてきたらしく妹の美樹は「なんで直接お父さんは言わないの」と疑問に思います。

確かに父親は仕事人間で出張だらけ、たまに家にいると思ったら誰とも話さずテレビを見ているか難しい本を読んだりしていたので何を考えているのかアキオにも分からないでしました。

 

父親を心配する息子

アキオは仕事に行くと父親の葬儀を終えた先輩の晋太郎が出勤していました。父親の葬儀で泣くとは思わなかったと落ち込む様子が伺えたので「お疲れ様でした」と伝えるが「遺品を整理していたら官能小説がいっぱい出てきた」と笑いました。

帰り、「父親が仕事辞めて帰ってきた」と連絡があり急いで帰ります。

専務に昇進だと聞かされていた妹は「タイミングおかしくない」と不満を口にするが「これからずっと一緒に住めるんだからいいじゃない」と母親は納得していました。

休日、母親は買物、妹はデートという事で荷物整理を手伝ってあげてと頼まれるアキオだが父親が何も話さないので適当に手伝います。

送別会の時に晋太郎に父親の事を相談すると「それはミステリーだな、クビか」と言われます。今日の主役も円満退社と言われているがお得意さんの娘に手を出してクビらしいと聞かされます。

父親に愛人がいる事を想像するがさすがにそれはないだろうと思います。

「なんか同じ趣味ないのか?」

アキオは幼い頃はじめて買ってもらったファミコンの「ファイナルファンタジー」のゲームを思い出します。

ある日、夜中トイレで目覚めると父親がゲームをしている事がありました。隣に座りどこに向かったらいいか教えてあげたが後にも先にも一緒に遊んだのはその一日だけでした。

スポンサーリンク

 

ファイナルファンタジー

父親が夜中1人でベンチに座っているのを目撃したアキオはオンラインゲームの仲間に相談します。

「ゲームなら本音で何でも話せるんだけどね」

その言葉をヒントに父親が何考えているのさっぱり分からないアキオはこの世界に誘おうと思い付きます。

自分の正体を隠し一緒に冒険すれば親子の絆を取り戻せるのではないかと考えたのです。それに子供の頃、一緒にやろうよと伝えたものの父親はいつも疲れて帰ってきてゲームどころではないので結局1人でクリアした事も気になったのです。

アキオは父親を光の戦士にするため退職祝いとしてゲームをプレゼントしました。

はじめる様子がないのでやっぱりダメだったかと思ったが「なんかゲーム始めるらしいよ」と妹に起こされます。

つなぎ方が分からずドライバーを持っていたのでアキオは急いでセッティングしてあげます。

キャラクターに名前を付けねばならず父親は「じゃぁ、井上」とつぶやきます。家族一同放心状態に一瞬なるがアキオは「一応世界を救う者でどう見ても日本人じゃない」と教えると最終的に「IndyJones」に決まりました。

 

光のお父さん計画

父親がゲームを始めたのでアキオはそっと自分の部屋に戻り自分のキャラクターであるマイディーを起動させ見守るが強い相手と戦って危なかったので助太刀してしまいます。

仲間から「さっさと話しかけた方がいい」とアドバイスをもらい実行します。

「知らない誰かに助けられたけどそれもどっかの誰かなのかな」

「いま話しかけられたけどどうすればいいの」

父親が伝言を何度も伝えに来る美樹は「ってゆうかさ、直接話せよ」と怒ります。

アキオはキーボードがないと会話できないと思い出し使ってない物があったので届けに行きます。

自然と仲良くなってから友達申請しようとしたがタイミングが掴めず悩みます。それどころが父親はゲームを辞めていました。

控えめに「なんで」と聞くと「着替え方が分からないまま雪降ってきたから」と言いました。

これが何で辞める理由になるのか分からないでいると「1人だけ半袖なのが恥ずかしいのよね」と母親が言いました。

着替え方を教えたら戻ってきたものの、こんなんで止めようとするなら強引にでも友達にならなければと思いアキオは偶然を装って接近します。

「そのせつは助けていただきありがとうございました。その後お変わりはないですか」

かたい挨拶だなとアキオは思うがゲームだと話してくれるのだと分かり喜びます。「フレンド申請がきた」と父親が部屋に来たのであわててモニターを消します。

許可すれば友達になるし、困ったことがあったら助けてくれると教えると父親は「友達かぁ」と喜び「不束者ですがよろしくお願いします」とコメントしました。

 

冒険

アキオ(マイディー)は仲間を紹介し自分と父親(インディー)が攻撃専門だと説明します。

「1人で冒険しても無理、みんなで協力し絆が大事です」

父親がゲームに夢中になり美樹は「なんか意外だな」と驚き、母親はやり遂げた感の表情を見せる暁をみて「いいことね」と言います。

広告代理店のOL井出里美はアキオに好意がありました。なんだかおっちょこちょいだけどたまに真剣な目になるところが好きでそれは亡くなった愛犬に似ていたからでした。

最近、やたら真剣な目をする事が多いアキオの事が気になって仕方がなく席を外したときにモニターを覗き込むとファイナルファンタジーのブログを書いていました。

井出は仲良くなるタイミングのきっかけをつくるため「ファイナルファンタジー」を買いに行き没頭するようになります。

アキオは最近眠そうにしている井出に「お疲れだね」と言葉をかけると「ファイナルファンタジーXIV」をやっていると知り同じだよと喜びます。

仕事が忙しくなり最近ゲーム出来なかったアキオは久しぶりにログインすると父親がめっちゃ成長しめっちゃ話すので驚きます。

しかも疲れているのにパーティー(仲間と協力して敵を倒す)に誘われ「今からイフリート倒しに行くのかよ」と面倒になります。

アキオは何度アドバイスを送っても倒されるので「今日はこれぐらいにしときませんか」と伝えると「もう一度やりたいぴょん」と返答があります。

ぴょんって父親が使う言葉かよと驚きます。

スポンサーリンク

 

愛情

「ゆずる感」が欲しいという先方の言葉の意味が分からず今回のプレゼンは無理だと諦めたアキオは家に帰ると父親が攻略するためにメモを取りながら頑張っている事を知ります。

「屈辱を晴らす時が来ました。成長したところを見ていてください」

「そうですね。今日は絶対に勝ちましょう」

頑張る父親に「相手が手強いからと行って諦めたらダメですね、おかげで目が覚めました」と伝えると「相手の商品の愛情を伝えればいいのではないでしょうか」とアドバイスをもらいます。

父親は逆の立場ではあったが小さな会社でも熱意は心に届いていました。

アキオは過去の広告の資料を集めて分析します。そして夜遅くに1度だけ父親にお茶漬けを差し出された事がありました。その時は「ついでだからな」と言われ気にも留めていなかったが父親は夜食は絶対に食べない事を母親から教わりました。

父親の事をお茶漬けを通してどんな人かちょっぴり分かったような気がしたアキオは「料理できない人でも愛情持って作れるお茶漬けをみんなに届けたいと思いました」とプレゼンで伝えると相手の心に届き見事契約を取ることができました。

 

契約が取れた俺に何処か行きたいところはないですかと井出に話しかけられたアキオはファイナルファンタジーを通して待ち合わせします。

井出が「ゴリオ」と名付けていたのでアキオは一瞬動揺するが「岩本さんは何でマイディーなんですか」と聞かれ、どこで誰が聞いているか分からないので名前は言わないでくださいとお願いします。

そこに父親であるインディーが「久しぶりです」とやってきました。

大丈夫かなと戸惑いながらも井出も仲間に加わるとインディーは今年で60歳になると自己紹介しました。

「息子は暗くて何考えてるか分からないし、娘は行儀悪く・・・来るんですよ」

アキオは何が来るんだと疑問に思っていると美樹の彼氏が挨拶に訪れました。

恋人の工藤は10年経ってもまだ売れていない芸人だったが「いずれ結婚したいと思っています」と軽々しく口にしたので「家庭を持つ責任がどんなものかわかってるのか」と父親は怒ります。

すると美樹は「今更、父親面しないで、仕事でずっと家にいなくて寂しそうにしている母さんのようにはなりたくないの」と言い放ち出て行ってしまいます。

父親はコントローラーを手にすると「こんなときにゲームするの」と母親に怒られ没収されてしまいます。

アキオはログインして仲間に事情を説明するが「1日1時間だけログイン出来るようになりました」と父親がやってきました。

「1度だけ会っただけでは人は分からないと思います。敵も相手を知らないと倒せないですから」

ゲームの中でアキオにアドバイスを受けた父親が工藤が出演する劇場に足を運ぶと美樹は喜びます。

「面白かった。なかなか一生懸命な奴だ」

無事に仲直りできたのでゲームが出来るようになった父親が仲間に報告します。

インディーとマイディーは互いに友達でいてくれた事に感謝します。父親は「息子も誘うと思う」まで書いて消します。

スポンサーリンク

 

結末/劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

「乗り越えた先に感動が待っています。協力してツインタニアを倒しましょう」とアキオは誘います。

「ツインタニアを倒すことになったんだけど迷惑かけたくないから教えてくれ」とお願いされたアキオは攻略の仕方を教えるがログインするとき隣で見ててくれないかと頼まれます。

仕事が忙しくてと断るがツインタニアを倒したあと正体を明かし感謝を伝える事を仲間に打ち明けます。

仲間は親子のために一致団結しようと意気込むが父親が倒れたと報せを受け病院に駆け付けます。

「1ヶ月前に告知したんですが嫌がってしまって」と医師から説明を受けたアキオは病気だから仕事を辞めたのだと気付きます。

「ゲームなんてやってる場合じゃなかった、もっと他にやることあったはずだ」と悔やむアキオだが病室に行くと父親はいませんでした。

家に帰っても父親はいません。家族は手分けして探していると井出から「時間ですよ、早くログインしてください、インディーさん、気合い入ってます」と知らされます。

父親はネットカフェからログインしていました。

アキオはログインすると「この先の感動をみんなで分かち合いたいです」と父親がコメントしていました。

今は最強の敵ツインタニアを倒すことだけを考えます。

一致団結しツインタニアを倒すと父親は涙ぐみます。

「しばらくログイン出来なくなるとおもいます。実は病気でして手術が怖かったが皆様のおかげで勇気を持つことができました」

仕事を辞めて暗闇の中にいた父親だがアキオと一緒にゲームした事を思い出し穏やかな気持ちになっていました。

「頑張ったね、早く帰ってきてね、お父さん。家族で待ってるから」

・・・・「今度は一緒に倒すことができたんだな」

手術に向かう父親にアキオは「ありがとう」と伝えました。海外赴任になったアキオだったがゲームの中で仲間や父親と繋がっているのでした。

 

感想/劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

とてもほっこりするドラマです。

ファイナルファンタジーを知らなくても内容は理解出来ますね。

親子の形はいろいろありますが特に男性は物語と同じような経験をした人も多いかも知れないですね。逆に修復不可能な場合も多いですが。

実話なんですよね。息子さんがとても優しいと思います。

だんだん父親が子供のようになっていくところが面白い。コントローラー没収される姿がとても可愛かった^^;ゲームを通して不器用ではあるものの直接会話していくので成長も見える。

これから先もゲームを通すみたいだけどそれでいい気がする。最近は目の前にいるのにLINEで会話するなんて聞いた事があるが会話が無くなるよりはいいのではないかと思うようになった。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました