映画「グリーンブック」ネタバレあらすじと結末/アカデミー賞三部門受賞作品、キャストの紹介

スポンサーリンク

 

作品情報とキャストの紹介

実話を基にピーター・ファレリー監督が映画化し、第91回アカデミー賞で三部門を受賞した作品。

人種差別が問題視される1960年代、

黒人天才ピアニストのドンは敢えてツアーを企画し面接に訪れた喧嘩慣れしたイタリア系白人のトニーをボディーガードと運転手として雇う。

最初は衝突を繰り返すが、人種や階級の壁を越え友情を深めていく。

トニー”リップ”・ヴァレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)ドクター・ドナルド・シャーリー(マハーシャラ・アリ)ドロレス(リンダ・カーデリーニ)オレグ(ディミテル・D・マリノフ)ジョージ(マイク・ハットン)

 

 

ネタバレあらすじ/グリーンブック

1962年、イタリア系白人のトニーはニューヨークのナイトクラブで働き、腕っ節が強いので客同士の喧嘩が勃発するとすぐに呼ばれ外に追い出します。

偉そうな客にはちょいとイタズラする事もあり言葉遣いも悪いが、子供二人にも恵まれ妻・ドロレスだけでなく両親も大事にする根は優しい人です。

仕事も家庭もうまくいき幸せに平凡に暮らしていたが改装のため閉店することになり、またゴミ収集車の運転手に逆戻りかと嘆きます。

翌朝、ドロレスが水道の工事を頼んでいて煩くて目が覚めます。階段を降りていくと作業員が黒人だったので使っていたガラスコップをごみ箱に捨てました。

ドクターが運転手を募集していると知りトニーは向かうが何故かカーネギーホールに到着します。書類を書かされ豪華な部屋に案内されると黒人のドクター・シャーリー”ドン”がやってきて「コンサートツアーで南部を回る予定だ」といきなり言われます。

ドクターとは名前でありドンは天才ジャズピアニストでした。

黒人と一緒に仕事の抵抗はあるかと聞かれたトニーは「全然ない」と答えるが「運転手だけでなくスケジュール管理や身の回りなどの世話も仕事だ」と言われ「週休125ドルでなら引き受けてやる」と言い捨て出て行きます。

 

天才演奏者

ドンから希望通りの額で雇うと電話があり、8週間留守にするので妻は寂しがるがトニーは必要だと説得します。

そしてグリーンブックと車のキー、そして給料の半分を先に受け取るが「どうせ黒人を殴ってすぐにクビになるだろ」と周囲の者に言われます。グリーンブックは黒人専用と書かれており南部で宿泊できる場所などが細かく載っていました。

来るまで待っているとドンが大きな荷物を持って現われ後部座席に乗り込みました。タバコを吸いながらトニーは鞄を積めとホテルの従業員に命じます。

「目的地に着いたらピアノがスタインウェイか確認すること、毎晩ウィスキーを1本部屋に届けること」

トニーはパンを食べながら運転しメモを取るがタバコを吸い始めるとダメだと言われ外に放り投げます。

コンサートの前後に上流階級の人の集まりに招かれるから言葉遣いをどうにかしてほしい、矯正方法を教えると言われるが余計なお節介だとトニーは聞く耳を持たないのでドンは諦めて来なくて言いと伝えました。

ドンの演奏を初めて聴いたトニーは黒人っぽくなくてリベラーチェのようでもっと上手、天才だと思うがなぜドンはいつも気難しい顔して車に乗っているのかと思います。

 

孤独

トニーは食事を買いに行き落ちていた翡翠石をポケットに入れて車に戻ります。ツアーを同行しているジョージにチクられておりドンは「店に戻って金を払ってこい」と言いました。

トニーは落ちていたんだ、何が悪いと反抗するが終わるまで車を出すなと言われ翡翠石を置きに戻ります。買ってやると言われたトニーはもう必要ないと車を走らせます。

目的地に到着するとピアノはスタインウェイでもないしゴミがばらまかれていました。トニーはピアノを取り替えろと要求すると「黒人はなんでも弾くから大丈夫だ、ゴミは拾え」と言われぶん殴ります。

ドンは無事にスタインウェイのピアノで演奏しトニーは楽しみます。

ケンタッキーでフライドチキンの店を見付けたトニーは本場だと喜び、買って食べながら運転します。1本進めると「食べたことないし脂っこいからいらん」とドンは突っぱねるがトニーが投げてきそうな勢いだったので仕方なく二本指で掴みます。

食べてみると内心「うまっ」と思うが骨はどうするのかと聞くとトニーは窓から放り投げました。笑ってしまったドンは窓を開けて骨を捨てもう一本進められて手に取るがトニーが調子に乗って飲んでいた紙コップを外に捨てたのでバッグして拾わせます。

夜、ホテルで寛いでいたトニーはBARでドンが暴行を受けていると知らされ駆け付けます。銃を持っているそぶりを見せて助け出すが毎晩一人で部屋で飲んでいたのはこうなるからなのかと気付きます。

スポンサーリンク

 

