韓国ドラマ「ザ・ゲーム」ネタバレ感想・3話~5話あらすじを詳しく

作品情報/キャスト

2PMテギョン、イ・ヨニ共演の韓国サスペンス

人の目を見ると死の瞬間が見える預言者テピョンだったがジュニョン刑事だけは見えなかった。女子高生が殺害される瞬間を目にしジュニョンと共に犯人を捜し始めるが犯人の手口はジュニョンの父が犠牲となった20年前に起きた連続殺人事件と似ていました。監察医ドギョンに依頼すると服役中のピルドゥのDNAが見つかり20年前の事件の真相にも疑問が持ち上がる。しかしドギョンは20年前の事件と関わりがありテピョンとは幼い頃にある因縁があった。

スポンサーリンク

 

テピョン(2PMテギョン)ジュニョン(イ・ヨニ)ドギョン/チョ・ヒョヌ(イム・ジュファン)ナム・ウヒョン(パク・チイル)イ・ジュニ(パク・ウォンサン)ペク・ソンウン(チョン・ドンファン)など

 

「ザ・ゲーム」全話あらすじ一覧はこちら

全16話(32話分)で紹介します。

 

ネタバレ感想/ザ・ゲーム

 

第3話

今まで運命は変わらないものと思っていたテピョンだがミジンが息を吹き返したのを目にして奇跡だと驚きます。

運命が変わる初めての経験をしたテピョンは唯一目を見ても最期の光景が見えないジュニョン刑事の笑みを目にし初めて心ときめきます。

今後も捜査に協力してほしいと頼まれ、これからは人の目を見ても脅えることがないよう人生を変えようと思います。

 

ハナ日報のキャップ・ジュニは仕事を優先して娘が危険な目に遭っているのに妻ジウォンの連絡を無視していたことを後悔し涙を流し謝罪します。

20年前の事件を取材していただけに助かったのは奇跡だと分かるがナム刑事(係長)から奇跡的に救出された7人目の被害者は病院で殺されたと聞かされます。それは自分が被害者を追って記事にしたから犯人に突き止められた事であり慌ててネームプレートを外しに行きます。

20年前に特ダネのために苦しめたジュニョンが娘を救ってくれたと知って会いに行くと彼女に仕事をしただけだと言われます。そして自分の記事で居場所が分かってしまったので犯人は7番目の被害者の父親ではないかと告げるが、生前最後の写真だから娘しか見ないはずだし連日娘の事件が記事になっているのでそもそも記事を見ていないと思うと言われます。

「何も知らなければ自分と同じように記事を見てただろう」

 

ジュニョンは念のため7番目の被害者の父ホン・ジョンホを訪ねるが郵便ポストの山を見ていないようだと気付きます。妻を失ってから入院していることが分かり訪ねるが今朝亡くなったと知ります。

事件に深入りしないようペク先生に忠告されるテピョンだがジュニョンの力になろうと捜査を継続するなかで20年前の7番目の少女の写真を目にし模倣犯ならミジンが危ないと思います。

警察署を訪ねるとジュニョクは解剖医ドギュンと会っていて留守だったが、ミジンの写真を見せてもらうと幼い頃に施設で会った男(ドギュン)に絞殺された光景を目にします。

(ん?テピョンの預言通りならソウル中央署協力1チームの全員が同じ日、同じ時刻に無残に死ぬみたいですね。ドギュンは何でミジンを狙ったのだろうか・・7番目は模倣犯で6番目まではピルトゥの仕業なのよね、いまのところだけどwジュニョクの父親もピルトゥの犠牲者なのかはっきりしないし)

 

第4話

テピョンはミジンの無事を確かめてほしいと訴えます。20年前の幼い頃に施設で会った男が犯人だと告げ、その男は自分を人質にして警察に包囲され自殺すると告げます。

施設は閉園しているしテピョンの話は未来の出来事なので立証は難しいと言われます。ミジンが犠牲になってからでは遅いので信じてもらうには能力を証明するしかないと思い被害者の写真を見せてもらい死因を言い当てます。

 

ジュニョンは自分を生んですぐに亡くなった母親の話を聞かされ涙を流すが係長は犯人かもしれないのだから捜査協力を求めることはできないと言います。

仕方なくテピョンに告げるが彼は何で犯人は自分がミジンの写真を見ると知っていたのかと考えていました。ミジンを殺す理由を当ててほしそうだったと知らされ20年前に訪ねた施設はどこか聞くと希望園と言われ自分がいた場所なので驚きます。

そのころ、係長は20年前の希望園ならピルトゥの息子ヒョヌがいたはずだと思い出します。しかし15年前に死んだはずだからそんなはずないと思い念のために調べようとするが閉園になった理由が火災で名簿もすべて燃えてありませんでした。

