霓裳(げいしょう)ネタバレ鑑賞感想・最終話37~40話あらすじを紹介

作品情報・キャスト

逆境を乗り越えていくヒロインと記憶を失った溺愛殿下の一途な愛を描くロマンス時代劇

織物業を営む謝家の娘・謝小霓は宮中に生地や衣類を納める商家を決める錦繍大会が開かれると知って張り切が陥れられ家も家族もなくなってしまう。家族の恨みを晴らし商売を再開させようと決意する彼女は霓裳という偽名で技術を学ぶと昔助けた皇子・歐陽子虞と再会する。大ヒット作「花不棄」の制作会社が贈る勇敢なヒロインシリーズ第二弾!!

 

謝小霓/霓裳(リー・ジャーチー)洛王/歐陽子虞(ビー・ウェンジュン)雲娘(リー・イーシャオ)江平川(マー・シン)阿蘇娜(タン・チャン)申藍(チェン・トンユエ)蘇文宇(ソン・ウェンズオ)蘇功銘(ガオ・カイユエン)謝楓(シン・エン)など

 

「霓裳」全話あらすじ一覧はこちら

 

全40話で紹介します

 

ネタバレ感想/霓裳

 

第37話・動き出した敵

霓裳(謝小霓)は宮市局の趙執事の部屋から記録簿を盗み出し洛王(歐陽子虞)に見せます。宮市局の帳簿と照らし合わせるため洛王は謝楓に協力してもらって入手します。

そのころ、霓裳が記録簿を盗んだと顔文秀から報告を受けた袁道成は証拠を消せと命じ、高璇は屋敷から急いで運び出すが汚れ仕事を一人でやっていたため自分の取り分をしっかり残します。

そして謝家を陥れたのはそもそも蘇家が発端なので蘇功銘に責任を取ってもらうしかないと袁道成はつぶやきます。

 

洛王は捕らえていた傅三児から高璇の屋敷の物置には隠し扉があることを知らされるが蘇功銘が自死したと報告を受け驚きます。

蘇功銘の死因に疑いを持つのは洛王や劉子瑄たちだけでなく、葬儀を執り行う蘇文宇も疑いを抱いていました。蘇文宇は遺書のことは誰にも話していないのに高璇が知っていたので宮市局が関わっていると確信します。

洛王はまずは高璇の屋敷を調べるために宴の席を設け招待します。

 

洛王府に向かう袁道成は洛王の手勢が屋敷内に潜んでいると報告を受け今頃顔文秀がうまくやっているだろうと笑みを浮かべます。

洛王は迎えに行かせた小路から霓裳がいないと報告を受け、兵を率いて待機していた劉子瑄に撤兵するよう告げます。すると雲錦荘の周囲で霓裳の素性を探る者がいたと趙通紳から文を受け取り、急いで霓裳を探せと命じます。

(洛王、詰めが甘い、苦笑。あれだけ顔文秀に嫌がらせを受けているのだから見張りを最初から付けとくべきよね。趙通紳って急に誰だ?と思ったが雲娘の義兄だと思い出した)
スポンサーリンク

 

第38話・命を懸けた決断

元香が拉致されたと偽の文で呼び出されてしまった霓裳は顔文秀に拉致されてしまいます。

何者かに助けられるが自分が足手まといなると思い先に逃げるよう伝えると死んだと思っていた謝楓だったので驚きます。

再会を喜ぶが敵に追い詰められてしまい、霓裳は今度こそ見捨てない、死ぬなら一緒だと告げ二人で崖から飛び降りました。

袁道成は霓裳が行方不明で高璇の屋敷に見張りがいると報告を受け洛王の企てを読み、すべての証拠を片付けたことを確認し高璇に毒を盛ります。

 

塀を率いる洛王は高璇の屋敷に押し入るが証拠は見つからず溺死した高璇も発見され自死と処理されます。蘇文宇は欲深い者が自害などするわけないと怒りをあらわにし蘇功銘の件と繋がっているはずだと疑います。

傷心を装う袁道成は大金を得た事もあって辞職することを伝え入札大会も中止とします。

蘇文宇は霓裳が亡くなったと知らされ方氏に向かうと葬儀の準備中だったので膝から崩れます。

 

蘇文宇は採算が取れない店舗をすべて閉め身売り証分を皆に返します。袁道成から月末までに揃えとけと交易品の注文書を渡された顔文秀は香草堂の香料があったので蘇文宇にやらせてはどうかと勧めます。

(蘇文宇が袁道成の言いなりとなって香草堂に押し掛けたのは何か探るためでしょうね。そして感動の再会ではあるが追われているに抱き合っている場合ではないよwそして中国ドラマあるあるだけど崖から落ちても無事なのよねw)

