PR

「グッド・キャスティング」8話9話10話ネタバレあらすじを感想を交え紹介

韓国ドラマ「グッド・キャスティング」

チェ・ガンヒ主演、初恋相手も巻きこむスリリングな韓国スパイアクションコメディ!!

 

あらすじ

国家情報院の要員が作戦中に死亡!!

3年前、国家情報院の伝説のエージェントのペク・チャンミは作戦を実行中に部下を失い犯人を逃がしていた。背後には産業スパイのマイケル・リーが関わっていることが判明し関連が疑われるイルグァンハイテックに社長秘書として潜入する、しかし社長ソクホにとってチャンミは初恋相手だった・・・

チャンミは輝きを失ったベテラン要員ミスン、ミス連発のイェウンと共に潜入捜査を試みるもトラブルばかりだった・・・

スポンサーリンク

 

キャスト/チェ・ガンヒ主演

ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)
1977年5月5日誕生、「華麗なる誘惑」「推理の女王」など
トラブルメーカーの国家情報院の要員、3年前部下を失い復讐を誓う
ユン・ソクホ(イ・サンヨプ)
1983年5月8日誕生、「イヴの罠」「平日午後3時の恋人たち」など
イルグァンハイテックの代表取締役社長。潜入捜査のチャンミは初恋相手で気になる
イェウン(ユ・イニョン)
1984年1月5日誕生、「奇皇后」「クレイジーラブ」など
3年前の事件でミンソクを失いシングルマザー。情報分析力に長けるが現場経験なし
ミスン(キム・ジヨン)
1974年9月7日誕生、「偉大なる糟糠の妻」「愛を抱きしめたい」など
表の顔は保険外交員。テロチーム要員だが

 

 

ネタバレ感想

 

8話/尾行

所長(オク・チョル)のスマホをハッキングした国家情報院のチーム長( トン・グァンス)達はマイケルの電話番号を突き止めます。

電話番号の持主・局長(ソ・グクファン)は番号を調べるとチャンミだったので慌てて電源を切り「3年前に殺しておけば奇麗に済んだのに」とつぶやきます。

 

研究所に戻ってきた所長は侵入者に気付き幽霊なんているわけないと笑います。パソコンの防止ツールによって相手のIPを突き止められると知らされのでスマホも頼むと渡して逆ハッキングすると国家情報院の仕業だと分かります。

チャンミは出勤すると社長(ソクホ)の非公式スケジュールに同行するようピョン秘書に命じられます。連絡をして免停を解くよう指示し車を運転すると数台に尾行されている事に気付きしっかり掴まるよう社長に告げスピードをあげます。

パーキングエリアに止めると社長が買い物に行っている間に襲撃をかけてカメラのメモリーを破壊し落ちていたシム・ファランの名刺をポケットにしまいます。

社長の非公式スケジュールとは会長だった父親の墓参りだったのと知るチャンミは3年前に突然亡くなったと知らされます。ミンソクと同じだと思うが「何で突然釜山に行ったのかいまだにわからない」と言われ場所まで同じだったので驚きます。

 

チャンミは自分たちを尾行していた一台が止まっているのに気付き追い詰めます。格闘すると国家情報院の要員だと気付くが・・・

(ファランは二人を尾行させるのはいいにしても何であんなポンコツを雇ったのかなwwおそらくチャンミと格闘した人は要員だったから局長の指示でしょうね。前会長も釜山で亡くなっていたのね、前会長の運転手も亡くなっている様だし仲良かった者も台湾へ逃げているし何か関連がありそうね)

 

9話/裏帳簿

イェウンは車の中から投げ捨てられた携帯を手にすると鳴り出したので応答するが娘ソヒからだったので驚きます。チャンミ達の動向を知らせると約束するなら娘を解放すると要求され、指定された場所に駆け付け娘を抱きしめます。

また、国情院の要員に襲われたチャンミは車の後部座席で意識が戻ると運転した要員を背後から襲います。社長と一緒だったので急用が出来たから先にソウルに戻るとメールし、自分を襲わせたのは局長の指示だと確信します。

スポンサーリンク

マレーシアへの異動を強いられたタク・サンギは従わず、チョルウンが口を開けば困るだろうから殺してこのまま消えてやるから借名口座の半分を寄越せと専務に要求します。

考えておくと言われたので1日しか待たないと念を押し電話を切ります。

チャンミはチョルウンが殺されたとチーム長から連絡を受け急いで戻り局長が自分を尾行していたと告げます。すると局長がチョルウンを警察に捜査させずに送検しようとしていた事を知らされます。

犯人を捕まえる方が先決だと言われ防犯カメラの映像からホワイト洗濯業者が犯人だと分かるが車は盗難届が出されていました。空港に向かっていたので急いで向かおうとすると局長から産業保安チームは解散だと言われます。

 

ソクホは帰国したピョン秘書から報告を受け、父親は亡くなる直前に裏帳簿の存在を知って専務と対立したことを知ります。

チャンミは緊急会議に乗り込み要員に私を尾行させていたなと局長に詰め寄ります。すると昔の知り合いと出会い気が緩んでいたからだと訴えられソクホ社長と知り合いだったことがメンバーに知られてしまいます。

イェウンはチャンミにハンカチを返し忘れていた事に気付くがミンソクの物だと気付きます。

チャンミはタク・サンギから電話を受けるとマイケルがチョルウンを殺した映像を持っているから専務の裏帳簿と交換だと取引を持ち掛けられます。

(チャンミは何でミンソクのハンカチを渡すかね・・・ちょっと国家情報院としてはいろいろと抜けてるのよねwwイェウンが当時の事を知るのも時間の問題ですね、その時は見殺しにしたと思われてしまうのでは?)

 

10話/専務室に侵入

3年前みたいにマイケルを逃したくないチャンミはタク・サンギの取引に応じることにし、専務の裏帳簿を手に入れるためにミスンとイェウンに協力を仰ぎます。

イェウンは娘が監視され脅されている事で裏帳簿を盗みに入るらしいと電話します。チャンミはクビになっても構わないからマイケルを捕まえるためにサンムの部屋に侵入すると告げるとチーム長は仕方ないとサポートを決意します。

また社長に尽くしているピョン秘書も前会長への恩返しのために裏帳簿を手に入れると社長に告げていました。

スポンサーリンク

ウウォンはチョルウンが自殺したと報道を目にし自分が扱き使っていたからだと世間に噂され自己嫌悪に陥ります。イメージダウンとなるから契約解除するよう命じられたイェウンは彼の家に行くと大勢のマスコミがいたのでシャッターの下から潜り込んで侵入します。

彼の憔悴した姿を目にして契約解除の話は伏せチョルウンが死んだのはあなたのせいではないと告げます。

社長室を訪ねるファランは社長にしてあげたんだから金を父親に渡す約束だと訴えます。関係を続けるか迷っていると言われたので心変わりしたのはチャンミのせいだと疑い株を全部売ってやろうかと脅します。

 

専務室には特別なロックシステムがありセンサーが必要だと知ったチャンミ達は専務が常に身に着けているはずなので監視します。タイピンが怪しいと目をつけるとチーム長が模倣品を作ってミスンに渡し彼女がうまくすり替えるが専務が身に着けるタイピンも模倣品でした。

結局、セキュリティーをハッキングしてブレーカーを落とし、チャンミは専務の部屋に侵入すると背後に気配を感じ一本背負いします。

手の甲を刺され逃げられてしまうと保安課が来たとイェウンから連絡を受けるが時すでに遅し戻ってきた専務と鉢合わせてしまいます。

争った痕跡があることで咄嗟に通報しようと思っていたところ、来た時にはドアは開いていたと訴えます。産業スパイだと疑われると駆け付けた社長がNANDフラッシュの研究権限を専務に与えた事で解放されます。

 

ピョン秘書は裏帳簿を確認しようとするとダミーだったので悔しがるがチャンミは格闘している時に金庫が隠されているのを発見しており指紋認証だとメンバーに伝えます。

(おい専務!!社長に向かってお前とは何様だ!!それにしてもいつも計画が失敗して遠回りになりますねww結局専務室に入りたい放題じゃん、だがダミーだらけだし専務はかなり慎重な性格のようだ)

11話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク
鑑賞感想