映画「G.I.ジェーン」ネタバレあらすじと結末/デミ・ムーアが丸刈り

スポンサーリンク

 

作品情報・キャスト

デミ・ムーアが丸刈りにした事で話題になった作品。

合衆国海軍の精鋭部隊シールズに女性として初めて志願し猛特訓する。

男女雇用差別撤廃を目指す議員から依頼され奮闘するが女性が兵士なんて無理だと馬鹿にされる者達から妨害を受ける。

◆ ジョーダン・オニール大尉(デミ・ムーア)◆ウルゲイル曹長(ヴィコ・モーテンセン)◆デイヘブン上院議員(アン・バンクロフト)◆セーラム大佐(スコット・ウィルソン)◆ヘイズ(ダニエル・フォン・バーゲン)

 

ネタバレ・あらすじ

G.I.ジェーン

デイヘブン上院議員は海軍が認めた女性の中から候補者を選び男性の訓練に耐えられるかテストを行います。

その中にアメリカ海軍情報局に所属するジョーダン・オニール大尉がいました。オニールは湾岸戦争で実戦への参加を志願したが女性という理由で外された過去がありました。

SEALs(海軍特殊部隊の偵察訓練)は志願者の半分以上は脱落する最難関の訓練です。

フロリダ州カタラノ海軍基地でセーレム司令官から訓練に女性をどう組み込むかその基準は模索の段階だと言われます。

女性だからといって特別扱いをしないでほしいとお願いしたオニールだったが男性志願者からは見下されるだけでした。

 

丸刈り

ウルゲイルが総括する訓練は厳しく脱落者が次々と出てくるなか男性訓練者から軽蔑されながらもオニールは必死で耐えていました。

タイムリミットが決められている訓練で女性には強制30秒のハンデが与えられているためオニールは残ったが男女平等を訴えているため納得できないでいました。

オニールは外見から訴えようと長い髪をバリカンで刈って坊主にします。

ヘイズ長官就任パーティーではオニールが新聞に連載され話題になっていました。女性が海軍特殊部隊の偵察訓練でテストされているのは内密だったがマスコミが望遠レンズで基地外からオニールを撮影していたのです。

スポンサーリンク

 

信頼

2ヶ月訓練に耐えたオニールは班のリーダーになりSERE訓練(サバイバル、回避、抵抗、脱出)で的確に指示をだします。

だがメンバーの2人が勝手な行動を取り敵軍に見付かり捕まってしまいます。

敵軍役を務めたウルゲイルから激しい拷問を受けるが敵には何も話してはならないため耐えます。今まで見下していた訓練者はオニールを助けるため質問に答えようとするがオニールは話すなと指示し激しい暴行に耐え信頼を得ていきました。

 

結末

デイヘブン上院議員は男女差別雇用撤退の話題に乗っかり政治的な宣伝としてオニールを訓練に行かせたのです。

だが地元テキサス五ヶ所の基地を軍上層部が閉鎖させようとしているのを知り、 もともとは男女差別を認めていたデイヘブンはマスコミをつかいオニールはレズビアンだと軍上層部に報せたのです。

司令官から呼ばれたオニールは事実無根で訓練中止を告げられてしまう。

基地問題と票集めのためにデイヘブンに利用されていたと知ったオニールはSEALsの訓練に戻せと激怒します。

マスコミにすべてバラすと脅し訓練に戻ったオニールは、いきなり実践準備訓練のため潜水艦に乗り込みます。

だが訓練は中止され実践の戦闘部隊に合流せよと艦長から命令されます。リビアに墜落した軍事衛星を改修するスコーピオンの脱出を助けるのが任務です。この実践でウルゲイルが危険な目にあうがオニールは彼を助け、それを仲間が援護しました。

この功績によりオニールはウルゲイルからSEALs隊員の証であるバッジを手渡されるのでした。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました