映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」ネタバレあらすじと感想結末/ゴジラvsギドラ

 

作品情報キャストの紹介

1954年に日本で誕生し、これまでに30作以上発表されている「ゴジラ」が65周年を迎える。

2019年ハリウッド版「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は全世界興収530億の大ヒットとなった2014年に10年振りに復活を遂げたハリウッド版「Godzilla」の続編。

(2014年Godzillaを見ていなくても内容は分かります)

怪獣ムートーに勝利したゴジラが海に消えてから5年後、世界各地で休眠状態のタイタン(怪獣)が次々と発見され、存在、研究を続けていたモナーク(研究機関)のことが公となった。モナークの中国施設は元軍人ジョナが率いる環境テロリストに襲撃され怪獣と交信できるオルカが奪われモンスター・ゼロと呼ばれる怪獣が目覚めてしまう。3つの頭キングギドラ・巨大蛾モスラ・空飛ぶラドンなど続々と復活する怪獣たちとゴジラが衝突。
監督マイケル・ドハティ/ マーク・ラッセル(カイル・チャンドラー)芹沢猪四郎博士(渡辺謙)チェン博士(チャン・ツィイー)エマ・ラッセル(ヴェラ・ファーミガ)マディソン・ラッセル(ミリー・ボビー・ブラウン)スタントン博士(ブラッドリー・ウィットフォード)ヴィヴィアン・グレアム博士(サリー・ホーキンス)など

 

ネタバレあらすじ

怪獣ムートーを倒したゴジラが海に消えてから5年後、被害者の会では巨大生物を調査するモナーク(秘密組織)を非難する声があがっていました。

世界各地の海洋生物の大量死はゴジラの追跡調査の悪影響ではないかと疑いがかかったのです。

怪獣と交信する装置オルカを開発したマーク博士は5年前に息子アンドリューを亡くしており共存を主張するモナークが脱退していました。また妻のエマは息子を失いながらも共存するべきだと考え娘マディソンと共に配属された中国に住んでいます。

中国雲南省モナーク第61前進基地でモスラの幼虫との交信を試み制御に成功して喜ぶがジョナ率いる環境テロリストの襲撃に遭いエマとマディソンは拉致されオルカも奪われてしまいます。

政府から「なぜ抹殺しないのか」と被害の責任を追求されるモナークの科学者・芹沢博士は「怪獣と共存しなければ逆に被害が増える。我々はゴジラのペットとなるのです」と訴えるが事件の知らせを受け途中退席します。

コロラドにヘリで急行し二人が拉致されオルガも奪われてから協力して欲しいとマーク博士にお願いします。

マークは脱退する時にオルガを処分したがエマの手によって作り直されたと知り周波数を間違えれば怪獣が世界中を襲うことになってしまうと警戒します。

また、すでに17体の冬眠状態の怪獣が世界各国の極秘隔離施設にいると分かり「なぜ抹殺しないのだ」と怒ります。

ゴジラの生息域となっているバミューダ海域に設置された第54前哨基地で協議を始めます。

スポンサーリンク

 

ゴジラ行動開始

ジョナは南極モナーク第32前進基地を急襲して占拠し氷塊に眠るモンスター・ゼロの復活作業に取りかかると第54前哨基地にいたマークは激しい揺れを感じます。

海域に潜んでいたゴジラが猛烈な速さで接近しており万が一のために攻撃命令が出されるが「倒せないなら攻撃するな」と忠告します。

芹沢博士は待機命令を出すとゴジラの心拍は落ち着きだし、敵ではない事を伝えるためにシールドを開けるとゴジラは何かを探すようにルートを変えました。

南極基地に向かっていると分かりモナーク司令船アルゴでマーク達は追跡するがゴジラがベネズエラの近海で消えてしまいます。

第32前進基地に到着するとモナーク兵士とテロリストが銃撃戦となり、マークは妻子を発見して安堵するが仕事優先のエマは「逃げて」と言い起爆装置を押して氷塊を破壊しました。

ジョナはエマとエディソンを連れて崩壊する基地から逃亡し、マーク達もなんとか難を逃れるが復活したモンスター・ゼロが迫ってきます。

多くの犠牲者を出しながら急いでヘリまで逃げるとそこにゴジラが現われ戦い出します。

衝撃でシステム不能となってしまいヘリから出るが芹沢の助手グレアムが捕食されてしまいます。アルゴからの攻撃でモンスター・ゼロは空へと逃亡するとゴジラもアルゼンチン沖で消えてしまいます。

 

地球のバランスを取り戻す存在

エマがスイッチを押したのを目にしたマークはテロリストグループの一員かも知れないと伝えます。芹沢はエマを捕まえて聞き出すしかないと口にするとゴジラがメキシコのイスラ・デ・マーラ基地に向かっていると分かります。

すると緊急通信があり繋ぐと画面にエマが映し出されマークは驚きます。

「世界を救うため仕方なかった。息子を失ってから研究を続け、人間が数千年地球を支配し崩壊している事に気付いた。かつて地球を支配していた怪獣を目覚めさせバランスを取り戻さなければならない。怪獣は人間が破壊した物ものを修復し生命の存続を可能にする」

エマが自らジョナに協力を求めた事が分かりマディソンは「パパの方が正しいかもしれないし避難していないかも知れないから待って」と告げるが、エマはオルカの信号を通して火山に眠る海獣ラドンを呼び起こします。