3年前に係長に就任した時に「ピルトゥは犯人ではない、キム・ヒョンスが真犯人だ」と電話を受け動物保護センターに行ったが犠牲者のものは何一つ検出されませんでした。

もし自殺したのが偽装だったら生きていることになり3年前の電話はヒョヌだったのではないかと疑い動物保護センターを訪ねます。調べると経営者の名前がキム・ヨンベであり経営者が変わったのか近所の人に聞くと3年前に失踪したキム・ヒョンスとキム・ヨンベは同一人物だと知らされます。

スポンサーリンク

 

テピョンは犯人のモンタージュ写真を作成していると「久しぶりだ、ミジンを助けようとする目的はなんだ?」とドギョンから電話を受けます。

ジュニョンは現場で見つかった毛髪のDNAが収監されている連続殺人犯・ピルトゥと一致したことを知り困惑します。報告を受けた係長はやはり誤認逮捕だったのかと激しく動揺し記者はうるさいから黙っていろとチーム長に告げます。

ジュニが今回の事件はピルトゥの模倣犯だと記事にしたことで刑務所の前には死刑執行するべきとデモ隊が現れます。

テピョンはモンタージュ写真を渡すために訪ねるとジュニョンがピルトゥの面会に行くと知り同行するが7番目の犠牲者を殺した人物でなかったために驚きます。

またジュニョンも20年前の供述通りに一気にしゃべりだすピルトゥを目にし自分の経験ではなく暗記しているだけだと思います。

 

(ピルトゥはナム刑事に言われたことを暗記しただけなのか?ミジンはドギョンに殺されてしまいましたね。ドギョンの目的は何なのさ?今思ったんだけど犠牲になった人の写真をすべてテピョンが見ればいいのでは?wそれにしてもジュニは相変わらず特ダネのことで頭いっぱいだったのね)

 

第5話

ミジンが殺されてしまい悔やむジュニョンはテピョンからモンタージュ写真を渡され解剖医ドギョンとそっくりだったので驚きます。

病院を封鎖させ駆け付けるとドギョンから話しかけられ、ジュニョンはテピョンを紹介します。

テピョンはドギョンを目にし忘れていた記憶が蘇りジュニョンは自分のせいで死んでしまうのかと恐れます。

 

テピョンは老人となった自分が見知らぬ土地の浜辺で涙を流し最期を迎えるのを知っていたが涙と土地の理由が分かりませんでした。

そこは幼いころにジュニョンと一緒に潮干狩りをしていた場所でした。米国籍ジェイソン・キム(テピョン)はペク先生が自殺をはかったので通報して助けるがその日から人の最期の瞬間が見えるようになりました。

ペク先生の妻は事故で亡くなってしまったことを写真を見て知ったが結婚した理由は目を見ても何も見えなかった事が一番の理由でした。

スポンサーリンク

 

ナム刑事はピルトゥを追うドンチョル(ジュニョンの父親)が死んでしまったためにピルトゥを捕まえて何度も殴りつけました。

ピルトゥの息子・ヒョヌ(ドギョン)は現場検証させられる父親を目にします。父親が逮捕されるとジュニ達マスコミに追われ、その後近所の人たちから追い詰められる母親に捨てられ童養護施設にたどり着きました。

そこでジュニョンと出会うがジュニが彼女の写真を撮っていたので奪って叩き壊します。ペク先生に連れられテピョンが施設を訪れたのもこのころでした。

ナム刑事はジュニョンとヒョヌが一緒にいたので抱っこして連れて行き、ヒョヌは警察に包囲されて自殺するとテピョンに告げられます。

 

自分の予言が呪いのように戻ってきたと思うテピョン、そんな彼の様子を目にするジュニョンは彼が言っていた通りドギョンの手首に出来たばかりの傷があったのでミジン殺害の嫌疑で緊急逮捕します。

「大事な人を失えば君も気持ちは分かるはず」と光景の中で訴えられていたテピョンは目的は何だと掴みかかる止められます。

テピョンはペク先生のもとに行き彼女の目を見ても何も見えないのは自分のせいで命を落とすからかと訴えるとその通りだと言われます。

(ミジンの爪からドギョンのDNAが検出されるはずなのに手錠をかけられる彼は何で笑顔で余裕綽々なんだろうか。病院の中だから防犯カメラの映像もあるし逃れられないはずだが・・・そしてドンチョルは追っていたところ手を振り払われた際に転落してしまったのね。突き落とされたと勘違いしたナム刑事が犯人だと決めつけたということね)

6話からのネタバレは更新中