 

第39話・果たされた正義

蘭昭公主は無依(謝楓)を亡くし悲しんでいると劉子瑄に励まされます。

優雅にお茶を飲んでいた袁道成はいきなり兵士が押し寄せていたので何事かと聞くと訴えられたと知り大理寺へ向かいます。

原告としてやってきたのは死んだと思われた霓裳であり袁道成は動揺します。

 

袁道成は自分を人質するためおびき出したうえ崖から転落させたと霓裳は訴えます。証拠もないし霓裳の生死など関係ないと言われたので4年前に蘇功銘と結託し謝家を陥れたから気にしてるはずだと言い放ちます。

自分は謝小霓だと名乗り両親を殺し、罪の露見を恐れ蘇功銘と高璇も殺したはずだと訴えます。

洛王も姿を現し長年密かに商家と結託し収賄に公金横領、殺人まで悪行は数えきれないと言います。

上納金を搾り取られたという多くの商家の署名を見せると取引は高璇が行っていて知らないと言うので薬を盛って昏睡させ屋敷から運び出すのを目撃していた傅三児を証人として連れてきます。

蘇文宇も告発するとやってきて蘇家の取引と宮市局の帳簿を使い銀子を横領していたと証拠となる注文書を提出します。また蘇功権の遺書も提出し真珠粉をすり替えて謝家を陥れたこと、そして申藍を殺してしまったのは自分だと告白します。

 

名誉回復した霓裳は堂々と謝小霓と名乗り、収監された袁道成は死罪、蘇文宇は死罪は免れるが全財産を没収され10年間北域に流刑となります。

謝小霓は蘇文宇の面会に行きおかげで冤罪を晴らせたと感謝します。

再興の許しが出た謝小霓は亡くなった謝楓の位牌を手にして実家に戻り両親の位牌と並べ弔います。

死罪を言い渡された袁道成は行き場所がない顔文秀に脱獄を手伝ってくれたら霓裳と永遠に手を切る方法を教えると告げます。

蘭昭公主が拉致されたと報告を受けた洛王は袁道成と人質の交換を要求する文を目にすると謝小霓は顔文秀の筆跡だと気付きます。

(顔文秀は最後の最後までうざかったですね。そしてここまでおバカさんだったとはwってゆうか謝楓は亡くなってたのか、生きていると知って再会したばかりなのに、涙)
スポンサーリンク

 

第40話(最終話)虹色の未来へ

袁道成と蘭昭公主の人質交換が行われると袁道成がいきなり公主を人質に取り卑劣な行動に出ます。

洛王と謝小霓は刀傷を負ってしまったが背後から近付く劉子瑄によって事なき得ます。

 

一か月後、顔文秀は不正を働き使臣を殺め公主を浚った大罪により斬首となります。謝小霓は承天と元香を連れて面会に行きます。

同門であるため元香はちょっと寂しいと口にするが承天は昔から人を陥れてばっかりで自業自得だと言います。承天はお前が母親を殺したのか訴えると精神がおかしくなっている顔文秀はそうだと喚きます。

 

謝小霓は父親から託された笛を大事にしていたが洛王から何で笛なのだろうと言われ改めて見ると中に何か入っていることに気付きます。

叩き割ると幻彩羅の製法が書かれており、これで謝家を再興することができると涙ぐみます。

勅命により入札大会の最終決戦が行われ幻彩羅の衣装を披露すると喜ぶ公主から覇者と選ばれます。

香草堂は公主御用達の称号が与えられ、洛王に連れ出された謝小霓は絶景に案内され淮州にいた頃から惹かれていたと告白されます。湖に浮かぶ二人だけの宴席で口づけを交わします。

蘭昭公主と劉子瑄の結婚が決まり皆で祝賀会を開いた後、謝小霓は幻彩羅と雲錦荘で習得した技法、西州で艾塔に習った刺繍法を組み合わせ二人に贈ります。

そして謝氏商行を開店し陛下より賜った扁額を掲げ民たちから祝福されるとかつての侍女・紅蕊や家職が戻ってきます。

承天と元香、小路と小琴の合同結婚式が行われ、数年後、志を成し遂げた謝小霓に洛王は求婚を申し込みに店を訪ねます。終

 

(終わった~w謝家を再興する前に結婚しても別によかったでしょうwやっぱりね、ちょっと顔文秀の存在がしつこ過ぎたよね。霓裳は何もしていないのにさ、雲錦荘で妬まれただけの理由であそこまでするかね。もうちょっと深い因縁や謝家と顔家の争いとかあればまた別なんでしょうけど・・・「花不棄」が面白かっただけにちょっと残念だった)

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想