霓裳(げいしょう)全話ネタバレ感想・あらすじを最終話の結末まで

作品情報・キャスト

逆境を乗り越えていくヒロインと記憶を失った溺愛殿下の一途な愛を描くロマンス時代劇

安くていい物を提供するのが信条である織物業を営む謝家の娘・謝小霓は宮中に生地や衣類を納める商家を決める錦繍大会が開かれると知って張り切る。

家業を継ぐため男性のふりをしている姉の謝楓と一緒に大会に参加する準備を始めるが陥れられて家も家族もなくなってしまう

家族の恨みを晴らし商売を再開させようと決意する彼女は霓裳という偽名で技術を学ぶと昔助けた皇子・歐陽子虞と再会する。

大ヒット作「花不棄」の制作会社が贈る勇敢なヒロインシリーズ第二弾!!

スポンサーリンク

 

謝小霓/霓裳(リー・ジャーチー)洛王/歐陽子虞(ビー・ウェンジュン)雲娘(リー・イーシャオ)江平川(マー・シン)阿蘇娜(タン・チャン)申藍(チェン・トンユエ)蘇文宇(ソン・ウェンズオ)蘇功銘(ガオ・カイユエン)謝楓(シン・エン)など

 

華流ドラマ「おすすめ10作品」はこちら

 

全40話で紹介します

 

ネタバレ感想/霓裳

 

1話・宮中からの賓客

馬車で移動していた洛王(歐陽子虞)は車輪が外れて馬も離れてしまい御者を務めていた弟子の小路を助けるが崖から転落してしまいます。

~半月前、

宮市局の市が開かれ、謝家の娘・謝小霓は家名を上げるために錦繡大会に参加しようとお触れを取ります。

謝氏綢布荘に戻ると父・謝林甫と兄・謝楓から勝手に外に出るなと叱責されるが織物業を営む商家だから参加しようとお触れを見せます。

みっともないから女子が出歩くなと父から言われ、兄上も本当は女なのにと口を滑らすと謝楓を男とせねば家業を継がせられないんだ、二度と口にするなとまたも叱責されます。

しかし謝楓の説得により参加が認められたので謝小霓は準備を手伝います。

 

袁道成(宮市局副統領)は西州の使者に国力を示すため陛下の勅命を受け錦繡大会を開くことになったと告げます。陛下が送り込んだ洛王に勝者として選ばれれば生地や衣装なども宮中に納められます。

洛王は公平を重んじ情に左右されない人だが三流の商家を選んでしまったら宮市局の顔が潰れてしまうと高璇は言います。

大会に向けて準備をしていた謝家では染物が黒ずんでしまい明礬を使う方法しかないと話し合うが翌日には奇麗に染まっていました。謝小霓は喜んでいると何か入れただろうと父親に気付かれてしまい銀糸炭を使ったと告げます。

昨日の夜に勝手に外にでたことで怒りを買っていたが手柄を立てた事で仕置きは免じられます。

 

洛王は宮市局を訪ねると最大の織物商である城東の蘇家と関係が深いと知ります。高璇から蘇家を選ぶべきと告げられるが重要なのは公平性でどの商家にもチャンスがあるはずと告げます。

謝小霓は元宵節の祭りに参加するため密かに出て行き蘇文宇の謎解きを奪います。女性が言い寄られていたので助けると暴力を振るわれそうになるがまたも出くわした蘇文宇に助けられます。

しかし止めに入る蘇文宇の手が胸に当たったため引っ叩いて逃げるが蘇文宇は彼女が落とした手巾を拾い笑みを浮かべます。

袁道成は洛王の馬車に細工するよう命じたが崖から転落したと聞かされ陛下に追及されたらどうすんだと高璇を叱咤します。

(謝楓を演じるシン・エンさんは「花不棄」同様にまたも男の役なのね。宮市局は繋がりがある蘇家を勝たせたいが洛王が公平性を重視するため怪我を負わせようとしたのね。謝小霓はまったく親に従いませんねw外に勝手に出るなと言われて3回もでましたよw)
スポンサーリンク