地元住民を避難させるために駆け付けたアルゴはラドンに攻撃を始めます。基地では巨大なハリケーンが接近している事をキャッチするがあまりに早いためモンスター・ゼロだと気付きます。

アルゴにハリケーンの方に向かうよう指示を送ると追ってきたラドンと向かってきたモンスター・ゼロが鉢合わせし空中戦となりました。

モンスター・ゼロはラドンに勝利するが姿を現したゴジラに海中に引きずり込まれます。

そこに「すぐに避難しろ、新兵器オキシジェン・デストロイヤーを搭載したミサイルを発射した」と米軍から連絡が入ります。

ミサイルが飛んでくると激しい光と共に爆破されるがモンスター・ゼロは海中から飛び出しました。ゴジラは反応が無くなってしまい芹沢は「望みが叶ったな」とマークに伝え肩を落とします。モンスター・ゼロは火山に降り立つとゴジラにやられた首を再生させ雄叫びを上げました。

 

キングギドラ

日本やドイツなど世界各地のモナークの前哨基地のある地点から次々とタイタン達が目覚め始め一匹ずつ目覚めさせる予定だったエマは何もやっていないので驚きます。世界規模の災害が発生しマディソンは「ママがモンスター」と言い放ちその場を離れます。

逃げ出した怪獣たちがモンスター・ゼロの元に向かっている事が分かり調査すると地球の自然秩序に属していない宇宙生物で神話の中でギドラと呼ばれるものだと分かります。

新しいボスとなったキングギドラがタイタン達を従え破壊活動をしていると気付くエマはこのままでは人類が滅びると伝えると「期待と違ったがパンドラの箱は開いたので地球を彼らに返そう」とジョナは言いました。

芹沢博士たちはキングギドラを倒せばタイタンは大人しくなるのではないかと考えるが宿敵であるゴジラがいないので頭を悩ませると中国雲南省の施設から脱走して蛹になっていたモスラが羽化してバミューダ海域に現われたのでゴジラと交信しようとしているのではと気付きます。

スポンサーリンク

 

ゴジラ復活

ゴジラの生存をなんとか確認するが信号が弱すぎて追跡できません。上空から軍が確認し、マーク達はゴジラのエネルギーとなる核弾頭を積んで潜水艦で向かいます。

息子を殺したゴジラを助ける事になるとは憤りを隠せないマークに「傷を癒やすには傷を付けた悪魔と和睦することだ」と芹沢博士は言います。

渦巻きに巻き込まれるが地下洞窟への入り口で地球空洞説の通りトンネルがあるはずだとスタントン博士は言います。芹沢博士は探査機は出すと古代遺跡を発見した辺りのエアポケットで休眠するゴジラを発見します。

魚雷を発射し目覚めさせようとするが衝突で発射装置が故障して撃てませんでした。芹沢博士は時間がないから自分が行くしかないと決意します。

その頃、破壊活動を続けていたタイタンが急におとなしくなります。マディソンがオルカを盗み出してアジトから脱走しボストンの野球スタジアムの音響システムを使用してオルカの信号を世界全体に届けたのです。

芹沢は一人で小型潜水艇で向かいゴジラの近くまで核弾頭を運んで命を引き換えに手動で起爆させました。

エネルギーを吸収し巨大化したゴジラはマーク達は敵ではないと認識しその場を離れていきました。

 

結末 ゴジラVSキングギドラ

ギドラはタイタン達を操る信号を察知しボストンに現われマディソンに襲いかかるが現われたゴジラの熱線で吹き飛ばされます。

マーク達は信号を辿りボストンに到着するとマディソンを探すエマと合流し前に住んでいた自宅にいると推測して向かいます。

ゴジラは援護に駆け付けたモスラの協力もあり優勢に立つが過剰摂取によりいつ核爆発を起こしても不思議ではない状態でした。

乱入してきたラドンを返り討ちにしたモスラはゴジラに猛攻撃を仕掛けるギドラに立ち向かい消滅してしまいます。

マークとエマはマディソンを発見します。エマは二人を逃がし修理したオルカを使ってギドラを邪魔すると、その間にゴジラはモスラの魂を吸収し体内の核エネルギーの制御に成功し身体を赤熱化させます。

ゴジラは猛攻撃を仕掛けるとギドラは燃えて大爆発を起こし熱線によって跡形も亡く消え去りました。

ゴジラの前に真の王だと認める世界各地のタイタンやラドン、ムートーなどが集まりだします。

ゴジラの監視下でタイタン達は地球を修復していきモナークも勝ち誇って堂々と研究結果を公表したが、その頃ジョナはゴジラに食いちぎられたギドラの首を入手していました。

 

感想 

なんとまぁ~、エマが余計なことをしてくれましたね。完全に洗脳され、いや考えがおかしな方向に行きテロリストになるところでした。

不思議ですね。恐竜が支配していたなんて信じられないし、共存できたら楽しそうです。

芹沢博士が亡くなってしまうとは驚き、そういえば制作中のゴジラには小栗旬さんが出演するらしいですが芹沢の関係者なのだろうか。

これだけ続くとネタギレになりそうですが個人的には日本のシン・ゴジラよりもこちらの方が面白かったです。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました