「 フールズ・ゴールド / カリブ海に沈んだ恋の宝石 」< ネタバレ あらすじ >行方不明の王妃の貢物を探し出せ!!

 

 

~注意~

●これから邦画・洋画・ドラマをご覧になる方は、

内容・結末を知る事になりますのでご注意くださいませ!

 

 

 

 

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石 [Blu-ray]

 

 

監督=アンディ・テナント

 

●フィン=ベンジャミン・フィネガン

(マシュー・マコノヒー)

●テス・フィネガン

(ケイト・ハドソン)

●ナイジェル・ハニーカット

(ドナルド・サザーランド)

●ジェマ・ハニーカット

(アレクシス・ジーナ)

●モー・フィッチ

(レイ・ウィンストン)

●ビッグ・バニー

(ケヴィン・ハート)

 

< ネタバレ あらすじ >

フールズ・ゴールド

カリブ海に沈んだ恋の宝石

 

〜1715年7月24日、スペイン王フェリペ5世は自らの結婚を祝う5億ドル相当の財宝(のちに"王妃への貢ぎ物"と呼ばれる)をキューバから輸送させるが大帆船団はハリケーンに突っ込み二度と姿を表さなかった〜

 

 

トレジャーハンターのフィンは8年間「王妃への貢ぎ物」を探す事に没頭しており妻テスに逃げられてしまいます。

ついに宝の一部を発見し、フィンは喜ぶが一緒に潜っていた友人は「ただのファミレスの皿だろ」と言いました。

しかも海面に出て重要な事に気付きます。いつのまにか船が転覆し海底まで沈んでいたのです。

ギャングのボス・ビッグ・バニーが大金を使った船であり「わざと沈めた」と疑われ連れて行かれます。

宝の話をするが皿だけ没収されビッグ・バニーの部下に重りを装着され海に放り出されます

しかしギャングが落とした銃も一緒に沈んできたのでフィンはそれで拘束を解き海面に顔を出します。

偶然通りかかったヨットに救助されたフィンは遅刻して調停に出るとフロリダ州法により財産はすべてテスの物となり離婚は成立したと言われてしまいます。

 

フィンはテスの予想通りサンゴ礁の100メートル沖でバンゴール家の紋がある皿を見付けたんだと話します。

「すごーい」と喜ぶテスだが実物は取られたと聞き騙されないとその場を去ります。

しかしフィンが書いた絵と本を見比べてみるとちょうど映ってない部分を描いていたと分かり本当の話だったのかと慌てます。

フィンがスポンサー探しで接触してくると分かるテスは富豪ナイジェルに早く出港しましょうと訴えます。

しかしフィンはナイジェルの娘ジェマが落とした帽子を拾ってあげた事がきっかけでヨットに乗り込んできました。

歴史的な宝を自分で見つけるチャンスだと喜んでいたテスは食事の席にフィンがいるのを見て雄叫びをあげます。

一方、ビッグ・バニーはモー・フィッチ博物館を訪れ「王妃の貢ぎ物を探せ」と皿を手渡します。モーは「俺になんの価値があるんだ」と聞き返すが実はフィンに「王妃の貢ぎ物」を教え夢中にさせたのはモーでした。

 

スポンサーリンク
 

 

フィンは「王妃の貢ぎ物」の話をすると結局テスもつられてベラベラ話してしまいます。

「フロリダ沖でスペインの財宝艦隊が沈没。カピターナ号には王妃の貢ぎ物が目録上あったがカピターナ号のウビリヤ総司令官が愛人へ送った手紙には"息子セバスチャンが船長を務めるオーレーリア号は小回りが利くから嵐を抜けられる、スペイン王家の栄光を息子の手に委ねる"と書かれていました。カピターナ号に誰もが積まれていると思っているが実は輸送していたのはオーレーリア号だったのではないか。遭難したセバスチャンは3年後に孤島で救助されるが彼はラファエルと名乗り船の名前を母親であるフランチェスカと言いました。調べると1708年にベラクルスで乗員もろとも沈没しておりフランチェスカ号もバンゴール家の船でした。彼が嘘をついたのは生きのびてスペインへ運ぶ使命を果たすためだったのではないか。セバスチャンは残念ながら1週間後に亡くなってしまいましたが…」

フィンとテスの推理を聞いていたナイジェルは話に乗っかり宝探しに協力すると言いました。

 

フィンは皿の破片を見つけた場所に案内するがモーが先に探していました。

「オーレーリア号は俺が先に見つける」

テスは相手の乗組員に色仕掛けで時間を稼げとジェマにお願いするが彼女は馬鹿なので「あっ、フィンがいる」と指差して叫んでしまいます。

フィンは相手が引き上げようとしていた柵を海の中で破壊していたのです。爆破が起こり打ち上がったフィンは相手の船に落ちモーから殴られます。

島はビッグ・バニーが所有しておりフィンは捕まるが「モーだけなら宝は見つからない」と訴えると「宝を見つければ命は助ける」と解放されます。

 

フィンは座礁しないのは北の浜だけだと知り宝を救うためにセバスチャンは北の浜へ回ったのだと気付きます。

夜中、フィンとテスは潜るとオーレーリア号の大砲を見つけ喜びます。そして島で一番古い教会に行くと手紙が残されており宝は墓の中だと突き止めます。

「オーレーリア1715」と書かれた墓標を見つけフィンは掘り起こすとセバスチャンの日記を見つけます。

そして12月の干潮時にしか現れない岩の裂け目から財宝を運び入れたのだと分かります。

喜ぶフィンとテスの前に監視していたビッグ・バニーが部下を引き連れ現れるがテスがスコップで殴りつけ逃げ出します。

しかしテスは捕まりフィンは丘の上から落下してしまいます。

 

テスは身体中にロープを括られ岩場に入れと脅されます。

仕方なく降りて行くが岩場に囲まれ「何もない」と訴えるとロープを落とされてしまいます。

しかし潜ってみると移動できる場所を発見しそこで財宝の山を発見しました。

その頃、助かったフィンはモーに連絡して助けを求めたあと潮が吹き出す岩場の隙間から入り込みます。

フィンはビッグ・バニーの部下を襲いボンベを奪い取ってテスと交互に酸素を吸いながら脱出します。

またモーやナイジェルも協力して助けにやってきます。

ビッグ・バニーはテスを人質にとり水上機で逃げようとするがフィンが浮きにしがみ付きます。

ビッグ・バニーはドアを開けて射殺しようとするがテスに蹴り落とされ海に落下しました。

操縦席に乗り込んだフィンは「ゲームで習った」と言い操縦するが着水のやり方は知りません。

2人はキスを交わし試みると機体は粉々になるものの無事でした。

「もう失敗は繰り返さない。結婚してくれ」

2人は再婚しモーやナイジェル達から祝福され財宝はモー・フィッチ海洋博物館に展示されました。

 

 

blog.netabare-arasuji.net