 

2話・身元不明の貴公子

謝楓と狩りに出かけた謝小霓は倒れている洛王(歐陽子虞)を発見し自分が矢を射ってしまったのだと勘違いして屋敷に連れて帰ります。

奇麗な顔しているのねと謝小霓は覗き込んでいると急に目覚めたので驚くが正気を失い子供みたいになっていたので身元が分からないでいました。

包子が好きなのか頬張って食べだしたためとりあえずパオズ(包子)と名付けて謝家で面倒を見ることにします。

 

宮市局の袁道成は錦繡大会の全権を陛下から与えられるが自分の屋敷を出てから洛王が失踪したため誰かに追及受ける前に見つけねばと思います。

謝楓から尋ね人の絵がパオズそっくりだったと報告を受ける謝林甫は役所が密かに捜すのは罪人の可能性もあるので大会が終わったら出て行かせるよう告げます。

姉さんとパオズから呼ばれ仲良く過ごしていた謝小霓は涙を流し悲しみます。

 

錦繍大会の最終選考に残った謝家は決勝に進むが決勝での対戦相手は宮市局と癒着している大商家の蘇家でした。

蘇功銘は謝家が残ったことに不満を口にすると聡明な兄・蘇功権から普通に勝負すればいいだけだと言われるが商売は以前の3割増しで迫ってきているので潰さねばと思います。

第一線の刺繍大会では二日という短い期間なのに蘇家が離れ業を成し遂げたので驚くが確認すると確かに配布された布でした。謝家の作品は手抜きだと言われるが謝楓は二日という期限では両面刺繍すうrのは不可能でありその中でもテーマである春を表現できていると訴えます。

いち早く開く一枝の桃の花は他と競う必要はないし春への期待の象徴だとアピールします。

(最初に布を渡されていたのでしょうねwくだらないし大人げない蘇家ですね。謝小霓は女装させて遊んだりしているけど身分が分かった時に絶句するのでは?笑)

 

3話・錦繍大会

第1戦の刺繍大会の投票が行われ8対1で蘇家が勝利します。

蘇家の若旦那・蘇文宇は元宵節の夜に一目惚れした謝小霓を発見し謝家の娘だと知って喜びます。こちらは大商家であるため尊敬されるはずと思い名乗るがいんちきで刺繍大会に勝った蘇家かと罵られます。

謝小霓の言っている事は本当なのか確かめるため父・蘇功権を訪ねようとするが複雑な刺繍が二日で完成できるわけないだろうと蘇功銘を叱咤していました。

高璇を買収して先に布を仕入れていたのだと知り謝小霓に謝罪しに行くが告発はできないので許されません。

 

第2戦の色止め対決では天日にさらしても色あせることはなかった謝家が勝利します。

第3戦の染色対決で謝小霓は雨上がりの虹を目にし真珠の代わりに貝殻を使って表現したらどうかと発案します。

パオズがいなくなったと侍女・紅蕊から知らされた謝小霓は捜しに行きます。

第3戦で謝家は貝殻を使って輝く虹色を実現した幻彩羅で勝負すると驚きの声が上がります。動揺する袁道成は素晴らしい作品だが赤色という題目から離れているので勝者にはできないと告げます。

すると、包子の店主に殴られ記憶が戻っていた洛王が投票もせずに勝敗を決定するのかと突如現れます。

謝林甫と謝楓はパオズが洛王だと知って慌てて跪いて挨拶します。洛王が投票するべきと訴えたために反論できるものがおらず見事に勝利した謝家は御用達となり賞金100両を受け取ります。

洛王は「後日、幻彩羅を用いて夏用を作り西州の使者に贈って国力を示す」と告げ去っていきます。

 

宮市局に呼ばれた謝楓は西州の使者に贈る品について通常の生地とは一線を画すべきと言われます。

(蘇家でしょうもないのは蘇功銘だけなのよね。蘇功権は聡明な方だし蘇文宇は謝家が勝って喜んでるぐらいだし、笑。にしても戦いが不公平なんで見ていて不愉快にさせられるがいいところで洛王が来てくれました・・・が何か袁道成は企んでいるようだ)
スポンサーリンク

 

各話あらすじ一覧/霓裳

1話2話3話(ページ内)

織物業を営む謝家の娘・謝小霓は謝家の名を上げるため刺繍大会に参加するべきと父を説得する。最初から宮市局と癒着する蘇家が有利の勝負で不公平なものだったが記憶が戻った洛王が土壇場で現れたことで投票が行われ見事優勝するが・・・

4話~16話

4話5話6話7話

宮市局の陰謀で財産を失い流刑となった謝家一家は蘇功銘に雇われた刺客に襲われ謝小霓は家族を失う。目を覚ます謝小霓は霓裳と名前を偽り雲綿荘の主人・雲娘の弟子となるが顔文秀に嫌がらせを受ける。そんな中、洛王が訪ねてきて2年ぶりに再会するが・・

8話9話10話11話12話

雲娘から言い渡された条件をクリアする霓裳だが洛王の言葉で亡き父を思い出し商売の仕方に反省する。卒業試験で霓裳が主席繍女に選ばれると何をやっても勝てないことに苛立つ顔文秀は物置に閉じ込めるが灯火を倒してしまって火事になり助けようとした師匠が亡くなってしまう。承天と元香と都に行く霓裳は・・・

13話14話15話16話

霓裳たちの頑張りにより小さな方氏仕立店にも客が入るようになる。蘇文宇の許嫁として蘇家で世話になる顔文秀はあの手この手で邪魔をするがことごとく失敗に終わる。蘇家の顧客も奪われ出したことで同業者をあおって風紀を乱したと責めたてる。蘇文宇は霓裳の家族を葬ったのが蘇家だと知り・・・

17話~28話

17話18話19話20話

霓裳は家族を殺した申藍を発見し尾行するが殺人容疑で逮捕される。殺してしまった蘇文宇は蘇功銘が罪を着せた事に気付くが何も言えず苦しみます。洛王によって無実が証明され釈放された霓裳だが蘇家の嫌がらせて生地が手に入らず西州に向かと女刺客に襲われ・・

21話22話23話24話

西州の江平川に弟子入りした霓裳は香草堂で薬草や美顔術について学び都に戻り化粧品を主力にした香草堂を新規開店する。霓裳と洛王は二人きりで甘い時間を過ごし口づけを交わす。霓裳が生きていることを知った蘇文宇はどうやったら罪を償えるのかと考え・・・

25話26話27話28話

蘇功銘により強引に婚礼を挙げられた蘇文宇は逃げ出し「顔家のあばずれが父の喪が明けぬうちに婚礼を強行した」と言いふらす。洛王の協力で公平となり宮市に出店することが出来た霓裳たちは大将軍の息子・劉子瑄に目を付けると一日で三か月分を売り上げる。

29話~36話

29話30話31話32話

蘭昭公主に同行する無依(謝楓)は香草堂の出品主が霓裳だったので驚き遠くから見守る。霓裳は仲直りの印だと玉佩を顔文秀から渡されるが最初から信用していなかったため宮市局から玉佩が盗まれたと騒ぎになっても問題なくきりぬけます。蘇文宇は顔文秀が霓裳を傷つけることしか頭にないので妙な真似をしたら師匠を殺したことを暴露すると言い放つ

33話34話35話36話

顔文秀は白柔児の布を燃やすと宮市局の袁道成に見つかってしまい身を捧げ側仕えする事で見逃してもらう。公主に毒を盛ったと疑われる霓裳だが洛王や謝楓、劉子瑄の協力に無実が証明される。そんな中、霓裳は謝家の娘だと突き止めた袁道成は・・・

37話~最終話(40話)

37話38話39話40話(アップしたらリンク付けします

袁道成は謝家を陥れたのは蘇家が発端であるため蘇功銘を始末し顔文秀に霓裳を拉致するよう命じる。謝楓や洛王に助けられた霓裳は袁道成を訴え洛王や蘇文宇なども協力し名誉を回復させる。そして謝家を再興させ・・・