人種問題・絆

演奏前のパーティーに参加し楽しむドンだがトイレに行こうとすると林の中にポツンとある小屋に案内されます。「結構です。1度ホテルに戻ります」と伝えるとしばらく考え「待っています」と言われます。

道端でも構わないと思うトニーはわざわざ往復しなければならないので「俺なら廊下でしてやる、なんであんなヤロー達に愛想良くできるんだ」と訴えると「これから同じようなことが南部では起こるがツアーは続くし契約があるから我慢するんだ」とジョージに言われます。

スーツを試着するのがトニーではなくドンだと知った店員は急にスーツを取り上げ買ってくれたら寸法を直しますと言いました。ドンはそうですかと笑顔を作って店を出て行きトニーは文句を言おうとしたが一番辛い思いをするドンが我慢して出て行ったので何も言わず後を追います。

 

NYのダチと偶然会うと「何で黒ナスなんかに雇われているんだ、稼がせてやるから捨てろ」と言われたトニーは今仕事中だからと会おう約束をして別れます。

ドンはこれから責任が今よりもずっと重くなるが正式にマネージャーとして雇いたいと言います。トニーはなんだか照れくさくて辞退すると拒否するが妻への手紙の内容をドンに考えて貰ったり夜は一緒に酒を飲むようになります。

車の中でも会話がするようになり「黒人を乗せてやがる」と見てくる者には運転しながら中指を立てます。

土砂降りとなって視界が悪くなり道に迷うと警察に止められ車から降ろされます。何もしていないのにドンが調べられ「イタリア系だからあんな奴を乗せているのか」と警官に言われたトニーはぶん殴って逮捕されてしまうが何故か同行者のドンも一緒に拘留されてしまいます。

「殴ったら損する、暴力は敗北なんだ」、ドンは自分のために怒ってくれたのだと知りつつもトニーに訴えます。

権利があるためドンは弁護士に電話すると司法長官にまで話が行きすぐに釈放されました。トニーはすごいなと笑うがドンは恥ずかしいと怒ります。

 

結末/グリーンブック

「寂しいときは先に行動を移さないと何も変わらない」

トニーの言葉が心に届いたドンは最後の演奏会場に行くとVIP扱いは受けるものの着替える場所は倉庫でした。ディナーの席には黒人が付けない決まりだと聞かされトニーは外の店で一緒に食べようと説得します。

今までは笑顔で受け入れていたドンだが「ここで食べられないのなら今夜の演奏は降りる」と訴えました。

400人の客を待たしている支配人に呼ばれたトニーは差別ではなく土地の決まりだがら説得してくれと言われます。金を差し出されたトニーは胸倉を掴むがドンに止められ「君が言うなら演奏するよ」と言いました。

トニーは「こんな店出て行こう」と告げると支配人は契約があると慌てるが無視して出て行きます。

お腹がすいたので小さなBARに入りチキンを食べます。トニーが「彼はピアニストだ」と告げると店員に聴かせてと言われたドンはステージに上がりピアノを弾きます。

客は踊り出し熱を入れて演奏したドンは満足して店を出るがトニーがいきなり空に向かって2発砲すると車の裏に隠れていた二人が逃げていきました。

店で現金を見せるなとトニーに忠告されたドンだがそれよりも本当に銃を持っていたのかと驚きます。翡翠石を店に戻していないことを知っていたドンは天気が歩い時に「お守りを出せ」と要求しました。

クリスマスイヴは家族と過ごしたいので頑張って運転していたが吹雪で視界を奪われ目が限界となります。ホテルで一泊しようと告げるがドンは運転を代わりもう少し頑張ってみようと言いました。

その間、眠らせて貰ったトニーだが家に到着したとドンに起こされます。

家族に会っていけと伝えたがドンは気を遣い「メリークリスマス」と言って走り去りました。トニーは家族と楽しく過ごすがドンは秘書を帰らせ帰らせ1人で過ごそうとします。

なんとなくドンの事が頭にあり心の底から楽しめないでいたトニーだがシャンパンを持って訪ねてきてくれたので喜んで迎入れ、そして家族も喜んでくれました。

 

トニーはクラブに戻って支配人となりドン・シャーリーは演奏作曲を続け「神の領域にある」と評価されました。トニーとドンは終生友情で結ばれ2013年に数ヶ月の差でこの世を去りました。

 

感想/グリーンブック

なんとも生き辛い時代で心が苦しくなるがドンとトニーの会話がなんか可愛らしく感じて救われました。

トイレは別だし試着させると売れなくなるから買ってからじゃないと寸法は治せない。歓迎されて会話や握手は普通に出来るのに着替える場所や食事の席は別、特に南部では人種差別が色濃く残されておりだから用心棒が必要だったのでしょう。

ドンは家族や兄弟と疎遠になってアフリカ系アメリカ人のコミュニティからも疎外され独りぼっちだったところトニーと出会って「人と接すること」を学んだようにも見えた。それは今までのその場作りの対応ではなく心を通わせるための接し方、またトニーは喧嘩っ早いが憎めないし心優しい人に見え、親から説教されているみたいでしたね。

 

タイトルとURLをコピーしました