映画「グロリア」ネタバレあらすじと結末/愛のために闘う強い女×シャロン・ストーン

スポンサーリンク

 

キャストの紹介

ジョン・カサヴェテス監督の1980年の映画をシャロン・ストーン主演でリメイク

監督・シドニー・ルメット

◆グロリア(シャロン・ストーン) 

恋人の身代わりに刑期を出所するが約束の金が振り込まれていなかった。

腹いせに組織が狙う少年ニッキーを連れ去るが・・・。

◆ニッキ―(ジーン・ルーク・フィゲロア)

喘息持ちの会計士の息子。両親が殺害される直前フロッピーを託される

◆ケヴィン(ジェレミー・ノーサム)

組織の幹部でグロリアの恋人

◆ダイアン(キャシー・モリアーティ)

グロリアの親友

◆ルビー(ジョージ・C・スコット)

マフィアのボス

 

ネタバレあらすじ/グロリア

服役した時の服装で刑務所から出るのが決まりであるため、

3年の刑期を終え出所することになったグロリアの服装はセクシーなドレス姿でした。

 

「毎週月曜に保護観察官のもとへ行きフロリダ州を出てはいけない」

 

帳簿をコピーし不正な取引や着服がばれてしまい慌てて街から出ようとしていた一家が撃ち殺されます。

父親からフロッピーを渡された7歳のニッキーは全力で逃げるがフロッピーを手に入れたい組織に捕まってしまいます。

 

口座にお金を振り込む条件で、やってもいない罪をかぶり刑務所に入ったグロリアはマフィアのボス・ルビーの片腕である恋人だったケビンに金が振り込まれてないと激怒します

実はグロリアはその金でやり直したいと思っており腹いせに監禁されていたニッキーを救いビリヤードを楽しんでいた3人の男に銃を突きつけ持金を奪い逃走します。

ニッキーは一度ケビンに奪われたフロッピーを手にしていました。

フロッピーにはルビーがワイロを渡した記録がコピーされておりケビンはフロッピーを手に入れなければ殺されることになります。

スポンサーリンク

 

親子のような絆

グロリアはニッキーが住んでいた家に帰らせた後タクシーをつかまえようとするがニッキーが戻ってきて「家には入れないしお腹すいた」と言いました。

パトカーが集まり遺体輸送車を目にしたグロリアはニッキーの家族は殺されたのだろうと予想しピザ屋に連れて行きます。

ニッキーはダウンタウンに住む親戚のマニーおじさんの家に行けと父親に言われていたこと思い出したためグロリアは連れて行くが先に家に入るとマニーの死体を発見しすぐに引き返します。

逃走しているうちに二人は親子のように喧嘩するようになりニッキーが万引きしたことでグロリアは本気で叱ります。

喘息であるニッキーが発作を起こしたのでホテルで休ませるが家族が射殺されたことをニュースで知ってしまいホテルを飛び出してしまいます。

グロリアは必死で探すと電車に乗ったことを確認し、駅長に連絡して次の駅でニッキーを見付けてもらい駆け付けて抱き締めます。

 

結末

ロレックスを質屋に出したことでケビンに居場所がばれてしまうがホテルから出て車を奪いなんとか追ってを振り切り逃走に成功ます。しかしルビーは警察幹部にもワイロを送っているためバレては困る警察からも追われる事になります。

保護観察官のもとへ行かねばならないし自分の命は助かってもニッキーは殺されてしまう。どうしていいか分からなくなったグロリアは教会に行き神父に相談すると郊外にある学校を紹介されます。

グロリアは郊外に行くように伝えるが離れるのが嫌なニッキーは泣き出してしまいます。

グロリアはこれから先まだまだやることはあるし楽しいことが待っていると説得するが教会から出ると車を発見した警察から情報を得たケビン達にニッキーが捕まり連れて行かれます。

 

ルビーは馬を持っていて日曜日には競馬場にいることが分かりグロリアは駆けつけます。ニッキーは何も知らないことを伝えフロッピーがルビーに関わることとは知らなかったと説明します。

そしてフロッピーをルビーに返すことを条件にケビンに手を引かせるようお願いしました。

無事にフロッピーとニッキーの引き換えに成功したグロリアは郊外の学校まで送り届けます。

お別れして車を走らせるグロリアだが呆然と立ち尽くすニッキーを見て自分がママになる事を決意して引き返します。

迎えに来るのを待っていたニッキーを抱き締めたグロリアだがフロリダ行きの飛行機では早速、親子ゲンカが始まりました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました